仮想通貨を現金に戻すには?現金に買える方法、税金、業者、通貨など


 

仮想通貨を現金に戻す換金には4つの方法があります。

 

 

本物の仮想通貨ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

 

具体的な方法は、以下です。

 

 

・仮想通貨取引所

 

「販売所」と「取引所」の

2種類が存在しています。

 

 

仮想通貨販売所は初心者でも

簡単に換金が可能ですが、その分

スプレッドが広いので手数料が割高です。

 

仮想通貨取引所は操作が難しいですが、

その分スプレッドが狭いので

手数料は安いです。

 

 

・ATM

 

名前・住所・電話番号の登録と、

本人確認をすれば利用可能です。

 

東京には多いですが、

地方にはほとんどありません。

 

 

また、換金の手数料は

2%~10%までかかります。

 

 

・他人との直接取引

 

仮想通貨を入出金出来るアプリを

持っている人同士で送金・受取ができます。

 

送金した仮想通貨を銀行口座に

振り込んでもらう方法があります。

 

 

・デビットカード

 

仮想通貨デビットカードがあります。

 

仮想通貨のまま、ショッピングで

使うことができます(一部仮想通貨は非対応)。

 

 

ちなみに、仮想通貨の

申告分離課税は20%です。

 

年間20万円までは非課税です。

 

 

 

仮想通貨を現金に戻す、現金に変える方法は?利益の現金への変更のメリットとは

 

仮想通貨を現金に戻す方法は

4つあります。

 

 

・仮想通貨取引所

 

・ATM

 

・他人との直接取引

 

・デビットカード

 

 

仮想通貨を現金に変える方法を

細かくご紹介します。

 

 

・仮想通貨取引所

 

有名な仮想通貨取引所は

 

 

・bitFlyer

 

・Coincheck

 

・GMOコイン

 

・DMM Bitcoin

 

・bitbank

 

 

です。

 

「bitFlyer」

 

販売所

(取引手数料:無料)

(日本円の出金手数料:216~756円)

 

取引所

(取引手数料:0.01~0.15%)

(日本円の出金手数料:216~756円)

 

 

「Coincheck」

 

販売所・取引所

(取引手数料:無料)

(日本円の出金手数料:407円)

 

 

「GMOコイン」

 

販売所

(取引手数料:無料)

(日本円の出金手数料:216~756円)

 

取引所

(取引手数料:メイカー:-0.01% テイカー:0.05%)

(日本円の出金手数料:無料)

 

 

「DMM Bitcoin」

 

販売所

(取引手数料:無料)

(日本円の出金手数料:407円)

 

 

「bitbank」

 

取引所

(取引手数料:メイカー:-0.02% テイカー:0.12%)

(日本円の出金手数料:540~756円)

 

 

・ATM

 

名前、住所、電話番号の登録と、

本人確認をすれば利用可能。

 

取引所経由より早く日本語に換金可能です。

 

手数料は2%~10%までかかります。

 

 

・他人と直接取引をする

 

仮想通貨を入出金できる

ウォレットを持っている人は

送金・受取ができます。

 

送金した仮想通貨を銀行口座に

振り込んでもらう方法があります。

 

 

・デビットカード

 

仮想通貨デビットカードがあります。

 

仮想通貨のまま、

ショッピングで使うことができますが、

一部の仮想通貨は非対応です。

 

 

もちろん仮想通貨で利益が出ても

現金化しないと自由に買い物などに

使えません。

 

仮想通貨を現金に変更する以外に、

仮想通貨のまま使える

デビットカードもあります。

 

 

仮想通貨を現金にすると

利益に税金がかかりますので、

現金にするタイミングも考えましょう。

 

 

 

仮想通貨を現金化するときの税金や、業者について。現金化できるカードや海外での税金は?

 

仮想通貨は現金化したときは、

利益分に税金が20%かかります。

 

 

仮想通貨の現金化は

「仮想通貨取引所」などの

業者にお願いしましょう。

 

他の所得とは計算することができる

「申告分離課税」が適用されます。

 

 

仮想通貨を現金に

変換していない分には

税金はかかりません。

 

 

元々所得税は収入に応じて

税率が変化します。

 

 

195万円以下(税率:5%)(控除額:0円)

 

195万円~330万円(税率:10%)(控除額:97,500円)

 

330万円~695万円(税率:20%)(控除額:427,500円)

 

695万円~900万円(税率:23%)(控除額:636,000円)

 

900万円~1,800万円(税率:33%)(控除額:2,796,000円)

 

4,000万円~(税率:45%)(控除額:4,796,000円)

 

 

そう思うと、利益が330円以下の場合

仮想通貨にかかる税金は

高いと感じてしまいます。

 

 

仮想通貨の現金化以外に

仮想通貨を使用する方法としては、

「仮想通貨デビットカード」があります。

 

一部の仮想通貨は非対応ですが、

仮想通貨のまま、ショッピングで

使うことができます。

 

 

買い物をした時に利益が出ていれば

その利益分に税金がかかります。

 

 

仮想通貨の現金化を海外ですると、

税金はその国の税率が適応されます。

 

 

ちなみに日本の富裕層が

税金の安い国に移住するのは、日本は

稼げば稼ぐほど税金が高いからと言われています。

 

例えば日本で税率は20%ですが、

シンガポールでは2年以上の保有では非課税、

短期売買でも日本と比べると圧倒的に安いです。

 

 

 

まとめ。仮想通貨を現金に戻すことについて

 

仮想通貨の換金は4つの方法があります。

 

 

仮想通貨販売所は初心者でも簡単に

換金が可能ですが、その分

スプレッドが広いので手数料が割高です。

 

仮想通貨取引所は操作が難しいですが、

その分スプレッドが狭いので

手数料は安いです。

 

 

仮想通貨の申告分離課税は20%です。

 

税金が高いためそれを防ぐために

海外移住する人も増えています。

 

 

仮想通貨の換金に二の足を踏む上岸。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育った男です(笑)。

 

 

最後に、

 

いくつになっても好奇心を持ち続けたいあなたへ。

 

この乱世を乗り切る冒険を

成功させるためのノウハウを学びませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授