東南アジアで起業しやすい国は?起業のアイデア、ヨーロッパなど海外で起業しやすい国を紹介


 

東南アジアで起業しやすい国と言えば、

オンラインで会社設立ができるシンガポールなど。

 

ただ、日本と同様

起業のしやすさと継続できるかどうかは

全く別の話。

 

 

東南アジア起業家による詳細情報、

リスクを抑えてオンラインで安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

経済成長の部分で縮小傾向の日本は、

それだけ成功が難しい。

 

最近は東南アジアでの起業を目指す人が多いものの、

起業しやすい国とそうでない国の違いは、

わかりにくいのが現状だ。

 

 

日本やアメリカ、一部のヨーロッパの状況は

一般的にも情報が多く、経済状態も把握しやすい。

 

しかし、東南アジアは日本よりも

発展途上であるイメージが先行して、

実情がつかめていない人が多い。

 

 

一口に東南アジアといっても、

経済格差はもちろん、

産業や文化の違いも多種多様。

 

 

ビジネスの成功はその国を

理解することが前提になる。

 

ここでは、東南アジアの中で

起業しやすい国を、

その国の特徴と共にお伝えしていく。

 

 

 

海外(東南アジアやヨーロッパ)で起業しやすい国は?

 

海外で起業というと、とんでもなく

レベルの高いビジネスのようにも感じる。

 

だが、成功の可能性という点では、

日本よりもかなり現実的だ。

 

 

この理由は単純だ。

 

 

日本は人口も減少傾向だし、

経済的にも困窮する人が多くなっている。

 

マーケットとしてはあまり魅力的ではない一方、

東南アジアの多くの国では

経済的な成長が期待できるからだ。

 

 

現代は自分が日本人だという理由だけで、

ビジネスを日本だけで

考えるのは視野が狭いといえる。

 

とはいえ、起業するとなると、

その国に住んでいる人の方が税金や手続きなどの問題で

有利、簡単なのは間違いない。

 

 

ヨーロッパのEUのように、

他国でも優遇される制度があるなら別だが、

日本とその他の国に便利なシステムはない。

 

その国の市場の魅力や外国人起業家の

受け入れについて知っておく必要がある。

 

 

起業しやすいということなら、

シンガポールや香港などは、

ビジネスが盛んで英語が通じる。

 

税制が優遇されているなどの

環境面で高い評価になる。

 

 

だが、すでに参入者が多く、初期投資や

ランニングコストも高額になるので、

資本力が少ない場合は向かないだろう。

 

 

東南アジアのほかの地域では、

人口が大きく増加している

フィリピンやインドネシアはどうだろうか。

 

昔の日本がそうであったように、

高度経済成長は人口の多さによるところが大きい。

 

 

この2カ国は若い人の比率が多く、

いろんな意味でこれからの国だ。

 

 

国民性の違いもあるので、日本のような

成長を見込めるかはわからないが、

勢いのあることは間違いない。

 

 

さらに、マーケットが未開拓で

ライバルの少ないであろう

ミャンマーやベトナムも狙い目。

 

ビジネスは先行した者が勝つ可能性が高く、

ビジネスに関する国の規制なども

整っていない今がチャンスともいえる。

 

 

 

起業のアイデア、海外なら?

 

起業をするといっても、何をするのかは様々だ。

 

 

日本にあって、その国にないサービスは

ヒットしやすいアイデアだ。

 

例として中古の車や家電は人気が高いし、

日本独自の文化であるアニメなどの

サブカルチャーもうけがいい。

 

 

だが、単純に日本のものを

そのまま持っていくだけでは

上手くいかない。

 

 

例えば、日本料理のお店は

今ではたくさんある。

 

だが、競争のなかった時代でも

すべてのお店が繁盛したか

といえばそうではない。

 

 

その国の人の味覚に合わせる、

テーブルマナーを知るなどして、

工夫をしないと成功しない。

 

 

海外で起業する場合は、

その国の人向けのサービスだけでなく、

逆にその国の日本人に向けたビジネスも考えられる。

 

 

先ほどの日本料理のお店は、

外国人をターゲットにするだけでなく、

日本人向けに日本料理を提供するコンセプトもアリ。

 

その場合は日本らしさが

あったほうがいいだろう。

 

 

どんなビジネスでも、アイデアは

単純でも工夫のない場合は成功しない。

 

 

マーケットが魅力的だといって

東南アジアで起業しても、

それだけで上手くいくわけはない。

 

その国を理解することから

はじめることが注意点になる。

 

 

 

まとめ。東南アジアの起業しやすい国について

 

東南アジアでの起業について書いてきた。

 

 

比較的距離の近い東南アジアは、

今の日本よりも経済成長も著しく、

魅力的なマーケットが広がっている。

 

当然アイデアも出やすく、

国によっては少ない投資で

成功できる可能性もある。

 

 

ただ、海外でのビジネスは言葉の壁や、

文化の違いから予期しないトラブルや

失敗につながる可能性もあり、注意が必要だ。

 

 

いずれにしても市場の調査は

十分にしておきたい。

 

 

ジョホールバルでのんびり暮らす茂明。

自分と同じく、下見なしで海外移住した行動派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ