バードカフェのおせちはバイトが?鶴見の現在は…南千里、フィギュアやその後。大阪、千歳、横浜…オアシスも


 

バードカフェのおせちはバイトが作っていた

 

「美味しくない」

 

「中身がスカスカ」

 

「見本と違う」

 

様々な騒動を引き起こした

バードカフェのおせち。

 

 

国内のお役立ち情報、

どこに住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

バードカフェの現在はどうなっているのか

一緒に見ていこう。

 

 

 

バードカフェのおせちはバイトが作っていた?騒動の原因は?返金についてなど、事件の詳細まとめ

 

まず、バードカフェの

おせちについて詳細をまとめる。

 

 

バードカフェのおせちとは、

クーポンサイトの「グルーポン」で、

数量限定の特別価格で販売されたおせち料理のこと。

 

 

おせちの中身は4人分で33品。

 

通常は2万1000円するのだが、

半額の1万500円で買えるということもあり、

すぐに売り切れとなった。

 

 

バードカフェのおせちは、

2010年の年末に販売されたのだが、届いた中身が

見本写真とは大きく異なるなどと騒動を引き起こした。

 

 

バードカフェのおせちを注文した人は

 

「中身がスカスカで腐っている」

「とても食べられるようなものではない」

「返金してほしい」

 

などと苦情を寄せた。

 

 

バードカフェのおせちの事件は

ネット上で拡散されて大きな話題となった。

 

 

バードカフェのおせちを購入した人が、

実物の写真をツイッターに投稿。

 

そのあまりの酷さに

ネットでは大炎上となり、

様々な騒動を引き起こした。

 

 

バードカフェのおせちは

テレビでも取り上げられ、

騒動はさらに広がっていく。

 

バードカフェのおせちは消費者庁からの

措置命令を受けることとなる。

 

 

バードカフェのおせち事件で、

会社は大きな損失を受けることとなった。

 

バードカフェのおせちを

購入した人に対しては、

返金及び謝罪を行った。

 

 

 

バードカフェ、おせち問題のその後は…チーズ専門店?水口社長や現在について。

 

バードカフェは、

株式会社外食文化研究所

が運営していた店。

 

横浜店と藤沢店の2店舗を

構える小規模なレストラン。

 

 

騒動となったバードカフェの

おせちを作ったのは、

株式会社外食文化研究所。

 

 

当時、株式会社外食文化研究所の

社長を務めていたのは

水口憲治という人物だった。

 

 

バードカフェ横浜エリアのマネージャーの名前は、

ネットで検索すると出てくるので

そちらを参考にしてもらいたい。

 

バードカフェの騒動に対するお詫びの文章に、

マネージャーの名前が記載されている。

 

 

バードカフェのおせちが大問題となった後、

現在の様子はどうなっているのだろうか。

 

 

水口社長はバードカフェの

おせちの一件で辞任。

 

その後、彼の父親が会社を後任する。

 

 

バードカフェは、「フジサワキッチン」や

「OKANO HOUSE」などと店名を変えて営業。

 

その後はチーズ専門店

「チーズ工房カマンブルー」として営業を開始。

 

 

それからしばらくして、

水口憲治は社長に復帰することとなり、

テレビなどにも出演。

 

バードカフェの当時の様子や

事件の経緯について話している。

 

 

水口社長によると、バードカフェのおせち事件は、

販売直前に予定していた数量を

増やしたことが原因だと語っている。

 

 

バードカフェのおせちは

マネージャーが話を持ち掛けたもので、

当初の予定では100食限定で販売されるはずだった。

 

ところが販売直前になってから、

バードカフェに断りを入れず、

マネージャーが独断で500食に増やしてしまう。

 

 

バードカフェの事件では、マネージャーの独断が無ければ、

現在も店は継続して営業していたのではないだろうか。

 

 

水口社長はバードカフェのおせちの件で、

おせち料理を甘く見ていた、弁当と同じ感覚で

作ればいいと考えていた、などとコメントしている。

 

 

 

バードカフェのおせちに関する作業風景の写真、フィギュアやaa、なんj…など、話題になったアレコレ。

 

バードカフェのおせちに関する話題は

ネット上で話題になった。

 

バイトの作業風景の写真や

水口社長のブログ記事など様々。

 

 

バードカフェのおせちを批評している

aa(アスキーアート)は、水口社長の

イラストも描かれているのでおもしろい。

 

 

バードカフェのおせち事件について

気軽に知りたい人は、なんjの意見を

参考にしてみるとよいだろう。

 

 

バードカフェのおせちを作った

バイトに関する話題や、おせちの

中身に関する話題が語られている。

 

 

バードカフェのおせちは色々な意味で話題となり、

なんとフィギュア化されてしまうことになる。

 

 

ワンダーフェスティバルと呼ばれる祭典では、

バードカフェのおせちを再現したフィギュアが販売された。

 

フィギュアはあっという間に

完売するほどの大人気だった。

 

 

フィギュアの写真はネットでも見られるので、

興味がある人は「バードカフェ フィギュア」

などと検索して調べてみよう。

 

 

 

バードカフェという名の色んなお店!オアシス、とりん家、小哲の部屋…鳥とふれあえるカフェをご紹介

 

ここまでバードカフェの

おせちについて紹介してきたが、

同じ名前のお店があるのをご存じだろうか。

 

ここではバードカフェという名の

色んなお店を紹介していこう。

 

 

まず一つ目に紹介するのは、

「バードカフェ 小哲の部屋」。

 

インコやモモンガ、フクロウなど

様々な小鳥とふれあえる。

 

 

ハリネズミなどの小動物もいるので、

とても癒される空間だ。

 

 

入場料金は、平日1時間で900円、

土日祝日は50分で1,100円。

 

小中高生に限り300円割引で入場可。

 

 

料金内にはドリンクおかわり自由が含まれる。

 

 

バードカフェ小哲の部屋では、小鳥たちと

ふれあいながら写真撮影をすることも可能なので、

是非一度訪れてみてもらいたい。

 

 

次に紹介するのは、

「バードカフェ オアシス 鳥とふれあえるカフェ」。

 

 

バードカフェオアシスでは、

鳥とのふれあいが中心となっており、

口コミで大好評。

 

 

バードカフェオアシスの料金は

時間制となっている。

 

最短の滞在可能時間は30分で、

最長の場合は180分。

 

 

また、バードカフェオアシスでは

料金を払えば、延長して

滞在することも可能。

 

バードカフェオアシスの

詳しい料金プランについては、

各自ネットで調べてもらいたい。

 

 

バードカフェオアシスの口コミや

ホームページ、ブログ記事なども

参考にしてみよう。

 

 

鳥が好きな人なら一度は

訪れておきたいお店が、

「バードカフェ とりん家」。

 

 

バードカフェ とりん家は、新潟市にあるお店で、

鳥とふれあいながら美味しいコーヒーや

ケーキを味わうことができる魅力的なお店。

 

アットホームな雰囲気で、

毎日通いたくなるような場所。

 

 

是非一度訪れてみてもらいたい。

 

 

 

バードカフェで検索される色んな地名、鶴見、南千里、大阪、千歳、横浜…それぞれどの「バードカフェ?」

 

バードカフェで検索すると色んな地名や

お店が出てくるので、どのバードカフェなのか

分からなくなる場合がある。

 

 

鶴見や大阪、千歳に横浜など、

それぞれどのバードカフェなのか

詳しく紹介していこう。

 

 

バードカフェで検索すると、

大阪の鶴見にある

カフェレストランがヒットする。

 

 

このレストランは

「Bird(バード)」というお店で、

チキンカレーやドーナツなどが人気。

 

口コミでも好評でドーナツが

モチモチしていて美味しいとのこと。

 

 

バードカフェで検索すると、

千歳市にあるカフェがヒットする。

 

 

千歳市にある「ザ・バードウォッチングカフェ」は、

写真家の嶋田忠のフォトギャラリーと

併設しているユニークなカフェ。

 

野鳥観察や撮影を楽しみながら、

美味しいランチも味わえる贅沢な場所。

 

 

「バードカフェ 横浜」の

検索結果で出てくるのは、

スカスカおせちのバードカフェ。

 

バードカフェ横浜店に関する話題が掲載されている。

 

 

最近は野鳥とふれあえる

バードカフェが人気急上昇中。

 

事前予約などの情報を仕入れて、

野鳥とふれあいたい。

 

 

バードカフェのレストラン、

南千里の「bird tree」は予約が必須だ。

 

数あるバードカフェの中で、

南千里のお店は混雑しているので、

事前予約を忘れずに。

 

 

バードカフェ とりん家の駐車場は

4台までとなっている。

 

休日に出かける場合は周辺の

コインパーキングを調べておくとよいだろう。

 

 

 

まとめ。バードカフェのおせちとバイトについて

 

バードカフェのおせちは色々な意味で話題を集めたが、

食中毒が発生しなかったことは

不幸中の幸いだと自分は思っている。

 

特に、おせちの作業風景の

写真を見ると恐怖を感じてしまう。

 

 

今後こういった騒動が起きないよう、

食に携わる人に願いたいところ。

 

 

同時に、クーポンサイトの運営側にも

責任があるのではないだろうか。

 

 

最後に今回の記事では、

ネット拡散の強さを

再確認することができた。

 

 

バードカフェのファンだった赤城。

自分と同じくシイタケ嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ