投資のやり方はスマホなら?本で分からない、NISAがわからない場合…海外投資家が紹介


 

投資のやり方(スマホ)について情報があふれているが、

勉強なしに投資で稼げると思うのは情報弱者の発想

 

大事なお金を溶かさないように注意したい。

 

 

一人起業家・投資家による本物のノウハウ、

どこに住んでもオンラインで安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

昔は投資と言えば、

やり方がややこしいイメージだった。

 

だが、今ではスマホ一つで

簡単にできてしまう。

 

 

そのやり方を紹介する。

 

 

 

投資のやり方、スマホの場合は?

 

今や投資は少額からでき、

主婦も気軽に投資する時代だ。

 

PCではなく、スマホは

片手間にできるので便利だ。

 

 

投資といってもいろいろな商品がある。

 

ここでは中でもスマホを使ってすぐに始められる

「株式投資」と「投資信託」について説明する。

 

 

まず、証券会社でそれぞれの専用口座を開設する。

 

スマホで検索すればたくさんの

証券会社のサイトが出てくる。

 

 

おすすめはネット証券の大手企業だ。

 

SBI証券や楽天証券、LINE証券などがある。

 

 

ネット証券のメリットは、

手数料が安く設定されていることだ。

 

 

「株式投資」では、

取引する際に売買手数料が、

「投資信託」では買付手数料が発生する。

 

証券会社によっては、これらの手数料が無料、

または0円キャンペーンをやっているので

それぞれ比べてみよう。

 

 

もう一つのメリットは、PCやスマホで

24時間いつでも口座開設の手続きができることだ。

 

スマホで一つで口座開設ができ、

本人確認書類もスマホで写真を撮るだけで済む。

 

 

ここで「投資信託」について説明する。

 

 

投資信託(ファンド、投信)は簡単に言うと、

投資家から集めたお金を一つの資金にまとめ、

運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品だ。

 

投資家たちはそれぞれの投資額に応じて、

投資成果を受け取る仕組みになっている。

 

 

集めた資金が何に投資されるかは、

投資信託ごとの運用方針に基づき

専門家が決める。

 

 

自分で判断する株式とは違い、

その道のプロに任せられるという

安心感がある。

 

 

株や投資信託にも「税金」がかかる。

 

利益が出た場合や、

配当金をもらった場合だ。

 

 

原則的には「確定申告」をして、

投資にかかる税金を

支払わなければならない。

 

この投資で得た利益に、

税金がかからなくするやり方が、

よくテレビCMでも流れていた「NISA」だ。

 

 

「NISA(ニーサ)」とは、2014年から始まった、

株や投資信託などの利益や配当金に、

毎年120万円まで税金がかからないよう(非課税)にする制度だ。

 

 

通常は利益に対して

20.315%の税金がかかる。

 

しかし、NISA口座を通して

利益が出た場合は税金がかからない。

 

 

節税で大きなメリットを

受けられる有難いシステムだ。

 

 

ただし、NISA口座でもいつくか注意点がある。

 

 

・全ての金融機関で1人1口座しか開設できない

(条件により1年経てば金融機関の変更は可能)

 

・非課税の期間は最大5年

 

・対象は新しく購入した商品のみ

 

・すでに保有している一般口座や

特定口座の投資信託を移管することはできない

 

・非課税の枠の再利用や繰り越しはできない

 

・損失が出た場合、特定口座や

一般口座の利益と合わせて

税金額を減らせる「損益通算」ができない

 

 

投資をする際の注意点として、

銀行の預金などとは違い、

元本が保証されている金融商品ではない。

 

元本割れのリスクがあることを

十分に理解し、散財しないよう注意が必要だ。

 

 

 

投資のやり方を本で!おすすめは?

 

投資に詳しくない人にとっては、難しくてやり方がわからない、

ギャンブルと同じ、まとまった資金が必要、など

ネガティブなイメージがある投資。

 

だが、様々なサイトや

ファイナンシャルプランナーの話を読み進めると、

案外ハードルは低く少額なら勉強がてら始められる。

 

 

各証券会社のサイトでも、

投資するのが初めてでやり方が分からない人にも

丁寧に分かりやすく説明している。

 

 

また、たくさんの本も出ており、

初心者でも安心して始められるよう解説している。

 

 

初心者の人におすすめの本を紹介する。

 

 

・池上彰のお金の学校

 

資産運用だけでなく、お金に関する

すべての基礎知識を学ぶことができる。

 

わかりやすい説明で安心して読むことができる。

 

 

何冊も読む時間のない人は、

とりあえずこの一冊だけでも読んでみよう。

 

 

・難しいことはわかりませんが、

お金の増やし方を教えてください!

 

10万部以上突破の話題の本だ。

 

手持ちの資産500万円を

楽に増やしたいという

青年の欲望に筆者が答えていく。

 

対話形式になっており、

とても読みやすい。

 

 

マンガ・電子書籍サイトの

コミックシーモアでも

投資に関する本が読むことができる。

 

 

・超初心者からの「100円投資」入門

お金の学校直伝!マンガと図解でサクサク学べる!

 

投資の仕組み、口座開設から

運用をマンガで解説。

 

興味はあるが、

踏み出せない人にぜひ読んでほしい。

 

 

・超・初心者のための投資のキホン

1000円からできるお金のふやし方

 

この本は、投資を「お金に働いてもらう」と考え、

無理のないよう、月1,000円から

はじめられる投資の基本を解説。

 

投資のやり方が分からない人には有難い一冊。

 

 

インターネットではこれら

投資に関するオンライン講座も

開設されている。

 

 

ただ、ネットのみの情報だけでは信頼性が低い。

 

できれば本も一緒に読み合わせて

勉強することをおすすめする。

 

 

 

まとめ。投資のやり方について

 

投資のイメージも、

スマホのおかげでかなり

変わってきている。

 

 

資産運用というと堅苦しいが、

労働以外のお金を作る方法として、

今や小学生や中学生もが授業で学ぶんでいる。

 

 

この機会にぜひチャレンジしてほしい。

 

くれぐれも無理のない範囲で。

 

 

スマホでの投資で225万円を溶かした森下。

自分と同じくシイタケ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ