左利きの寿命短いは嘘?寿命が短い…統計や論文を紹介


 

「左利きは寿命短い」という話は割とよく聞く話だが、

それは本当だろうかそれとも嘘だろうか。

 

もし嘘なら、なぜそんな話が出てきたのだろうか。

 

 

統計を見る限り、この噂は嘘ではない

 

 

フェイクニュースの見分け方、

どこに住んでも時間とお金の自由を得る方法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、左利きの寿命が

短いのは本当なのか嘘なのか。

 

それを裏付ける統計や論文、また

世界の人間の利き腕の比率などを紹介する。

 

 

 

左利きの寿命の話は嘘?

 

都市伝説と言えば「口裂け女」が有名だが、

ほかに有名どころな都市伝説として

「左利きの人は寿命が短い」という話がある。

 

 

人は左手をよく使う左利きの人と、

右手をよく使う右利きの人に分けることができる。

 

左手をよく使う人、つまり左利きの人は

右利きの人に比べて寿命が短いという話だ。

 

 

ただ、左利きなだけで寿命が

短いだなんて嘘だろう、

と思う人も多いだろう。

 

 

実際少し前まではそんな都市伝説など

他の都市伝説と同じように、真相はただの嘘に

違いないと思う人がほとんどだった。

 

しかし実際のところ、この噂は本当で、

科学的にも左利きの人は右利きの人に比べて

寿命が短いという結果が出ている。

 

 

つまり何もしていないくても

左利きというだけで寿命が

短くなってしまう可能性があるのだ。

 

 

左利きというだけで寿命が短くなるのは

理不尽な気がするが、実際

そうなっているので仕方がない。

 

確かに自分のイメージでも、

左利きは天才肌が多く

その分短命という印象がある。

 

 

 

左利きの寿命…寿命短い?統計を紹介

 

左利きの寿命が短いという話には

きちんとした根拠がある。

 

 

有名なのは、1991年に

「Halpern & Coren」によって発表された

左利きの寿命についての論文だ。

 

 

その論文では、南カリフォルニアで

987件の死亡者のそれぞれの

利き腕と寿命を調べて比較した。

 

その結果、右利きの人の平均寿命が77才なのに対し、

左利きの人の平均寿命はわずか66才だった

ということが判明した。

 

 

その差はなんと11才。

 

 

つまりこの論文からは、右利きと左利きでは

明らかに寿命の差があるという統計がでている。

 

 

ではなぜ左利きの人だけが

こんなに寿命が短いのだろうか。

 

それは人間の利き腕の割合が原因だ。

 

 

実は人間の利き腕はとても偏っていて、

全世界どこの国で統計を取っても

人間の約9割が右利きという結果が出る。

 

そして残り約1割が左利きだ。

 

 

つまり人間のほとんどは右利きなのだから、

道具や公共物、乗り物なども基本全て

右利きを基準に作ってある。

 

そして危険が迫った時などは、パニックになっていても

右利きの人が咄嗟に動きやすい位置に、安全な場所や

物が用意されていることがほとんどだ。

 

 

このように人間工学に基づいた仕組みは

冷静に物を考えられない時はとても便利だが、

逆に言うと左利きの人にとっては不便だとも言える。

 

 

左利きの人が咄嗟の時にぱっと

手を伸ばした方向には、

セーフティアイテムはない。

 

安全が用意されているのは、

右利きの人が手を出しやすい右側なのだ。

 

 

だから左利きの人間は特に

乗り物関係の事故にあいやすい。

 

 

現在では同じ道具でも左利きの人の為に

仕組みを逆にした道具も作られている。

 

 

だが、Halpern & Corenがいた1991年は

まだまだそんな認知もされていないころだ。

 

世界はより右利きに有利に作られていた。

 

 

だからことさら左利きの人の寿命が

短かったといえるし、だから結果も

大きく差が出た。

 

 

左利きの人には気の毒だが、人間の9割が右利きとなると

多くの人が使うもので同じものを2つ作れない場合は、

やはり右利き用に作らざるを得ない。

 

その分、左利きの人は用心深くなってほしいと自分は思う。

 

 

 

まとめ。左利きの寿命は嘘?

 

左利きの人は右利きの人に比べると寿命が短い。

 

それは科学的にも証明されている。

 

 

ただその理由は、左利きが単に

体に悪いとかそういうものではなく、

人間の社会が右利き用に作られているからだ。

 

 

咄嗟の時の安全策は全て右側に用意されているから、

ピンチの時に左利きの人はかなり不便なのだ。

 

 

左利きがコンプレックスだった、さゆき。

自分と同じく太った日本猫が大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ