小豆島に移住して失敗?香川県に移住(四国移住)し失敗…移住支援金や仕事のおすすめ、香川移住の2ch移住体験談(差別や後悔など)


 

香川は山と海に恵まれているが、

さらに自然を満喫出来るスポットが

小豆島。

 

 

フェリーで1時間ほどかかる不便な場所にあるが、

それが逆に、忙しく過ごす人にとって

魅力的な部分に見えるらしい。

 

現に多くの人が

UターンやIターンで

移住してきている。

 

 

しかし実際に移住し、

本当に自分の理想としていた生活が

できているかは不明。

 

この記事で分析しよう。

 

 

 

小豆島(香川県)移住で失敗?四国移住、香川移住失敗の移住体験談

 

うどんの聖地とも呼ばれ、

全国から人が訪れる、

うどん県こと香川県。

 

美味しいうどんを支える香川県の自然は、

瀬戸内海の塩に、きれいな井戸水だ。

 

 

移住案内で

良い面を掲げているものが多いが、

良い面があれば悪い面だってあるはず。

 

ここで小豆島に移住し、

失敗したと考える人達の様子を

チェックしてみよう。

 

 

昔は身分や貧富で比べられ、

不当な境遇に立たされる人達がいた。

 

この名残は田舎になるほど

根強く残っているようで、

小豆島にもそんな差別が存在している。

 

 

それが部落差別である。

 

 

言葉だけ聞くと

理解しがたいものがある。

 

 

だが、ネットの普及により

SNSなどで誹謗中傷を

投稿するのも差別にあたる。

 

不当な差別的や、

人格・尊厳を噂や風評で

傷つける行為も同様。

 

 

特に外からの移住者が差別を感じとり、

後悔している人もいるようである。

 

他にも香川県に移住し、

失敗したと思った人が感じた体験談を

いくつか紹介したい。

 

 

・部分的に過疎化傾向にある

 

・ごみの分別が大変

 

・交通の便が悪い

 

・給与が低い

 

・方言が難しい

 

・人付き合いが陰湿な面がある

 

 

などがあげられている。

 

田舎ならではのものから、

地域、生活、対人のものまで広くにわたって

移住して失敗したと感じた部分があるようだ。

 

 

 

 

 

 

香川県に移住して仕事は…移住支援金も紹介。香川移住の50代と2ch、有名人など

 

生活の要にもなる仕事も、

失敗したと後悔した

原因の1つに挙げられる。

 

では香川には

どのような仕事があるのだろうか。

 

 

香川は化学メーカーを始め、

いくつかの上場企業の本社がある。

 

 

雇求人雇用率も全国と

大差ないのにも関わらず、思うように

仕事が決まらない人が少なくない。

 

就職しても、風習や待遇でうまく合わず、

1年~2年程度で転職を考える人も多いらしい。

 

 

都会に比べ異業種が多く、

また化学メーカーの

下請け会社ではシフト制。

 

重労働に加え、

仕事もハードで残業も多い。

 

 

また、香川ならではの人付き合いで、

体調を崩したり

しんどいと感じる人もいる。

 

 

香川に移住し奮闘する

50代の体験談に

四国版の2chについて見ていこう。

 

 

香川県では人口の過疎化の急速に伴い、

県外からの移住や定住を考えている人を

後押しする支援金制度がある。

 

支援金の補助の内容は

市町村によってバラバラのため、

住みたい街の支援金をチェックする必要がある。

 

 

だが、基本的にどの市町村も

住まいに関しての補助が

多く見受けられる。

 

 

他にも移住でなく、香川県で

事業を始めようとする人に対して

援助もあるのだ。

 

 

その結果が身を結んだのか、

20代から50代の幅広い年齢層の

移住者が増加してきた。

 

移住隊員として

日々の生活をweb公開している人もいるので、

ぜひチェックしてもらいたい。

 

 

またネットと言えば

多くの人が様々なキーワードにて

口コミを書き込む2chが有名だ。

 

 

実は四国版の

5chというサイトも存在している。

 

総合的なスレからマニアックなものまで

アップされているため、香川県民の

リアルな発言がチェックできるのでおすすめだ。

 

 

例えば、

東京圏より起業や就業をした人に対して

「移住支援金事業」を展開。

 

支援金の補助額は最大、

単身で60万、

夫婦2人以上で100万円にもなる。

 

 

余談だが、香川県出身で

都会に出て活躍している

50代の有名人は、南原清隆。

 

一昔前に一世を風靡した番組、

電波少年に出演していた

タレントの松本明子。

 

 

 

四国に移住!おすすめの場所は?

 

今回は

香川県の小豆島にスポットをあてて

移住の話を進めていきたい。

 

 

実は2019年度の

「住みたい田舎ランキング」にて

四国の市が1位を取得しているのだ。

 

 

その場所は愛媛県にある

西条市である。

 

移住するにあたり、

かなり手厚いサポートが

準備されているのだ。

 

 

住まいに限らず、

仕事や子育てとバラエティーに富んだ

ジャンルのサポートがある。

 

子育て世代の若い人達が

移住しに来ているらしいのだ。

 

 

もし、四国の移住を

考えているのであれば、

候補にいれるのも良いかもしれない。

 

 

だが、メリットばかりではなく

デメリットも把握しておく必要がある。

 

 

・交通事故が多い

・せっかちな人が多い

 

 

共にワンセットになっている気がするが、

四国での運転は重々注意が必要である。

 

 

せっかちな性格の人が

多いようで運転が荒い。

 

結果、交通事故が多いのである。

 

 

巻き込まれないよう

気を付けなければならない。

 

 

 

まとめ。小豆島の移住に失敗する理由

 

目まぐるしく過ぎる時間に追われ、

都会暮らしに嫌気がさす人も

増加傾向にあるように思われる。

 

そしてそんな生活を続けていれば、

のんびりとした田舎に

憧れるのも無理はない。

 

 

しかし、田舎には

田舎ならではの

デメリットがある。

 

 

どこまでが許容範囲なのか。

 

今一度しっかりと見つめ直し、

これからの移住計画に

役立ててもらいたい。

 

 

小豆島に移住したいと話していた昌司。

 

結局、自分と同じように

下見なしで東南アジアに移住した(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ