プレゼンに失敗、恥ずかしいから落ち込む?プレゼン失敗したら立ち直る方法…発表で失敗して恥ずかしいなら


 

プレゼンに失敗して、

恥ずかしい思いをしたことがある人は多いが・・・

 

そのコツを学んで実行しても

人は失敗し、また落ち込んでしまう。

 

 

そこでこの記事では、

そんな時、どうやって立ち直ったらいいか。

 

どうやってメンタルを保てばばいいのか、

情報をお伝えする。

 

 

 

発表やプレゼン失敗した…恥ずかしい?落ち込む理由

 

 

 

自分も大勢の前で話をする機会があったが、

途中で頭の中が真っ白に

なってしまったことがある。

 

 

周りのフォローで何とか助かったが、

あとから恥ずかしく思った。

 

あんなに練習を重ねたのに、

失敗してしまうなんて

情けないと落ち込んだ。

 

 

書店や図書館には、プレゼンのやり方や、

うまくいく発表のコツなどを書いた本が、

たくさんならんでいる。

 

だがそれは、

どうすれば失敗しないかという

アドバイスである。

 

 

失敗してしまった後に、

どうやって立ち直るかなどのフォローは

ほとんど書かれていない。

 

あくまで失敗をさける

コツが書いてある。

 

 

発表やプレゼンで、

失敗してしまった。

 

そして、

恥ずかしいと落ち込む。

 

 

誰だって、今後の仕事を左右する

プレゼンや発表であれば気合がはいる。

 

 

前もって、時間をかけて

作った資料は完璧。

 

そして話す内容も考えて、

何回も練習を重ねてきた。

 

 

自分では、プレゼンは

うまくいくと思っていた。

 

でも、時には思い通りにいかず、

失敗してしまうことはあるだろう。

 

 

例えばどんなミスを

してしまったのか。

 

 

・会場の雰囲気にのまれ、思ったことが言えなかった

 

・緊張して声がうまく出せなかった

 

・相手がつまらないというような表情で聞いていた

 

・資料にばかり集中してしまい、自分の思いが伝わらなかった

 

・最後まで一方的に話して終わってしまった

 

 

このように、

ミスしたポイントが

どんどんと出てくる。

 

これだけ自分の反省点が出てくるのは、

自分を客観的に見ることが

できている証拠だとも言える。

 

 

しかし、やはり本人として

失敗は失敗。

 

落ち込んでしまうのだ。

 

 

 

 

 

プレゼンで失敗、立ち直るには?

 

プレゼンで失敗して、

嫌な思いが頭からはなれない。

 

どうしたらよいのか。

 

 

頭から離れないというのは、

そのことばかり考えている証拠だ。

 

 

まずは、

終わったことは

忘れることだ。

 

終わってしまった結果は

変えられないので、

頭をきりかえる。

 

 

自分が気にしていることは、

意外と他人は

何とも思っていないことが多い。

 

 

そして、友人や同僚に話し、

気持ちを聞いてもらうのも

立ち直る方法の一つだ。

 

共感してもらうことで、

心が落ち着き、

失敗を受け入れている自分に気づく。

 

そして、気持ちを

切り替えることができる。

 

 

すっきりとしてきたところで、

なぜ失敗してしまったかを

具体的に考えてみる。

 

 

同じ失敗をしないようにメモをとり、

次のプレゼンや発表に活かす。

 

 

失敗は次への成功の元だ。

 

失敗は大事なのだという

捉え方をするのがよい。

 

 

 

まとめ。プレゼンに失敗して恥ずかしいときは

 

失敗は、どんなに注意しても

必ずおきるものだ。

 

とくに、

新しいことをやろうとすると、

まず確実に失敗する。

 

 

ただ、失敗したあとの対処を

きちんとすることで、

次の失敗をふせぐことができる。

 

 

失敗を恐れるあまりに、

新しい挑戦をしないのはどうなのか。

 

社会全体が新しいことに

チャレンジできないのは、現在の閉塞感に陥っている日本を

元気にできないということだ。

 

 

老人がよく「1年が過ぎるのが早い」というのは、

1年の間に新しいことが何もなかった

という意味だと考えられる。

 

 

失敗はあるが、

新しいことに挑戦する人生は長く、

失敗のない人生は短い。

 

 

平坦な短い一生を送るか、

ワクワク・ドキドキのある充実感のある長い一生を送るかは、

まさに失敗をさけるか、それとも真正面から向き合って生きるかだ。

 

どちらかを選ぶのは個人の自由だが、

後悔の無い選択をしていきたい。

 

 

プレゼンに失敗した経験を語っていた目黒。

自分と同じく太った日本猫が大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ