フィリピンの花を贈る文化!サンパギータの花言葉とフィリピン花の意味…サンパギータ花(マツリカ)の花言葉が怖い?


 

フィリピンの花、サンパギータ。

国を代表する由緒正しい花だ。

 

それにまつわる興味深い話も多数存在するが、

日本人には意外と知られていない。

 

 

そこで今回は、フィリピンの花に対する習慣、

サンパギータという名前の由来について紹介。

 

なにやら

サンパギータという花には、

興味深い話が存在するようだ。

 

 

 

フィリピンの花を贈る習慣!どんな時?

 

日本で花を贈る習慣といえば、

お祝いやお葬式の冠婚葬祭の時。

 

その他、誕生日に贈ったり

ビジネスフラワーなんてものもある。

 

 

また、

男性から女性に告白するときや

誕生日に花を贈る人もいる。

 

 

自分は女性に花を贈るなんてキザなこと、

ちょっと敷居が高く、

恥ずかしいので未経験であるが。

 

 

最もポピュラーなのが

バレンタインデーである。

 

フィリピンではチョコレートではなく、

花を贈ることが習慣になっていることが

日本との大きな違いだ。

 

 

フィリピンでは、

花を贈ることは日本よりも

自然にやり取りされる。

 

 

フィリピンの女性は

花をプレゼントされるのが

大好きだという話もよく聞く。

 

ただ単にプレゼントされるよりも

サプライズ演出を交えると、

なお喜びは大きくなる。

 

 

自分が20代の頃、

フィリピンパブが大好きな友人に

興味本位で連れて行ってもらったときの事だ。

 

 

友人はパブのフィリピーナが誕生日であることを知っており、

パブに行く前に近くの花屋で

真っ赤なバラの花束を購入して店へ向かった。

 

店に入るや否やその子を呼んで、

後ろ手に隠していた花束を

勢いよく見せた。

 

 

すると、その子は溢れんばかりの笑顔を見せ

友人に抱きつき、

頬に何度もキスをしてもらっていた。

 

日本の女性では

考えられないリアクションに驚いた。

 

 

自分も恥ずかしいなんて言わず、

思い切って花束をプレゼントでも

してみようかと思った出来事だった。

 

 

 

サンパギータ(マツリカ)の花言葉が怖い?

 

サンパギータは別名、

アラビアンジャスミンやマツリカと呼ばれる、

ジャスミンの仲間の花である。

 

オリーブ科に属する

つる性の灌木で、

一年中綺麗で小さな花を咲かせる。

 

 

フローラル系の香りで、

精油を抽出し、様々な化粧品の

香料に使用されたりするほどである。

 

 

その花言葉は、

「永遠の愛」「清浄無垢」など。

 

 

白くて清潔で可憐なイメージの花だが、

裏花言葉は花言葉と

真逆であるから驚きである。

 

裏花言葉は「官能的」。

 

清純無垢な裏側には、

官能的な裏の顔を

持っているのである。

 

 

ジャスミンの花は

クレオパトラが

愛したことで知られる。

 

古代エジプトの

勇猛な男達を虜にしてきた彼女。

 

 

この花に「官能的」という

裏花言葉が付いたのに理由はいらない。

 

そのまま彼女の魂が

愛した花に乗り移ったのだと感じる。

 

 

しかし、世の中の女性は、

ジャスミンにこんな裏花言葉がある事は

知っているのだろうか。

 

ジャスミン系の化粧品多数愛用したり、

ジャスミンティーしか飲まないという、

ジャスミンに固執している女性は注意が必要である。

 

 

花言葉に詳しい男性から

変な誤解をされてしまうと怖い。

 

 

 

 

 

 

フィリピン花、サンパギータの花の意味!フィリピンのサンパギータ花

 

フィリピンの花、サンパギータ。

 

タガログ語の「Sumpa-kita」には

「永遠の愛」という意味があり、

花言葉はここから由来している。

 

 

ではなぜ、このような

花言葉が付けられたのだろうか。

 

 

それには時代に翻弄された

男女二人の

愛と悲劇の物語が関係していた。

 

 

まだフィリピンが

スペイン統治前まで時代は遡る。

 

 

今のマニラ近郊には

二つの対立する集落があった。

 

そこに暮らしていた領主の娘ロジータと、

対立する領主の息子デルフィンは恋に落ちた。

 

 

対立する集落の者同士、

簡単には会えないが、二人は

満月の夜密かに会い、愛を育んだ。

 

 

ある日、些細な事で

対立する集落同士で争いが起こり、

デルフィンは命を落とした。

 

遺言に

「ロジータといつも会っていた場所に埋葬して欲しい」

と遺言を残した。

 

 

その後、デルフィンの訃報を聞いたロジータも

悲しみのあまり病に倒れ、後を追うように亡くなった。

 

そしてロジータの亡骸は、

デルフィンの横に埋葬された。

 

 

長い年月が経ち、集落もいつのまにか無くなった頃、

二人が埋葬された場所に

白く小さな花が咲いていた。

 

毎年5月の満月の夜、その花の近くから若い女性の声で

「Sumpa Kita! Sumpa Kita(私は愛を誓います)」

と聞こえてくるようになった。

 

 

この話はすぐに

フィリピン中に広がり、

その花の名前になった。

 

死してもなお愛し合う、

二人の絆の強さを表す花が

国花に選ばれている。

 

 

なかなか素敵な事と感じる。

 

 

 

まとめ。フィリピンの花について

 

花はいつか枯れてしまう。

 

しかし、形は残らなくとも、

そこに宿った気持ちは

相手に大きなインパクトを残すのだと感じる。

 

 

花は様々な種類があるが、

一つ一つにきちんと花言葉がある。

 

 

花には人それぞれの思いが宿る。

 

今回紹介したフィリピンの花のように、

いろいろと調べてみると

面白い発見ができるのではないだろうか。

 

 

フィリピンの花事情に詳しい義久。

自分と同じく、とにかく満員電車が嫌いで仕方ない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ