転売のbotとは?おすすめは?作り方と使い方(パソコン)、ボットと対策について紹介!


 

転売をするに当たり、

初期投資は必要だと

思っておいた方がいい。

 

買える(性能的な意味合い)botを

使わなければ意味がないからだ。

 

 

一人起業家による、転売など副業で独立する方法、

転売の情報発信で時間とお金の自由を得る具体的な手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

この記事では、

転売botのおすすめについて見ていきたい。

 

 

 

転売のbotとは…おすすめは?パソコンなら

 

世の中はもはやbot同士の対決である。

 

商品を勝ち取るためには、

より性能のいいbotを

利用した者の勝ちなのだ。

 

 

botを使用するにあたり、

WindowsかMacかという

疑問が出てくるレベルである。

 

 

これは単純にWindowsをおすすめしたい。

 

Windowsの方が、

様々なツールのサポートが

充実しているからだ。

 

Windowsをメインにサポート

されていると言えるほどである。

 

 

また、Windowsは自分で

スペックをカスタムすることもできる。

 

 

Bot同士の奪い合いで勝敗が決まる。

 

人気商品を転売していくためには、

やはり初期投資を忘れてはいけない。

 

 

まず転売BOTとは、

いわゆる自動購入転売ツールである。

 

 

メリットは、まず売れ筋商品を

買い逃すことを避けられる。

 

目玉商品購入のため、画面に

張り付いたという人は少なくない。

 

 

その中で、時間同時に

購入したはずがすでに売り切れ。

 

そんな経験をしたことはないだろうか。

 

 

転売Botを使用すれば、

ハイスピードな処理ができる。

 

手動で2秒かかる購入が、

1秒もかからず処理できるのだ。

 

 

おすすめは

「SHOP DING DONG」

というツールである。

 

 

無料で使えるため、まず転売に

慣れるためにおすすめしたい。

 

本格的に利用するのであれば、

有料ツールに切り替えればよい。

 

 

パソコンから使用するためには、

常にパソコンを起動しておこう。

 

 

冒頭でも触れた通り、パソコンなら

断然MacよりWindowsをすすめたい。

 

Macユーザーを否定するわけではないが、

コストパフォーマンスがいいとは言えない。

 

 

Windowsの方が、自分で好きに

カスタマイズしていけるのだ。

 

これにより、更に性能のいいパソコンへ

パワーアップすることができる。

 

 

同じツールをしようしていても、

よりスペックの高い方に軍配が上がる。

 

パソコンを持っていない人には、

スマホから使えるsupremeがおすすめだ。

 

 

 

転売ボット(bot)の使い方!作り方は?

 

ボットに買い占められることを嫌い、

転売bot対策が考えられているサイトもある。

 

 

実際、

チケット購入のサイトなどでは、

ほぼBotが活躍している。

 

人気のチケットなど、手動では

到底購入することができない。

 

 

転売botの作り方は、

自分でプログラムを組んでいく。

 

 

プログラムの知識があれば、

javaやc++などで作ることができる。

 

プログラムの心得がなければ、

Bot制作の依頼ができるサイトまである。

 

 

日々あちこちで転売が行われている

理由がわかる需要だ。

 

 

自動ツールを使用するのであれば、

使い方も一気に簡単になる。

 

ツールをダウンロードし、

環境設定を行い、

商品を検索していくのが主流だ。

 

 

プログラム初心者であれば、

圧倒的にこちらの方が分かりやすい。

 

 

ほしい商品が時間と共に

完売ということも少なくはない。

 

そうした屈辱の裏には、

必ずbotが存在していると

思って間違いない。

 

 

手でいくら急いだからといって、

プログラムされている速さには

到底追い付かないのだ。

 

 

悲しいかな、転売目的としている

Botでの買い占めが問題となっている。

 

人気で入手困難と言われるものは

ほぼ間違いなく、裏でbotが動いている。

 

 

転売ヤーとして活動するのであれば、

botを駆使することがおすすめだ。

 

 

 

まとめ。転売botのおすすめについて

 

転売botがこうして日常的に

活躍していることがわかっただろうか。

 

いくつものサイトをくまなく

探すこととでき、非常に便利なツールである。

 

 

しかし、デメリットが

あることも忘れてはいけない。

 

有能なツールを使おうと

思えば思うほど、利用料がかかるのだ。

 

 

自分でプログラムを組むのであれば、

独自のツールということになるが、

それはなかなか難しい話である。

 

まずは無料ツールから順番に、

Botの性能について

知っていってほしいところだ。

 

 

その後、自分の用途に

あったツールを探してみよう。

 

 

転売の情報をメルマガで発信し始め、

より大きく稼ぐようになって転売自体をやめた白木。

 

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ