空気を読むとは?言い換えは?香山リカと意味、英語やゲーム、空気を読む脳や空気を読む力…日本の本なら?


 

「空気を読む」は、言い換えるなら

同調する、あたりがしっくりくる。

 

 

コミュニケーション向上のヒント、

人間関係に翻弄されないスモールビジネス構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

空気を読めない人を皮肉って

できた言葉に、

「KY」というものがある。

 

 

2007年に流行語大賞に

エントリーされるほど

注目を浴びたこの言葉。

 

この頃から空気を読むという言葉が

世の中に浸透してきた。

 

 

今回は、この空気を読むとはなんなのか。

 

言い換えるならどんな言葉に

なるのかなどを紹介しよう。

 

 

 

空気を読むとは?意味と言い換え、例文…空気を読む力って?

 

空気を読むとは、

その場の雰囲気から

状況を推測する事を意味する。

 

分かりやすい言葉で言い換えるのであれば、

周りに調子を合わせるとか、

同調するといった所だろう。

 

 

その場の空気を察知するのが

上手い人もいれば、

下手な人もいる。

 

 

空気を読む力は人それぞれである。

 

その場にいる人の立ち居振る舞いや表情などから、

情報をどれだけ拾えるかというところが、

空気を読めるか読めないかを左右していると自分は思う。

 

 

空気を読むという言葉を使った例文を挙げてみよう。

 

 

その意見には反対だったが、

その場の空気を読んで発言は控えることにした。

 

 

空気を読んで、2人を残してその場を離れることにした。

 

 

基本的に、人としてのマナーを守っていれば

空気を壊さないことは可能である。

 

自分主体で物事を考える事が多いと、

空気を読めない人という

レッテルを貼られてしまう。

 

 

 

空気を読むのは日本だけ?日本人の「空気を読む」論文

 

「空気を読む日本人」という論文がある。

 

そのくらい空気を読むという行動は

日本人独特のもののように思っている人も

いるだろうが、それは間違った認識だ。

 

 

欧米人も日本人のように空気を読むのである。

 

違うのは、持っている文化の違いである。

 

 

日本は相手の要求や思いを前提に、

自分の主張を明確に

伝えたりはしない「同調的な文化」。

 

対し、欧米ははっきりと自分の意見を主張しないと

相手に伝わらないという

「自己主張の文化」であると言える。

 

 

相手に同調する事が空気を読む事と感じる日本と、

相手の意見を聞きつつ自分の意見も主張して理解や

信頼を深めていく事を空気を読むと感じる欧米人の違いがある。

 

 

ポイントは、その集団に満ちている空気はなんなのか、

その空気を読んでどうやって行動するかというところである。

 

 

 

空気を読む方法!ゲーム(無料)や香山リカ

 

空気を読むというゲームアプリがある。

 

暇つぶし系の無料のアプリで、

シリーズ累計600万ダウンロードを超える

大人気ゲームである。

 

 

シュールなイラストで表現された人物が、

ある場所で、数人の集団の中に急に置かれている。

 

その場の状況を瞬時に判断して、

空気を読めるとクリアという

シンプルなゲームであるが、奥が深い。

 

空気を読む方法の練習にもなるのである。

 

 

高校の教科書に香山リカの

「空気を読む」という評論がある。

 

昨今の若者たちが、空気を読み合うことにエネルギーを注ぐのは、

たとえ少数派でも自分が好きだと感じる事を自由に楽しむことより、

多数派の中にいることの安心の方を重要視しているからであるという。

 

 

誰かに気に入られることも大切だが、

嫌われても好きなものは好きと言える

強い心も大切だと自分は思っている。

 

 

 

空気を読む脳(本)…あらすじと要約、知能テスト、楽天の中古のレビュー

 

空気を読むをテーマにした本はいくつかある。

 

楽天市場で中古の本を検索してみると、

脳科学者、中野信子さんの

「空気を読む脳」という本がいくつかヒットした。

 

 

レビューには

 

「内容が面白い」

「空気を読みすぎて辛いHSPの方向け」

「分かりやすく書いてあって読みやすい」

 

などといった高評価が多かった。

 

 

少しだけ内容やあらすじを要約して紹介する。

 

 

職場や学校でなぜ人は空気を読むのか。

 

 

日本人はなぜ「醜くても勝つ」ではなく

「美しく負ける」を好むのか。

 

 

子供を蝕む「毒親」とは。

 

 

なぜ報酬がいいと、

やる気や創造力が減退してしまうのか。

 

などの疑問に、脳科学者の視点から

分かりやすく説明している。

 

 

脳には良い面もあるが悪い面も潜んでおり、

そのどちらもが生存していく上で

必要なものだと紐解いていく。

 

興味がある方は、ぜひ読んでもらいたい。

 

 

その中に、小学生向けの知能テストがあるが、

ネットで少し盛り上がってるので検索してほしい。

 

画像も載っている。

 

 

 

「空気を読む」は英語で?

 

「空気を読む」という言葉を

英語で表現する事ができる。

 

 

この言葉とぴったり会う英語は存在しないが、

似たような言葉はいくつか存在する。

 

 

一番近いのは read the room だろう。

 

 

時と場合によって使い分ける事が出きる

色んなニュアンスがあるので、

そのスペルとともに内容を3つ紹介したい。

 

 

①read between the lines(行間を読み取る)

 

②take a hint(気を利かせる)

 

③go with the flow(流れに従う)

 

 

「空気を読む」という言葉は、

英語で大体この3つの言い方で

表現できるのではないだろうか。

 

ポイントとしては、

場や状況によって

使い分けが必要だというところである。

 

 

英語では三種類に表現が分かれてしまうが、

日本語は一つの言葉の中にたくさんの

ニュアンスを詰め込んでしまえる。

 

日本語は便利な言語なのだろう、

と思うのは自分だけだろうか。

 

 

 

まとめ。空気を読むの言い換えについて

 

その場の雰囲気を感じ取って、

最適であろう自分の行動を感じ、動く。

 

 

空気を読む事は大切な事であるが、

それに囚われてしまうのも不健康である。

 

周りのことを思いやりながら、

爽やかに自己主張していける

スキルを磨いていきたいものである。

 

 

空気をあえて読まないことを自負する鈴木。

自分と同じく強いくせ毛に悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ