DMMの宝くじは税金がすごい!?無職でも…当たり1000万で払う税金(所得税、住民税)はいくら?


 

「DMMの宝くじは税金がすごい!?」

高確率で最大143万円が当たるくじ」

 

と言われているDMM宝くじ。

 

 

個人的に、宝くじはおすすめしない立場だが(笑)。

 

 

宝くじに期待する必要のない経済的自由

オンラインで手に入れる具体的な方法は、

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

DMM宝くじは税金がかかるのか?

 

また、一般的な宝くじでの高額当選の場合は?

 

 

宝くじの真実を見ていこう。

 

 

 

DMM宝くじ、税金は無職でも払うよ!1,000万当たったら払う税金は?10億は?3億円は?税金の申告

 

宝くじで10億当選した場合の税金は?

 

DMM宝くじというDMM百万長者の

当選金には、税金はかかる。

 

 

宝くじという言葉に惑わされてはいけないが、

一般的な宝くじとDMM宝くじは別物だ。

 

 

DMMが運営している、いわば

宝くじという当選ゲームである。

 

「当せん金付証票」での当選者は

原則として非課税である。

 

 

非課税となるのは

「所得税」と「住民税」の話だ。

 

家族や親戚に配分する場合に

「贈与税」や「相続税」の課税対象となる。

 

 

サマージャンボで7億円が当たったとしよう。

 

それに税金が掛かるとしたら、

宝くじの半分となる三億円以上の

税金が課せられる。

 

 

しかし安心してほしい、

宝くじは非課税である。

 

宝くじ1億当選の税金も、

宝くじ3億当選の税金も、

宝くじ5億当選の税金も、非課税である。

 

 

宝くじは非課税なので、

確定申告も不要だ。

 

 

これは自分で持っている場合の話で、

人に贈与するのであれば贈与税が発生する。

 

誰かと共同で宝くじを購入した

場合などはこれに当てはまる。

 

 

宝くじで5億円当たったら、

税金なしで丸々自分のものだ。

 

 

「宝くじで6億当てたら税金が~」

「宝くじで7億当てたら税金・・・」

 

などと、ネットには数々の不安が

書かれているが、非課税である。

 

 

宝くじを譲渡する場合は、

税金が発生することを

覚えておいてほしい。

 

 

DMM宝くじは税金がかからないが、

無職であろうと贈与税は必要だ。

 

 

当選額のうち1,000万円をほかの人に

あげた場合を例にしよう。

 

 

贈与税はどれくらいに

なるのか一般的な計算をする。

 

 

まず基礎控除が110万円。

 

残りの課税価格は890万円。

 

 

贈与された金額が600万円超、

1,000万以下の税率は40%。

 

計算する際の控除額が125万円。

 

 

890万円×40%-125万円=231万円

 

 

実に恐ろしく大きな額が

税金として持っていかれる。

 

 

 

宝くじは所得税と住民税がかかる?いくらなの?税金の対策と翌年のために一時所得、寄付、貯金にする?

 

宝くじを寄付したとしても、

税金はかかるのだろうか。

 

宝くじは贈与するのに税金がかかるため、

貯金することが一番のおすすめだ。

 

 

宝くじの税金対策に一時所得になるのか?

 

宝くじは、『当せん金付証票法』という法律で

非課税と決まっている(所得税と住民税についての話だが)。

 

 

翌年いくらかかるかなどの心配を

している人が多いが、かからない。

 

 

懸賞やクイズの賞金であれば、

「一時所得」に該当する。

 

この違いを知らず、

慌てる人が非常に多いのである。

 

 

通常の福引きや懸賞と、

宝くじは別物だと覚えておこう。

 

 

宝くじに税金がかからないからといって、

懸賞で高額当選した場合も

同じと思ってはいけない。

 

何度もいうが、

『当せん金付証票法』は

宝くじに対しての法律なのだ。

 

 

 

宝くじの税金はいくら引かれるの?購入でも税金がかかる?取られるの!?ネット購入でも税金が…

 

「宝くじの税金はいくらから引かれるのか?」

「宝くじの税金は2年目に引かれる?」

 

 

これらはすべてノーである。

 

宝くじは非課税だからだ。

 

 

では、宝くじの税金が

引かれるとはどういう話なのか。

 

 

そもそも、宝くじは

購入の時点で税金が掛かっている。

 

宝くじで税金が取られるというのは

一概に間違っているわけではない。

 

 

宝くじはネットで購入しても、

購入時に税金がかかっているからだ。

 

 

宝くじを夫婦で購入したとしても、

贈与税という税金は発生する。

 

 

宝くじは年末ジャンボの税金、

宝くじロト7の税金などと、

ネットでも多く検索されている。

 

 

当選した宝くじを分ける際に

税金が発生するだけだ。

 

受け取り時に、宝くじの税金を

銀行に持っていかれるような心配もない

(もちろん、寄付や銀行での営業はされるだろうが)。

 

 

宝くじはグループで買い、

受け取り時に税金が生じるのは勿体ない。

 

宝くじの税金が次年度に

請求されるというわけでもないので、

安心してほしい。

 

 

ただ宝くじが当選すると、

贈与税という名の

人と分ける際の税金は必須。

 

 

宝くじの税金はどれくらいかかるのか。

 

1億円贈与しようとすると、

半分ほど税金として

持っていかれてしまうのだ。

 

 

 

宝くじの税金、アメリカではどう?(海外の事情)外国(米国など)の宝くじの税金を知恵袋で聞いた

 

宝くじの税金はアメリカではどうなのだろう。

 

 

宝くじに税金がかかるのは海外だけである。

 

非課税なのはあくまで日本の法律上の話だ。

 

 

つまり、外国の宝くじを買って当選したときは

「一時所得」と見なされ税金がかかる。

 

 

米国の宝くじでは、30%が

税金として引かれることを

覚えておこう。

 

当選金額600ドル以上の場合は

税金が発生する。

 

 

1億当選したとして、単純計算で

3,000万も税金となるのだ。

 

さすがアメリカ、スケールが大きい。

 

 

また、アメリカでは

「一時所得」となるため

確定申告も必要となる。

 

各国のルールにより違うため、

確認を怠っては「脱税」扱い

されるので注意してほしい。

 

 

宝くじに税金がかかるのか、

知恵袋にも無数の質問が載っている。

 

税金がかかるという人から、

かからないという人まで様々なため、

惑わされてしまう。

 

 

とにかく、日本の宝くじであれば

非課税なのは事実である。

 

 

 

まとめ。DMMの宝くじの税金について

 

宝くじが非課税で安心するのはまだ早い。

 

 

家族や子供に贈与するなら、

黙っていればわからない。

 

そう考える人が多いのは当然わかる。

 

 

だが、高額当選した時点で、

税務署の監視下に置かれる。

 

逐一監視されているわけではないが、

お金の出と入りはチェックされている。

 

 

子供へのプレゼントだからと

黙って渡しては痛い目を見る。

 

とにかく、高額当選者は

何かと注意をしてほしい。

 

 

宝くじが生きがいだった恒弘。

自分と同じくソフトサラダに目がない(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ