コミュニケーションの失敗例!コミュニケーション改善と会話の失敗例…コミュニケーション失敗例を具体的に紹介


 

コミュニケーションの失敗例で多いのは、

良い人に思われたい、嫌われたくないがために

誰にも響かない主張」をしてしまうこと。

 

いわゆる八方美人は、特にこれからの時代

生き残れない人種の筆頭だ。

 

 

コミュニケーションスキルの本当の磨き方、

人間関係に惑わされない在宅収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

普段から相手とコミュニケーションがうまくできない人は、

自分の現状を振り返る機会が少なく

その失敗例に気づかないことが多い。

 

 

そこで今回は、よくある

コミュニケーションの失敗例をあげていこう。

 

簡単にできる改善方法も

紹介しているので参考にして欲しい。

 

 

 

コミュニケーションの失敗例!会話の失敗例、コミュニケーション失敗例とは

 

実際によくある具体例をあげてみた。

 

 

ケース1

 

コミュニケーションの失敗で

よくあるケースだ。

 

 

相手に評価されたいと思い、

あれこれ考え過ぎてしまう。

 

いざ話す段階になり、

話す内容が飛んでしまい

頭が真っ白に。

 

 

緊張しすぎて起きる原因だが、

仕事でよくあるケースだろう。

 

 

ケース2

 

「質問は何かありませんか?」

 

新人の頃、

こんなやり取りを

することがあるだろう。

 

 

質問したいが、

分からないことが分からない。

 

そんな状態の中、

無理に聞こうとして

的外れの質問をしてしまう。

 

 

ケース3

 

初対面の相手と会話をしていて、

何を話していいか分からず

言葉に詰まり沈黙が続く。

 

 

その原因は

相手のことを知らないから

話題が見つからない。

 

だから話題を振れず

気まずい雰囲気に。

 

 

普段からあまり人と

コミュニケーションを取っていないと

多いケースだろう。

 

 

ケース4

 

相手の触れて欲しくない

部分に触れてしまい

激怒させてしまった。

 

 

営業など目上の人との

やり取りでこれをすると、

契約破棄など状況によってはおおごとに。

 

この場合、相手がどうして

怒ったのか分からないため

フォローもできない。

 

 

当然、周りはもっと

理解不能で対応不可。

 

 

きっと、過去において

どれか経験があるのでは。

 

失敗するとよけいに

コミュニケーションを取るのが怖くなり、

消極的になってしまう。

 

 

そんな人も多いかもしれないが、

上記のケースは

内容が違う失敗にみえて共通点がある。

 

 

それは想像力の欠如。

 

あらかじめ、

どうなるか想定せずに

会話をするからおかしくなる。

 

 

要するに

相手が話しやすいように

話題を振っていけばいい。

 

 

それができれば苦労しない。

 

そうは言っても、

どうすればいいか分からない。

 

 

そんな人のために、

誰でもできる

改善方法を伝授していこう。

 

 

 

コミュニケーション改善…具体的な方法は?

 

コミュニケーションの基本は、

相手が話しやすいように

会話を仕向けること。

 

 

普段から人とコミュニケーションを

取る難しさを感じており、

改善方法を探しているなら以下を意識してほしい。

 

とても簡単にできる方法だ。

 

 

大きく分類すると

2つになるが、

自分も使っている。

 

 

1つ目は会話スタイル

 

相手のことを知らないと

何を話していいか分からない。

 

そんなときは、

相手が話した内容を

引っ張ってみると良い。

 

 

例えば

「私は無趣味で毎日、自宅と会社の往復なんです」

と相手が答えてくる。

 

そこで相手の会話の情報から

「自宅」というワードを引っ張り、

「自宅はどこですか?」というように質問していけばいい。

 

 

これだと、何を聞けばいいのか考えず

無限に会話を続けることが可能になる。

 

キャバクラで話すような

会話マニュアルは不要。

 

 

2つ目は正直さと自然体

 

会話をするとき、

相手の反応を気にしないこと。

 

それよりも大切なことは、

相手に自分の意思を

正しく伝えることだ。

 

 

だから、知らないことは

知らないでいい。

 

 

分からないことがあったらと聞かれて、

分からないことが浮かばない。

 

それなら

「分からないことが浮かびません」と

ハッキリ伝えれば済むこと。

 

 

目先の不安や損得感情にとらわれると、

ちぐはぐな対応になりやすい。

 

 

注意点だが、

話の腰を折らないことも大切。

 

相手が話している途中で

会話を遮断しないこと。

 

 

少しテクニックが要るが、

無駄話や不快な話題は会話を遮り

変えてしまってもいいだろう。

 

特に複数で

コミュニケーションをしているときは

状況によっては出てくる。

 

 

 

まとめ。コミュニケーションの失敗例について

 

コミュニケーションは慣れ。

 

失敗しながら

コツをつかんでいくから、

恐れずに会話をしていくこと。

 

 

相手の人格否定さえしなければ、

大きな問題にはつながらない。

 

生きていくうえで

コミュニケーションは必須だから、

苦手意識を持たずにトライしていこう。

 

 

コミュニケーション能力に自信があると語る中山君。

自分と同じロボコンファン(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ