フィリピン人の仕事ぶりは?仕事できないの?現地在住者が紹介


 

フィリピン人の仕事ぶりと言うと、

「南国の人は働かないでしょ~」

なんてイメージが主流。

 

 

しかし、現地在住者からすると

むしろしっかり働く人が多い印象。

 

インドネシアなど他の東南アジアと比較すると

これはよく分かる。

 

 

フィリピン移住者によるフィリピン人の詳細情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご質問もいつでもお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

日本人は海外の人に、

「勤勉」だとか「真面目」というような

国民性を持っていると思われている。

 

 

たしかに自分よりも

仕事を大事にしている人も

たくさんいるだろう。

 

そのため仕事に縛られて心が病んでしまったり、

仕事があるからと家族関係、人間関係を

悪くさせたりする人もいる。

 

 

フィリピン人は仕事より人を、

自分を大切にする文化である。

 

いや、世界的に見ても

こういった考え方が主流である。

 

 

日本人の勤勉ぶりは世界的に見ても

「ちょっと変わっている」のである。

 

 

今回は、フィリピン人の

仕事ぶりについて紹介する。

 

フィリピンで会社を持ち、

現地人を雇うことになった時、

日本と同じように考えていたら痛い目にあうだろう。

 

 

フィリピン人労働者の

良い面と悪い面を知り、

受け入れることが必要である。

 

その労働力をうまく活用することが

フィリピンで会社を持つ者にとって、

成功のカギとなる。

 

 

 

フィリピン人の仕事ぶりって?

 

先にも紹介した通り、フィリピン人は

仕事より自分や人を大切にする。

 

このことをまず

頭に置いておいて欲しい。

 

 

そのうえで、日本人との

仕事への意識の違いを

知って欲しいと思う。

 

 

フィリピン人にとって、

遅刻はそれほど

悪ではない意識がある。

 

通称「フィリピン・タイム」と呼ばれるほど

時間に対して大雑把である。

 

 

大切な友人と話をしていたからとか、

彼女の父が風邪をひいたからお見舞いに行っていた

などの理由で遅刻をして来る者もいる。

 

そしてそんな理由で遅刻をすることに対し、

悪びれる様子もないのだそうだ。

 

 

「これ、明日までに仕上げておいて」

というお願いも、きっちりやってくる人は

ほぼいないだろう。

 

「明日」という約束は

「今日じゃないいつか」

という意味に受け取られる。

 

 

会社に先輩が残って

仕事をしているからと言って

自分も残業する者はいない。

 

時間が来れば

驚くほどさっぱりと

定時で帰宅をする。

 

 

仕事中も、仲間との私語は平気であり、

客が来ても適当にあしらうこともある。

 

 

家族や友人に何かあった時は

勝手に帰宅することもある。

 

職場に連絡なしで

休む事も良くある話である。

 

 

このような仕事ぶりを見ていると、

日本人はフィリピン人労働者に対し、

やる気がない、さぼり癖のあるやつらばかりだと感じる。

 

これは自分や、自分の大事な人を

第一に大切にしようとする国民性が

根付いているからである。

 

 

しかし、フィリピン人の

仕事に対する意識の本質は、

責任感が強いこと。

 

得意な事や任されることに対して、

持っているスキルを

遺憾なく発揮する面がある。

 

 

 

フィリピン人は仕事できない?

 

仕事をする上で、日本人には仕事へのスキルの他、

礼儀や規則を守る、人間関係を大切にするなど

オールマイティーな人間性が求められる。

 

仕事スキルよりも、その他の部分の方を重んじる

会社の方が多いと言っても大げさではないだろう。

 

 

フィリピン人は逆である。

 

 

仕事をするには、

仕事をするためのスキルだけを

持っていれば良い。

 

その他の部分は仕事とは

関係ないからどうでもよい、

という意識がある。

 

 

そのため、自分のできる仕事には、

自分のスキルをフルに使い、

日本人以上に働く。

 

自分のできない仕事を与えられた場合、

面白くないのでさぼったり、

急に会社に来なくなったりする。

 

 

フィリピン人労働者の力を十分に引き出すのか、

適当に仕事をさせてしまうのかは、

その労働力を使う人による。

 

 

フィリピン人を理解し、個人を理解し、

適材適所個々のスキルを活かせる

仕事を与える事が大切。

 

ルーズな部分は、

ある程度は目をつぶる

おおらかさが必要であろう。

 

 

 

まとめ。フィリピン人の仕事ぶりについて

 

遅刻する奴は、仕事をする資格すら

与えられないほどの勤勉な日本人。

 

仕事は仕事、ちょっとくらいの遅刻で

注意されるくらいなら別のところで働こう、

というようにさっぱりとしたフィリピン人。

 

 

日本とフィリピンは

仕事に対して両極端な国である。

 

 

この二つの国の人間同士が一緒に仕事をすることで、

お互いイライラ、ストレスを感じることも多いだろう。

 

しかし、お互いがその文化を認め合い、

良いところを吸収しあうことで、

また新たな働き方が生まれるのだと感じる。

 

 

日本人もその人の態度ではなく、

技術で人を見る目を持っても良いと

自分では思う。

 

 

セブでのんびり暮らす鹿沢。

自分と同じく、満員電車がとにかく嫌いな人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ