家事をしても感謝されない人!妻など誰にも感謝されない?家事をしない夫の心理…旦那期待しない方法。感謝されたくない?


 

家事で感謝されないのは、

 

家事自体が誰でもできる簡単な作業

価値を生み出すものではない・・・

 

そう軽んじられているから。

 

 

人から感謝される人間になるヒント、

成長しながら経済的自由を得る具体的な方法は

以下の無料ニュースレターより。

 

ご相談もいつでもお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

家事をしたら、家族から

喜んでもらえるはず。

 

誰でもそう思うだろうが、

実は、せっかく家事をしても

感謝されない人がいる。

 

 

なぜ感謝されない人がいるのか、

理由がいまいちよく分からない。

 

 

そこで今回は、家事をしても

感謝されない人の特徴や

原因についてお伝えする。

 

ぜひ参考にして、あなたは

感謝される人になってほしい。

 

 

 

家事に感謝されない!家事をしても感謝されない理由

 

家事をしても感謝されない理由は、

家事をするのが当たり前だと

思われているからだ。

 

 

家族で生活していたら、

家事をするのは息を吸うのと同じ。

 

 

食事をしたら、お皿を洗う。

 

服を着たら洗濯して乾かす、

というのはセットなのだ。

 

 

簡単な家事ほど、

感謝されない傾向にある。

 

 

調味料のストックを補充する、

ごみ出しをするなど。

 

名前のない家事は、

存在に気づいていない

家族も多いので感謝されにくい。

 

 

自分も実家にいたころは、

食事の時間になると、

食事が出てくるのが当たり前。

 

部屋はきれいに掃除されていて

当たり前の生活を送っていた。

 

 

しかし、自分で生活するようになると、

その当たり前を作り出すのにどれほどの

労力がかかっていたのか思い知ることになった。

 

 

 

妻にも?誰にも感謝されない人

 

妻はもちろん、

誰にも感謝されない人の特徴は、

自分なりの理想で行動していることだ。

 

 

「こんなに頑張っているのに誰も感謝してくれない」

 

そう思っている人は、自分の行動が

独りよがりであることが原因な場合もある。

 

 

どんなに自分が相手のためと思って行動していても、

相手があなたの行動を望んでいなければ、

ありがた迷惑なのだ。

 

 

今まで読んできて

「せっかくやってやっているのに、なんなんだよ」

と思った人は要注意。

 

誰でも、自分がしてほしくないことをされて、

おまけに感謝しろと言われて、

素直に感謝できるだろうか。

 

 

感謝されたければ、まずは

相手が望んでいることをする。

 

それが基本だ。

 

 

自分も相手に何かする時は

「自分が相手だったらその行動をして欲しいのか」

考えるようにしている。

 

 

 

家事をしない夫の心理って?

 

家事をしない夫の心理の1つとして、

家事は妻の仕事だと

思い込んでいる人がいる。

 

昔の考え方と思いきや、意外に今でも

そのように考えている男性はいる。

 

 

自分の母親が専業主婦だった

男性に多い考え方だ。

 

 

2つ目は、単に

妻に甘えているタイプだ。

 

妻が、夫に甘えられるのが心地よく、

なんでもやってあげたい

と思う人ならば、問題ない。

 

 

だが、夫の甘えをだんだんと

不快に思うケースもあるので注意したい。

 

 

3つ目は、家事をしても、

妻にダメ出しされるので、

家事をしなくなるタイプだ。

 

自分は、このタイプの人が

結構多いと思っている。

 

 

しかし、3つ目の場合は、

とてももったいない。

 

夫はせっかくやる気持ちがあるのだから、

多少自分とやり方が違ったり、

うまくいかなくても大目に見てあげてほしい。

 

 

 

旦那期待しない方法…旦那に期待しない方法でおすすめは

 

家事を旦那に期待しない方法を取れば、

意外と問題は解決する。

 

おすすめは、

夫の気持ちに寄り添うこと、

夫のプライドを満たすことだ。

 

 

まずは、家事を

したくない理由に寄り添おう。

 

妻側も家事はしたくないと思っているだろうが、

いったんは、夫側の気持ちを大切にすることで、

後で効果が出てくる。

 

 

男性は、自分のプライドを

大切にする人が多い。

 

夫のプライドをくすぐるような

提案を出してみてはどうだろうか。

 

 

例えば「家事をしてくれている間に、

美容院に行ったらキレイなれるし、

一緒に歩きやすくなるでしょ」と言ってみるのもひとつだ。

 

 

言い方ひとつで、夫の家事への

モチベーションを上げることはできる。

 

無駄に期待して裏切られるより、

現実的な解決策だ。

 

 

 

感謝されたくない?その本音は

 

感謝されたくない人の心理は、

感謝されたくてやっていると思われるのが嫌、

というのが本音だ。

 

幼い頃から、感謝されることに

慣れていない人に多い。

 

 

感謝されると、自分は何か見返りを期待して

行動したと思われているのではないか、

と心配になってしまう。

 

そんな風に思われたくないから、

感謝されたくない、と思っているのだ。

 

 

では、感謝されたくない人に

感謝を伝えるにはどうしたらよいのか。

 

 

自分は

「感謝を伝えられることにも、感謝をしている」

と伝えている。

 

「~してくれて、ありがとうございます。

また、お礼を言う機会もいただき、感謝しています」

のような感じだ。

 

 

少し白々しいが、見返りを期待していると

思われるのではないか、という

相手の心配を否定するのだ。

 

 

 

まとめ。家事で感謝されないことについて

 

・家事をしても感謝されない理由は、

家事は生きていく上で当たり前のことだから

 

 

・自分の理想だけで行動する人は、

誰にも感謝されない

 

 

・家事をしない夫の心理は、

家事は妻の仕事だと思っている、妻に甘えている、

家事にダメ出しされてやる気を失っている、の3タイプ

 

 

・夫に期待せず、

夫の気持ちに寄り添うこと、

プライドを満たすことを意識する

 

 

・自分は見返りを期待していると

思われているのではないか、と

感謝されたくない人もいる

 

 

奥さんから感謝されないと嘆いていた明彦。

自分と同じく、とてもシイタケが嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ