アドレスホッパーの持ち物…女性なら?迷惑とコロナ、定額の賃貸、アドレスホッパー住民税、荷物など。市橋と仕事、住民票は?


 

アドレスホッパーは魅力的な生き方だが、

身軽でいる必要があるので持ち物が気になる。

 

ただ、日本なら預かりや送付サービスが豊富なので

実は全然困らなかったりする。

 

 

アドレスホッパーのより詳しい情報、

オンライン収入を得ながらアドレスホッパーとして生きる

具体的な方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

アドレスホッパーとは最近

聞くようになった言葉だが、

ピンとくる人はまだ少ないだろう。

 

 

そこでこの記事では、アドレスホッパーと

アドレスホッパーの持ち物などを紹介する。

 

 

 

アドレスホッパーとは?女性の持ち物(荷物)は

 

アドレスホッパーとは、

賃貸物件や持ち家など固定の住所、拠点を持たず

様々な土地を移動しながら生活をする人々の総称である。

 

アドレスホッパーの語源は、

アイランドホッピングという、島を転々と

移動するというところから由来するものである。

 

 

アドレスホッパーは様々な場所を

短期間で転々とするため、

一人暮らしのような持ち物は多すぎる。

 

身を軽くして移動しやすくするためにも、

持ち物は少なくしなければならない。

 

 

そういう意味では女性は男性よりも

荷物が多い傾向にあるので、

アドレスホッパーには少し不向きである。

 

 

しかし、最近アドレスホッパーという

生き方が増えてきている。

 

自分の荷物などを保管できる

貸倉庫サービスなどもあり、

そのサービスを利用している人もいる。

 

 

 

アドレスホッパーは迷惑?コロナでどうなった?

 

アドレスホッパーは決まった家を持たないという観点から、

住居にかかる費用や家具家電光熱費なども

不要になるためメリットもある。

 

 

それ以外にも、家を購入したあとだと避けられない

隣人トラブルなども、賃貸でも起こりうる問題。

 

だが、アドレスホッパーなら身軽なので、

何か起きた時には違う場所へ移動すればいい。

 

 

人付き合いなどが苦手などの理由で

アドレスホッパーになる人もいる。

 

様々な土地にい気軽にいけて、

色々な人生経験が積めるという理由で

アドレスホッパーになる人もいる。

 

 

アドレスホッパーもコロナの影響を受けている。

 

主な宿泊先だったホテルや

ネットカフェなどが営業をしなくなった。

 

 

行き場をなくしたアドレスホッパーが

知人の家に行き、迷惑に感じている人もいる。

 

 

 

アドレスホッパー、定額の賃貸が活躍?

 

アドレスホッパーは毎日違う宿に行けて、

色々なところに宿泊できるのも魅力である。

 

だが、一定期間同じところにいることで、

毎日宿泊先を手配する手間を省ける。

 

 

マンスリーマンションなどで定額の賃貸や、

ゲストハウスなどにも定額システムなどがある。

 

そのシステムを利用することで、

1か月はここにいて、

1か月後また別の場所へということもできる。

 

 

全国にそのような

定額システムの宿泊施設が展開されおり、

検索するとすぐに見つけられるだろう。

 

 

今日の寝床の心配をしなくてもよいので、

アドレスホッパーには

人気サービスになっている。

 

 

一定期間いることで、

郵便物などの受け取りも

スムーズである。

 

 

大体、定額サービスの相場は

土地柄変動はあるが、

月額4万から9万くらいの幅である。

 

 

 

アドレスホッパー住民税!税金や住民票など

 

様々な土地を移動する

アドレスホッパーの住民票は、

どこにおくかは人によって違う。

 

行く先々で住民票をいちいち

登録しなおすわけにもいかない。

 

 

自由に様々な場所で生きていきたい

アドレスホッパーにとって、

一番ネックな問題である。

 

 

一番多い例でいうと、

実家に住民票を置いている人が多い。

 

アドレスホッパーでも住民税は払わないといけないため、

実家に住民票をおき、そこにいるという扱いになるので

住民税を払うというのが多くなっている。

 

 

あとはシェアオフィスなどを持っていれば、

そこに住民票をおけるのでそれで、

住民税の支払いをしている人もいる。

 

しかしシェアオフィスにも、

場所としての支払いが生じるので、

実家に住民票を登録するほうがメリットは大きいだろう。

 

 

 

アドレスホッパーの市橋って?仕事は?ホームレスなの?

 

アドレスホッパーとは2018年ごろ、

市橋正太郎氏と仲間たち4人で作った言葉である。

 

仕事をしないと誤解があるが、

ポジティブに自由に住むところを選び、

移動するという言葉として世間に浸透しつつある。

 

 

ホームレス同じなのではないか、

と思われがちではあるが、

ホームレスとは違う。

 

 

ノマドワーカーなどが、仕事や生活の拠点を

様々な場所に移しながら生活するのが、

アドレスホッパーの定義としている。

 

 

このアドレスホッパーが世間に認知される

きっかけにもなったのは、マツコ会議という

テレビ番組で取り上げられたことが大きい。

 

 

一つの場所に出社しなければいけない会社員ではなく、

ノマドワーカーであれば、インターネット環境さえ

整っているところであれば、仕事や生活に困らない。

 

 

 

まとめ。アドレスホッパーの持ち物について

 

コロナの影響で在宅勤務が

あらゆる職種で増えた。

 

 

そこで新しい働き方として、

わざわざ出社しなくてもいいという

ノマドワーカーが増えた。

 

そこからひとつの拠点で生活をするということに

疑問を持つ人が増えたことも事実である。

 

 

アドレスホッパーのような自由な働き方、

生活様式の選択しが増えることは良いことだ。

 

 

アドレスホッパーとして、ADDressをフル活用して

気楽に暮らす城本。

 

自分と同じく金髪美女に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ