田舎で自給自足生活!一人暮らしや老夫婦の生活費、ブログ、スレ…共同生活はつらい?釣りやシェアハウスなど


 

田舎で自給自足生活を夢見る都会人が増えているが、

想っているほど甘くはない

 

知人の例では、井戸水を掘るだけで

数百万かかったなんて話も。

 

 

田舎移住経験者による自給自足のリアル、

どこに住んでもオンラインで安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

田舎でのシェアハウスも人気を持っている。

 

一見楽しいことのように思えるが、

実際どのような生活が待っているのだろう。

 

 

ブログなどでリアルな声を聞けるのが、

近年の嬉しいことである。

 

いいところだけでなく、

わるいところも知ってからの

移住が望ましい。

 

 

都会でも田舎でも、

それぞれ気苦労があることは

避けては通れない。

 

しかし、自分にはどちらの暮らしが

合っているのか考えていこう。

 

 

新型コロナウイルスの影響で、

地方への移住が一気に人気となっている。

 

だがそれだけを目的にしていては、

きっと苦しい生活を送ることになるのだ。

 

 

自給自足の大変さ、そして

田舎住まいのイメージをしてほしい。

 

 

 

田舎で自給自足生活!生活の様子をブログでチェック

 

「田舎で自給自足!」

 

2ちゃんねるにもよくスレが立っている。

 

 

田舎の自給自足で、

共同生活を行っている人も多い。

 

 

また、田舎の自給自足生活を

動画に上げる人もいるくらいだ。

 

田舎自給自足生活について見たければ、

youtubeで探してほしい。

 

 

コロナ禍により、田舎での生活が

見直されているのも事実である。

 

しかし、田舎の自給自足は

つらいことも多いことを

忘れてはいけない。

 

 

田舎で自給自足をするには、

釣りもかかせない食料調達方法だ。

 

 

田舎へ移住を考え、

自給自足をする

シェアハウスの暮らしもある。

 

 

田舎でのシェアハウスのメリットと言えば

 

 

・物が少なくて済む

 

・畑作業が一緒に出来る

 

・一からの不安が自分一人でない

 

・食事が楽

 

 

などが上げられ、

初めての田舎に馴染めない

不安が和らぐ。

 

 

しかしデメリットがあることも

忘れてはならない。

 

 

古民家などふすまで仕切られた部屋では、

音が漏れてプライベート空間と

言えるものはない。

 

 

また、人と共有することで、

もし何かあったときに困ることが増える。

 

ぶつかり合いなど、トラブルは

付き物だと思っておいた方がいい。

 

 

田舎で自給自足生活をしようと、

20代や30代の人が移住を考えているのだ。

 

都会で世話しなく働き続けることに

早々に見きりをつけている。

 

 

今、田舎への移住や自給自足生活は

若者にも人気なのである。

 

もちろん、老夫婦が田舎で過ごすことも多い。

 

 

面白いブログもあるので、

ここでひとつ紹介しておこう。

 

 

・AYAKAWA Garden&Farm

 

 

 

田舎で自給自足、一人暮らしなら生活費は?

 

田舎で自給自足している老夫婦の

生活費はどれくらいなのだろう。

 

老後に田舎での自給自足生活とは。

 

 

一人暮らしなら、家賃も

一万から二万円で入れるところが多い。

 

 

食費や光熱費、通信費など

必要なものが出てくるため、

自給自足といってもタダではない。

 

だが家賃の分、都会とは

まるで違う生活になるはずだ。

 

 

何しろ田舎は娯楽がないことも

大きく関係している。

 

趣味や娯楽に徹することがなくなれば、

当然その他の出費も減るのだ。

 

 

自動車を所有していなければ、

十万円前後から生活が見込める。

 

老後の年金生活で、それほど

苦しむことなくやっていけるのだ。

 

 

野菜は畑で育てると

自給自足が叶うため、

食べ物もそれほど困らない。

 

 

年金での自給自足生活を目論み、

田舎に移り住むシニア世代も多い。

 

また、田舎で育った人が、

老後は故郷でと

帰省してくるパターンもある。

 

 

 

まとめ。田舎の自給自足生活について

 

田舎の自給自足生活について、

イメージがわいてきただろうか。

 

 

のどかな暮らしをイメージする人も多いが、

田舎は田舎で大変なことは間違いない。

 

コンビニはおろか、

スーパーさえ最寄りといえば

数十分かかるかもしれない。

 

 

それがいかに不便なものかは、

住んでみなければわからないだろう。

 

 

都会の騒動から逃れたい気持ちは

とてもよくわかるが、どういった目的で

移住を考えているのか、今一度考えてほしい。

 

その結果、自分に合う暮らしが

自給自足であれば応援する。

 

 

しかし、現状を

打破したいだけなどという

安易な気持ちでは駄目だ。

 

田舎の人たちがみな、

小さなコミュニティーを

喜んでいるとは限らない。

 

 

もちろん、町起こしも兼ね、

若い人が移り住むのは嬉しい。

 

 

しかし田舎には田舎のルールがある。

 

 

それを守れる人に、

調和を乱さず移住してほしいものだ。

 

 

荻窪から岡山の田舎に移住した香月。

自分と同じガチャピンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ