くすぐりに弱い人!くすぐり弱い人、くすぐったがりは感じやすい?くすぐったがりの人、こちょこちょ弱い人の特徴


 

結論から言えば、くすぐりに弱い人は

体脂肪率とは無関係

 

 

身体の不思議など面白情報、

どこに住んでもオンラインで安定収入を得る

具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

擽りに強い人もいれば、弱い人もいる。

 

 

太っている人は鈍感そうで、

細い人は敏感なイメージがあるが、

実際はどうなのだろうか。

 

擽りに弱い人は体脂肪率が

関係しているのであろうか。

 

 

今回は、擽りと体脂肪率について

掘り下げてみようと思う。

 

 

 

くすぐりに弱い人の特徴。くすぐったがりで感じやすい…くすぐり弱い女と男、くすぐったがりの人の特徴

 

 

くすぐりが弱い人にはいくつか

特徴があるので、ここで紹介しよう。

 

 

①防衛本能が高い

 

 

人間が最もくすぐったがる場所は、

先ほど挙げたように、体の中でも

比較的弱点になり得る場所である。

 

そういった人間の弱い場所、

いわゆる急所を守るため

防衛本能が働くからだという説がある。

 

 

くすぐったがりの人は、

外からの刺激を敏感に感じとる、

防衛本能の強いタイプなのかもしれない。

 

 

②皮膚が薄い

 

 

体質的に皮膚が薄い場合、

外部から与えられる刺激に弱く、

敏感になってしまう。

 

そういう人は、くすぐったさだけではなく、

さまざまな皮膚感覚に強く反応してしまう。

 

 

ある意味これも、弱い部分を守ろうとする

防衛本能の一部といえるかもしれない。

 

 

③他人に触られるのが苦手

 

 

自分で脇の下や首筋を触ってみても、

あまりくすぐったさを感じない。

 

一方で、他人から触られるとくすぐったい。

 

 

この違いは「行動を予測できるかどうか」である。

 

 

自分でくすぐるときは、

動作を行う時点で既に

脳が察知している状態だ。

 

 

一方、他人から触られるとなると

行動が予測できない。

 

予測できない刺激だから

過剰に反応してしまうのである。

 

 

④緊張感が強い

 

くすぐったがりの人は、

「くすぐられる」と察知したときから、

既に身構えて緊張してしているケースも多い。

 

緊張しているということは、

すなわち交感神経が

優位になっているということ。

 

 

くすぐったさは、

快感と不快感の狭間の感覚といわれ、

ともすれば快感と捉える人もいる。

 

ただ、くすぐったさを

快感と感じるのは

リラックスしているときだけ。

 

 

交感神経ではなく副交感神経が

働いているときなのである。

 

緊張することで交感神経が働くため、

より不快感のほうを強く感じ取ってしまう。

 

 

くすぐりには個人差はあれど、

男女差はあまり見受けられない。

 

その理由としては、

くすぐりに対しての個人差が大きいので、

男女差として比較が難しいためであろう。

 

 

 

擽り(くすぐり)に弱いのは体脂肪率のせい?好意?弱い箇所について

 

くすぐりというのは、

実に不思議な事である。

 

自分でくすぐっても笑えないのに、

人にくすぐられると笑ってしまう。

 

 

なぜ人はくすぐられると

笑ってしまうのかのメカニズムは

厳密には分かっていない。

 

これを発見した人はノーベル賞ものであろう。

 

 

くすぐられる事に弱い人は、

皮膚表面の感覚が敏感なせいである。

 

体の中でくすぐりに弱い部位が存在するのは

なんとなく分かっている人もいるだろう。

 

 

一般に耳の周辺、首筋、脇の下、

手の甲、もものつけね、

膝の裏、足の甲や裏など。

 

動脈が皮膚に近いところを

通っている部位である。

 

 

くすぐりに弱い人の理由としては、

感覚の敏感さや、神経の集中度合い、

想像力や経験などに関係すると言われている。

 

くすぐりに弱い人は、

性的な刺激に対しても

感じやすい体だと言える。

 

 

くすぐりに弱い人は、

なんで自分だけと思いがちだ。

 

感覚的な刺激への感度が強く、

性欲が強い傾向もあるという特徴もある。

 

くすぐりから自分を知ることもできると

前向きに考えてみることもである。

 

 

くすぐりに対しての得意不得意は

体脂肪率が高い肥満型だからとか、

細身だからとかの体系的要因は少ない。

 

体質であったり、

経験を起因とするものの方が

大きく関係している。

 

 

また、ロボットにくすぐられても

笑ってしまったという結果もある。

 

人と人同士の信頼関係が強さや、

好意の大きさなどがくすぐりの効果を

増幅させる要因にはならないとも考えられる。

 

 

 

こちょこちょ弱い、くすぐり弱い人まとめ。くすぐられるのに弱いのは体脂肪率のせい?

 

「くすぐり」については、

まだまだ謎が深く、

推測の範囲での考えになってしまった。

 

この記事を読んだ研究者の方がいたら、

くすぐりについて深く研究していただき、

真実を導き出して欲しい。

 

 

人間、生き物の謎がまたひとつ

解き明かされることを期待してやまない。

 

 

くすぐられるのがむしろ好きな変態、阿部。

自分と同じく太りやすい体質に悩む(笑)。

 

 

最後に、

 

喜びにあふれた人生にしたいあなたへ。

 

熱しやすく冷めやすい性格を投資家としての強みに変えませんか?

 

興味があれば

以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメント1件

  1. CoCoRo より:

    意識したことなかったけど、確かに「くすぐり」は不思議な感覚ですね!
    痛みなどは自分でやっても痛いけど、くずぐりは自分ではなんともない。
    ちなみに、私は脇腹が一番弱いです。触られただけで笑ってしまう(笑)

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授