遺族年金、配偶者は?子供なしの場合はどうなる?配偶者の収入や婚姻期間は関係ある?いつまでに手続き?


 

遺族年金は配偶者の年収、

子供なしかありかで受給金額が変わるなど

日本には面倒な決まりがあります。

 

 

こうした生きていくための知恵、

 

ブログを手段にして
お金の不安と人間関係のストレスをなくす方法。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

今、働いているほとんど人が払っている年金。

 

いつか会社をリタイアしたらもらう予定のお金です。

 

 

遺族年金とは、配偶者がなくなったとき、

子供がいない場合などを紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

遺族年金は配偶者は何割?子供なしの場合は?配偶者の収入で制限はある?

 

遺族年金とは、国民年金または

厚生年金の被保険者であった人が亡くなった場合、

生計を共にする遺族に支払われる年金制度のことです。

 

 

遺族年金は配偶者の何割が

もらっているのでしょうか?

 

 

実に配偶者をなくしてしまった

9割近くの方が受給しています。

 

 

遺族基礎年金は、亡くなった

配偶者の収入などは関係なく

金額が決まっています。

 

 

遺族厚生年金は受給額に亡くなった

配偶者の収入も関係してきます。

 

ただし、遺族年金を受け取る

配偶者の収入制限があります。

 

 

遺族年金受給者の年収が

850万円以上の場合は

遺族年金の受給資格がありません。

 

 

遺族年金は配偶者と

子供が受給するものです。

 

子供がいるか子供なしかで、

受給金額が変わってきます。

 

 

ただし、遺族基礎年金は対象となる

子供がいることが受給条件となっています。

 

 

 

遺族年金を配偶者としてもらうためには、婚姻期間はいつまで必要か。65歳以上の年金受給者は?手続きと金額

 

年金受給者予定だった配偶者が死亡した場合、

その配偶者は遺族年金受給者になります。

 

 

配偶者が遺族年金を受給する場合、

収入制限があります。

 

前述したように、

年収850万円以上の収入がある場合は

遺族年金受給の対象者となることができません。

 

 

遺族年金には他にも

戦争で配偶者をなくした方向けの

特別な遺族年金もあります。

 

 

婚姻期間10年以上の妻に支給される

寡婦年金というものあります。

 

寡婦年金は国民年金の保険料を

10年以上収めた夫が亡くなった場合、

婚姻期間10年以上の妻支給されるという年金です。

 

 

もしも遺族年金を受け取る配偶者の方が

認知症などになっている場合は、その子供などが

代理で遺族年金受給の手続きをすることができます。

 

 

 

遺族年金、配偶者の金額と共働きでの受給資格を確認。厚生年金、働いている場合は?(外国人も)

 

昨今では共働きの夫婦も珍しくはありません。

 

共働きだからといって遺族年金の

受給資格がないというわけでもありません。

 

 

遺族年金は受給する配偶者が

働いていることは問題ではありません。

 

働いていたとしても、

年収が850万円未満であれば、

遺族年金の受給対象となります。

 

 

遺族年金は配偶者が外国人であっても

受給することが出来ます。

 

 

受給対象者が、再婚または事実婚状態に

ならない限りは、国内国外関係なく

遺族年金を受け取ることが出来ます。

 

 

遺族年金には主に遺族基礎年金と

遺族厚生年金があります。

 

前述しているように、遺族基礎年金は

対象となる子供がいる場合

受給することができます。

 

 

遺族厚生年金は、亡くなった方が会社員、

または公務員の場合受給することが出来ます。

 

その年金額は、厚生年金の加入期間や

生前の給与などから計算することができます。

 

 

 

遺族年金、妻が亡くなった場合は?配偶者のみ?受給は離婚の後も?事実婚でも遺族年金をもらう条件

 

遺族年金の受給対象の配偶者は

妻でも夫でもありえます。

 

基本は配偶者のみに支給されるものです。

 

 

夫が亡くなった場合、妻は

自分の老齢年金が始まる65歳まで

遺族年金を受給することができます。

 

 

妻が亡くなった場合

受給対象者は夫になります。

 

妻が遺族年金を受給する場合と決定的に違うのが、

55歳未満の夫には遺族年金の受給資格が

ないということです。

 

 

その場合、18歳未満もしくは障害を持った

20歳未満の子供がいる場合は、遺族年金受給対象者は

配偶者の夫ではなく子供となります。

 

 

遺族年金は対象となる配偶者が

事実婚であっても受給対象となります。

 

しかし、遺族年金は配偶者と

離婚したものでは受給対象とはなりません。

 

 

事実婚の配偶者が、遺族年金を受給する条件に、

事実婚を証明することと、生計維持関係を

認められるということがあります。

 

 

 

遺族年金、配偶者なし。年収はいくらになる?子供もなしの場合、配偶者分の年金はどうなる?

 

婚姻関係のある配偶者が亡くなった場合、

遺族年金を受給することができる可能性があります。

 

 

遺族年金は配偶者との間に子供がいれば、

他の条件を満たすことで遺族基礎年金、

遺族厚生年金が支給されます。

 

 

受給対象者の年収が850万円以下

であることなどの条件もあります。

 

 

亡くなった方に配偶者なしの場合、

次に受給資格があるのは子供です。

 

しかし、遺族基礎年金は

子供がいなければ

受給することができません。

 

 

遺族厚生年金も、両親へいくらかの仕送りなどが

認められた場合のみ受給することができるため、

条件は配偶者よりも厳しくなっていきます。

 

条件が満たせない場合、遺族年金は支給されません。

 

 

 

まとめ。遺族年金(配偶者で子供なし)について

 

遺族年金はもらえても微々たる金額にすぎません。

 

受給できるならすこしでもありがたいものですが、

もしもの時のために自分でも保険など

備えておくことが大事だと思いました。

 

 

死んだ後の話をよくする柳田。

自分と同じく、チョコミントに目がない人です(笑)。

 

 

 

最後に、

あまりオープンになれないあなたへ。

 

投資で老後資産をつくって、遊びまくる元気な年寄りになりませんか?

 

興味があれば
以下より無料登録してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授