スウェーデンの教育水準とスウェーデン教育の違い!教育制度の特徴(教育費の無料など)…スウェーデンの教育のデメリットは?


 

スウェーデンの教育水準が高いことは

よく知られているが、デメリットの情報が多くはない

 

移住のハードルも高い。お子さんのためにも

しっかり調べてから行動に移そう。

 

 

スウェーデン教育の詳細、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

北欧スウェーデンは、福祉国家として有名だ。

 

実は教育水準の高さにも

注目されているのは知っているだろうか。

 

 

今回は

 

・スウェーデンの教育と日本の教育の違い

 

・教育制度の特徴(教育費など)

 

・スウェーデンの教育のデメリット

 

について紹介する。

 

 

 

スウェーデンの教育水準!英語教育はどう?

 

スウェーデンの教育水準は世界的に見ても高い。

 

スウェーデンは教育国家とも言われている。

 

 

スウェーデンの教育は日本でいう

基礎学校から高校、大学まで

全て無償という。

 

 

休暇も多いのがスウェーデンの特徴。

 

休暇が長いのに、全体の

学力水準が高いと言われている。

 

 

しかも英語力は、世界最大の

英語能力ランキング「EFEPI」では

スウェーデンが第1位となっている。

 

世界的にもスウェーデンの英語力はとても高い。

 

 

その理由は、スウェーデンが

英語教育にとても力を

入れているからである。

 

スウェーデンでは7歳から英語教育が始まり、

母国語であるスウェーデン語、算数と並んで

英語の授業を重視している。

 

 

またスウェーデンは非英語圏なので、

本場の英語に触れるため、

英語圏への留学を推奨している。

 

 

首都ストックホルムでは、ほとんどの人が英語を話せるため、

観光で訪れても英語が出来ればコミュニケーションに問題ない。

 

 

 

スウェーデン教育の違いって?スウェーデンの教育の特徴

 

次にスウェーデンの教育制度の特徴について調べてみた。

 

 

スウェーデンの教育制度は、基礎学校から始まる。

 

これは日本の義務教育と同じで、

その後に高校、大学と進んでいく。

 

 

高校への進学には試験はなく、

基礎学校の成績によって決まる。

 

大学への進学も試験はなく、

高校のカリキュラム終了時の

試験によって合否が決まる。

 

 

高校入試、大学入試といった試験で

合否を判定する日本との

大きな違いの一つといえる。

 

 

日本では試験の前だけ頑張って勉強すれば、

試験に間に合うこともある。

 

 

実際に自分も高校2年生の時は、

希望大学には絶対に

受からないと言われていた。

 

一念発起して1年間頑張ったおかげで、

希望大学に合格することができた。

 

 

しかしスウェーデンでは、この方法が通じない。

 

ある意味メリットでありデメリットでもある。

 

 

コツコツ頑張り続けた人の努力が身を結ぶが、

後からスパート掛けた人は間に合わない。

 

まさにウサギとカメの話に似ている。

 

 

先述したが、スウェーデンは休暇が多いのが特徴だ。

 

日本と同じで夏休み、冬休みはもちろん、

秋休み、イースター休暇、スポーツ休暇があり、

日本よりも1ヶ月近く休みが多い。

 

 

休暇が多いのに、スウェーデンは

学力が高いのはなぜだろう。

 

 

スウェーデンでも以前は詰め込み教育がされていたが、

今はこども一人一人違う個性があるので、それに合わせた

学習プロセスと自主性を重視するようになった。

 

計算の練習や国語の読解などは自分のペースで学習し、

テーマを決めてグループで取り組むような

授業が中心となっている。

 

 

この方法だと、教師が

生徒一人一人に時間をかけないと難しい。

 

そのため教師1人に対して生徒12人程度、

クラスも24人以下と少人数制となっている。

 

 

 

スウェーデンの教育制度!スウェーデン教育の教育費は無料?

 

スウェーデンで基礎学校、高校、大学は

全て教育費が無償化されているところも

日本との違いだ。

 

 

スウェーデンでは、高校卒業後に、

就職してから大学で学び直す人も多い。

 

教育費が無料だからこそ、

学び直しがしやすい。

 

 

この環境のよさが、教育水準の高さの

一因となっていると推測される。

 

 

スウェーデンは国連が調査している

世界幸福度調査で、3年連続

トップ10にランクインしている。

 

 

スウェーデンは税金が高いのだが、

質の高い福祉と教育制度を提供しているからこそ、

世界幸福度ランキングにランクインし続けているのだろう。

 

 

スウェーデンの教育の目標は、

こどもが心身のバランスよく成長し、社会で

自分の発言に責任を持つ市民になることとしている。

 

その結果、スウェーデンの投票率は

平均85%と高く、若者の

政治意識の高さが特徴といえる。

 

 

日本でも自分の発言に責任を持つという意識を、

もっと教育の場で指導していってほしいものだ。

 

 

 

まとめ。スウェーデンの教育水準について

 

・スウェーデンの教育と日本の教育の違いは、

教育費の無償化や休暇の長さなど

 

 

・教育制度の特徴は教育費の無償化、

休暇の長さ、少人数クラス、英語教育の推奨など

 

 

・スウェーデンの教育のデメリットは、

入試がなく基礎学校の成績によって決まるところ。

 

 

スウェーデンの教育制度を知ると、

日本の教育にも取り入れて欲しいことが多い。

 

教育水準の高さが、結果として

世界幸福度調査や、若者の

政治意識の高さにも繋がると推測される。

 

 

日本の教育水準があがれば、

こういった結果も

期待できるのではないだろうか。

 

 

スウェーデンに住みたいと話すカール。

自分同様、戦争映画とホラーが苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ