抑揚がない原因!声に感情が乗らない、抑揚のない話し方の改善…声に抑揚がないと言われる?心理(抑揚のない声や抑揚がない人)など


 

抑揚がない原因は、感情表現ができていないこと。

 

感情を込めて話せば、抑揚は自然に生まれる。

 

 

伝わる話し方のポイント、

人間関係に惑わされず

自宅で完結する安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

あなたは人と話をする時、

どんなことに気を付けて

話をしているだろうか。

 

 

例えば感情を込めて話をする、

はきはきとした口調で相手と話をするなど。

 

 

中には、話し方に抑揚がなくて、

感情が乗らない話し方をする人もいる。

 

 

抑揚がない原因や話し方は、

自分ではなかなか

気づけないので厄介だ。

 

他人から抑揚がないと指摘されて、

初めてその原因に気づくことも多い。

 

 

では、抑揚がない原因を

解決するためには

どうすればいいのだろうか。

 

今回は、抑揚がない原因を解決する方法や、

人を引き付ける話し方を紹介する。

 

 

 

声に抑揚がないと言われる…抑揚がない原因は?抑揚のない声、抑揚がない話し方…抑揚ない理由

 

抑揚がない話し方や原因は、

他人に指摘されて

初めて気づくことが多い。

 

声に抑揚がないと指摘されても、実際

どうやって改善すればいいのか分かりにくい。

 

 

声に抑揚がない人の場合、

感情を込めずに事実だけを

淡々と話していることが多い。

 

 

抑揚がない声とは変化がない声のことで、

淡々とした話し方では

相手に話が伝わりにくい。

 

また、抑揚がない話し方や抑揚がない声は、

その人の性格や心理などとは関係がない。

 

 

声に抑揚がない理由は、

簡単に言ってしまうと、

その人の話し方に変化がないから。

 

 

抑揚がない話し方を改善させるためには、

頭で難しく考えるのではなく、人と話をする時に

自分の感情を素直に盛り込みながら話をしてみよう。

 

 

抑揚がない話し方を改善させるコツとしては、

表情に変化を付けて話をする、言葉の間合いをとるなど、

相手を退屈させないような話し方をするのが効果的だ。

 

 

 

声に抑揚がない人!声に感情が乗らない人の特徴

 

声に抑揚がない人の特徴は、

話すスピードが一定で変化がないこと。

 

人と話をする時に感情が乗らないので、

棒読みのような話し方になってしまう。

 

 

変化のない話し方では相手が退屈してしまい、

こちらの話が伝わりにくくなる。

 

話すスピードや声の大きさに変化がないと、

相手がこちらの話をしっかり聞こうとする

意識が消えてしまう。

 

 

もう一つ、声に抑揚がない人の特徴として挙げられるのが、

話の中で何が一番重要な話題なのかを

しっかり伝えられないということ。

 

声に抑揚がない人は話すスピードが一定なので、

話を聞いている相手が重要な話題を

聞き逃してしまうのだ。

 

 

相手に必ず伝えたい重要な話題は大きく、

重要ではない話題は小さくするなどと、

強弱をつけて話をしてみよう。

 

そうすることで、相手はこちらの話に

集中して聞こうとするし、話の内容を

聞き逃さないようにしてくれるはずだ。

 

 

 

抑揚のない話し方を改善!抑揚ない話し方…声の抑揚がない。抑揚のある話し方とは?

 

抑揚のない話し方や特徴について紹介してきたが、

声の抑揚がないのを改善させるためには、

具体的にどうすればいいのだろうか。

 

 

話すスピードや声の大きさに

変化を付けるのはもちろん大事なことだ。

 

それ以外にも、口を大きく開いて話をする、

腹筋を使って話をするなどがある。

 

 

口を大きく開いて話をするということは、

意識的に声の大きさを変化させることにも繋がるので、

抑揚のある話し方ができるようになる。

 

 

相手と話をする時には口を大きく開いて、

お腹の中から声を出すようにすると、相手が話を

聞き取りやすくなるので、声の抑揚がないのを改善できる。

 

 

抑揚のない話し方を改善したいのであれば、

人と話をする時には相手の目を

しっかりと見て話すことも大事。

 

相手の目を見て話すということは、

「あなたに面と向かって話をしている」

という前向きな姿勢を見せることに繋がる。

 

 

 

喋り方に抑揚がない…抑揚のない話し方の心理とは

 

繰り返しになるが、

喋り方に抑揚がないのは、

話し方に感情がこもっていないから。

 

ただ自分の身に起きた事実だけを話すのではなく、

その時に感じたことや嬉しかったことなど、

様々な想いを相手に伝えるようにしよう。

 

 

相手と話をしている時は感情に結び付いた事実を伝え、

こちらの話を聞き取りやすくする

空間を作り出してみよう。

 

 

話し方に感情がこもっていると、

自然と躍動感が生まれ、話題そのものが

楽しくて素敵なものへと変化していく。

 

 

普段は感情がこもった話し方ができる人でも、

人が大勢集まっている場所では、

抑揚がない喋り方になってしまう人もいる。

 

 

大人数の場面では、自分の発言によって

周囲から責められるという心理が働き、その恐怖心のせいで

抑揚がない話し方になってしまう人がいるのだ。

 

 

 

まとめ。抑揚がない原因について

 

抑揚がない原因について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

抑揚がない原因や話し方は、

他人から指摘されて

初めて気づくことが多い。

 

 

抑揚がないことに

自分で気づけないというのは

少し厄介ではある。

 

他人から指摘されたことに感謝をして、

あなた自身の話し方を変えてみよう。

 

 

決して上手な話し方をマスターする必要はない。

 

 

・感情を込めて話をする

 

・話し方に変化を付ける

 

・表情を変えて話をする

 

 

など、今回紹介してきたコツを活用しながら、

人と楽しく話をするように心がけてみよう。

 

 

抑揚がないことをやはり気にしていた邦芳。

自分と同じくガチャピンファンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ