オーガズムで子宮が収縮?痛み…妊娠中に気をつけること


 

オーガズムで子宮が収縮し痛みを感じるという

妊娠中の女性がいます。

 

 

臨月に近づくほど、

当然ですがセックスにはリスクが伴います。

 

パートナーとしっかり管理してください。

 

 

魅力的なパートナーと知り合いたいあなたは

以下をご確認ください。

 

 

 

オーガズムを感じることは

子宮が収縮して痛みを感じたり

妊娠中の場合では問題はないのでしょうか。

 

 

オーガズムを感じることが

子宮に与える影響などについて

解説していきます。

 

 

 

オーガズムを感じて子宮が痛い…sexは妊娠中にしても問題ない?オーガズムが痛い時はどうする?

 

女性がオーガズムを感じると

子宮が収縮して痛みを感じたり、

妊娠中の場合はさらに出血を伴うことがあります。

 

 

オーガズムを感じることやsexをすることは

妊娠中でも行為自体には何ら問題はありません。

 

むしろスキンシップとして

非常に有効な手段となります。

 

 

しかし妊娠初期には注意が必要です。

 

 

妊娠初期は4週目から9週目は

妊娠状況が不安定な時期で出血しやすく

子宮が痛いと感じやすい時期でもあります。

 

不衛生な指や物を膣の中に挿入することや

sexの場合は子宮を強く刺激する体位などは

避けるようにしましょう。

 

 

妊娠中期に入り安定期以降になっても

お腹に張りを感じたり少しでも出血がある、

ストレスを感じるなら注意して様子をみましょう。

 

 

オーガズムを感じて

子宮が痛いと感じるのは人それぞれです。

 

痛みを感じる人もいれば

特に感じない人もいます。

 

 

オーガズムを感じることで子宮が痛いと感じる場合は

無理に続けることなく中断して様子を見ましょう。

 

女性がSexやオナニーによってオーガズムを感じることで

子宮収縮して子宮に痛みを感じる場合や妊娠中は、

パートナーの男性も気遣いができると良いですね。

 

 

 

オーガズムの効果とは?脳に与える意外な影響…体に悪い?

 

では、オーガズムを感じることで

何か効果はあるのでしょうか。

 

 

人間には○○依存症というものがあります。

 

セックス依存症、アルコール依存症、ゲーム依存症など

これらは全て病気だと捉えられていますが、

これらは脳内物質であるドーパミンが原因だといわれています。

 

 

近年ではエッチな写真や動画を見せることで

脳の活動をスキャンする研究が進んでいます。

 

 

その中でオーガズムは脳の中で起こります。

 

その結果として射精などの

身体的反応が起こるのです。

 

 

オーガズムを脳で感じて楽しむのは

おそらく人間だけ、もしくは

一部の動物だけでしょう。

 

 

ほとんどの動物は

子孫を残すためにセックスをします。

 

オスはメスが妊娠できる期間だけ

殖行為をするので、快楽を求めることで

セックスを求めることはしません。

 

 

しかも子孫を残さないように

することも人間しかしません。

 

 

人間はその中でセックスする相手を選び抜き、

相手を得るためにかけひきや

デートなどの過程が必要です。

 

しかしその相手を得るためにはすんなりいかず、

片思いや三角関係になることでやきもちで怒りがわき、

悲しんだり苦しんだりもします。

 

 

セックスに至るまで人間は

このように過程が非常に複雑です。

 

 

オーガズムを感じること自体は

精神的にも身体的にも

体に良いといわれています。

 

ただし結果的にセックスによる

オーガズムを感じるまでは

体に悪いといえるのかもしれません。

 

 

・血圧を下げる

 

・骨盤底筋が鍛えられて

膀胱のコントロールが効くようになる

 

・鎮痛効果がある

 

・脳内物質のエンドルフィンと

黄体刺激ホルモンが分泌されて

リラックス効果がある

 

 

このように、オーガズムを感じることで

さまざまな効果があるといわれています。

 

これらのことから総合的には

オーガズムは脳に良い効果を

与えているといえるでしょう。

 

 

 

まとめ。オーガズムで子宮が収縮する?

 

Sexやオナニーによる

オーガズムは脳で感じています。

 

 

オーガズムを感じることで脳の中には

たくさんのドーパミンが分泌されていることも

わかっています。

 

しかし人間のsexの場合は

相手を得るためまでの過程が複雑で

疲れてしまうこともあるかもしれません。

 

 

その過程を楽しめる人は良いですが、

ストレスに感じる人は他の方法で

オーガズムを感じることもできます。

 

 

女性の場合はオーガズムに達した時に

多少なりとも子宮収縮が起こっているので

子宮に痛みを感じる場合があります。

 

この痛みは人によってさまざまなので、

パートナーは労わってあげる気持ちを

忘れずにいてほしいものです。

 

 

妊娠中も妊娠初期はお腹も目立たず

自分の体に変化を感じない女性もいますが

確実に赤ちゃんは育っています。

 

 

妊娠を継続できるかは、

妊娠初期の頃に決まってくるといっても

過言ではありません。

 

 

痛みや出血がある場合などは

無理をせず中断するようにしましょう。

 

 

オーガズムを感じたことがないという彼女と付き合う正幸。

自分と同じく、金髪美女に弱い男です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

楽観的に生きれないあなたへ。

 

新しい出会いで、心の扉を少しづづオープンにしませんか?

 

興味があれば
以下をすぐに確認してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授