ポルポトの死因と最期!娘や子供医者、収容所、ポルポト政権とは?なぜ…ポルポト派の狂気と大虐殺のまとめ(なんj)


 

ポルポトの死因は判明しておらず

病死したとか、毒を盛られて死んだなど

様々な説が。

 

 

長期滞在者によるカンボジアの歴史の詳細、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ポルポトの死因は一体なんだったのだろう。

 

内戦で命を落としたという

わけではない彼は、

どんな最後を迎えたのか。

 

 

また、それを語る上で欠かせないのが

ポルポト政権についてだ。

 

残忍きわまりない大量虐殺は、

歴史上の大きな出来事である。

 

 

 

ポルポトとは?ポルポト派、ポルポト政権とは

 

まずポルポトとは何者なのか。

 

ポルポト政権と今について少し触れていきたい。

 

 

ポルポト政権とはいつのことなのだろうか。

 

 

カンボジアでは1月7日の祝日が

特に重要な日となっている。

 

この日は、ポルポト政権からの解放の日なのだ。

 

 

1975〜1979年の間、

ポルポトによる独裁政権が行われていた。

 

 

ポルポト政権について簡単に言うと、

原始社会を理想としていた。

 

全国民を、農業に従事させる

極端な政策を行なっていたのだ。

 

 

ポルポト政権をわかりやすく伝える、

ポルポト政権の映画もある。

 

ポルポト政権時代は教育が廃止され、

教師などの知識人も殺されてきた。

 

 

そんなポルポトの政権下で、

国民は怯えた生活を送っていたのだ。

 

 

ポルポト政権については、

アニヲタwikiでも詳しく

取り上げられている。

 

 

ポルポト政権は歴史上最悪の

政権と言われ、人々に恐れられてきた。

 

 

1977年末期には、ポルポト政権を

引き金に内戦が活発になる。

 

その後も分かれた派閥は

足並みが揃わず、内線が続いていく。

 

 

ポルポト政権についての、

英語への翻訳も数多く存在する。

 

 

 

ポルポト政権、ポルポト派の狂気…なぜ?大虐殺と終わり、崩壊と現在

 

ポルポトの虐殺の画像は資料にも多く残っている。

 

ポルポト大虐殺の内容は、

主に都会の知識人や反逆者を

殺害すると言うものだ。

 

 

しかし、ポルポトの大虐殺と

言われるほどの人数なのである。

 

だが実際、ポルポトの大虐殺で

失くなった知識人の数はわからない。

 

 

知識人をイコールで結びつけられる

理由がないからである。

 

 

本を読もうとしただけで

処刑されていったといっても

過言ではない。

 

 

ポルポト大虐殺について、

2chでも意見が交換されることがあった。

 

 

ポルポト大虐殺の理由は

ポルポトの疑心暗鬼に由来する。

 

ポルポト派の虐殺は、

狂気を思わせるものである。

 

 

ポルポトはなぜ政権を手に入れたのだろうか。

 

ポルポト政権はなぜこんなにも

多くの虐殺を行ったのだろうか。

 

 

彼は、自分のシンパである

農村部の人間以外を除外しようとしていた。

 

とりわけ、知識人には徹底的で、

眼鏡をかけているだけで殺したのだ。

 

 

ポルポトによる大虐殺は非常に恐ろしいものである。

 

 

それなのに彼は、ポルポト派の大虐殺まで行ったのだ。

 

ポルポトの大虐殺について研究している人もいるほどの話だ。

 

 

「なぜ同胞を殺したのか ポルポトの堕ちたユートピアの夢」

という本を紹介しておく。

 

 

ポルポトの現在はすでに亡くなっており、

真意は誰にもわからない。

 

政権が崩壊したことで、

ポルポト政権の終わりはやってきた。

 

 

だが、カンボジアの人々の中では、

終わることのない苦しみや葛藤が残っている。

 

 

 

ポルポトの最期…死因は?墓の場所

 

ポルポト派の2人の元幹部は、

終身刑の判決が下っている。

 

とはいえ、ほとんどの幹部は

亡くなっているのが現象だ。

 

 

彼らの判決は、カンボジアで

大量虐殺の罪で初となる。

 

 

1975~1979年と短命だったが

残忍だったクメール・ルージュ政権。

 

その中で、最大で200万人の

死者が出たと考えられている。

 

 

すべてが処刑ではない。

 

飢餓や労働で倒れた人間も多くいるのだ。

 

 

「人道に対する罪」として、

2被告はすでに終身刑を言い渡されていた。

 

しかし、「大量虐殺の罪」としては

今回が初めてなのである。

 

 

ポルポトの墓は随分と簡易なトタン屋根の下、

骨が土の上に置かれているだけである。

 

カンボジアのポルポトの墓は、

観光で巡ることが可能なため、

旅行の際はぜひ立ち寄ってほしい。

 

 

彼の最期は、毒殺とも病気とも言われ、

死因ははっきりとしていない。

 

 

ただ言えるのは、カンボジアで

ポルポトの墓に手を合わせるような人は

いないということだ。

 

 

 

ポルポトの娘や子供医者、収容所について

 

ポルポトとベトナムは深い繋がりがある。

 

ポルポト派の残党は未だにその思想を指示している。

 

 

ポルポトの言葉に

「腐った林檎は、箱ごと捨てなければならない」

とある。

 

 

知識人を嫌い、大人への疑心暗鬼から

子供医師を採用している。

 

文字も読めない、

医療を習って数ヵ月の子供に、

医師の真似事をさせたのだ。

 

 

そのため、治療を必要としている人々が

次々に亡くなっていった。

 

「大人は信用できない」と

徹底的に子供たちを利用していたのだ。

 

 

また、収容所として有名なのが「S21」である。

 

ここでは、嘘の罪をでっちあげて

罪が決まった途端に処刑された。

 

 

そんなポルポトにも、

一人娘がいたということが驚きである。

 

しかし、彼女に非があるわけではないため、

差別的な目で見ることは感心しない。

 

一人娘の彼女は、結婚し、

農家として暮らしている。

 

 

 

ポルポト、なんjのまとめ…メガネなど

 

ポルポト政権下では、

眼鏡をかけただけで殺されてきた。

 

 

なんjのまとめにも様々な意見が載っている。

 

なかには同調できる内容も多いため、

気になる人は検索してほしい。

 

 

やっていることは非常に残虐だが、

ポルポトは恐らく純粋な人だと言われている。

 

信念が強く、信じるもののために

突き進みすぎた部分があるのだ。

 

 

これだけの大量虐殺をやってのけたポルポト政権を

擁護するつもりはないが、真面目すぎるが故に

周りが見えていなかったのかもしれない。

 

 

なんjでは比較的わかりやすく、

そしてポップに語られている。

 

ポルポトについて、ざっくりと

内容を把握したい人にはおすすめだ。

 

 

本格的な資料を見ながらだと、

実にショッキングな出来事でもあるからだ。

 

 

 

まとめ。ポルポトの死因について

 

ポルポトについて少しは

わかってもらえただろうか。

 

 

ポルポト政権は、語りきれないほど

大きな問題なのである。

 

今でも恨んでいる人は非常に多い。

 

 

その証拠に、ポルポトの墓が

みすぼらしいことも頷ける。

 

死んでしまった後も、

こうして恨まれていくポルポト。

 

 

彼もまた、不幸な人物なのかもしれない。

 

 

カンボジア史に詳しい松下。

自分と同じくロボコン好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ