フィリピンで屋台ビジネス!フィリピン屋台を始めるなら…現地在住者が紹介


 

フィリピンで屋台ビジネスを考えるなら、

先にテストマーケティングを必ず行うこと

を必須としたい。

 

「日本よりコストが抑えられる」程度の考えだと

貴重な時間とお金を無駄にする。

 

 

リスクのないフィリピン起業のコツ、

フィリピンに住んでも尽きない安定収入を得る手段・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンで個人的にビジネスをする場合、

まず思いつくのは屋台ビジネスだ。

 

 

というのも、フィリピンでは食に関する商売が一番手堅く、

屋台の文化も根付いているので、一番成功しやすい。

 

また、お店を構えるよりは安く始められるし、

ロケーションの問題も移動できるメリットで

解消できるのが魅力的だ。

 

 

この記事では、フィリピンでの

屋台ビジネスについて紹介する。

 

 

 

フィリピンで屋台ビジネス、何がいい?

 

屋台ビジネスは、

日本では流行らないが

フィリピンでは人気が高い。

 

 

実はフィリピンだけでなく東南アジアでは

食事といえば外食が一般的で、

自炊という感覚が日本ほど高くない。

 

かといってお店の料理は高いので、

毎日通っていてはお金がもたない。

 

 

そこで役に立つのは安くて

ボリュームのある屋台だ。

 

フィリピンをはじめ、東南アジアでは

屋台は毎日の食事に欠かせない存在になっている。

 

 

日本で屋台といえば、

クレープなどのスイーツや

焼き鳥やたこ焼きなどの間食が主流。

 

だが、フィリピンではスイーツや飲み物はもちろん、

朝昼晩の食事も屋台で食べることができ、

ジャンルが多様だ。

 

 

フィリピンで屋台を始めるとして、

意外におすすめなのがジューススタンド。

 

日本人の感覚では、食べ物の方が魅力的かもしれないが、

フィリピンでは自動販売機がそれほど普及していない。

 

飲み物を屋台で買うというのが一般的なのだ。

 

 

飲み物という点では、

コーヒーも最近では人気が高い。

 

 

大手コーヒーショップのスターバックスも

フィリピンにはあるのだが、

そこはアメリカブランド。

 

値段が高いのでそんなに

頻繁に行くこともできないので、

ローカルで安価なコーヒーも人気が高まっている。

 

 

そして、食べ物でも意外にパンが狙い目だ。

 

フィリピンは米食文化のイメージが強いが、

パンも割合食べられていて、

現地の人のニーズもそれなりに高い。

 

 

ただ、パンはその場で調理するのではなく、

仕込から焼き上げと時間をかけて

準備する必要がある。

 

他の屋台とは別物と考えた方がいい。

 

 

パンの屋台で成功するには、

それなりの経験と十分な準備が

必要になるだろう。

 

 

 

フィリピン屋台を始める条件

 

フィリピンで屋台をすると、

儲かる可能性が日本よりも高そうで

魅力を感じる人も多いはず。

 

だが、やはり外国でのビジネスは

それなりにハードルが高い。

 

 

フィリピンでのビジネスにも

外国人が始めるには条件がある。

 

 

まず最初に気をつけたいのが資本の問題だ。

 

 

日本の資本でビジネスをはじめる場合、

会社設立の業態になり、この場合には

最低資本金が20万USドル必要になる。

 

個人でビジネスをするレベルでは、

これだけ高額な資金は現実的ではないだろう。

 

 

ではどうするかとなると、

個人事業主という形だ。

 

 

条件的にはハードルがグッと下がるのだが、

フィリピンでは代表者が外国人では不可である。

 

そのため、現地のフィリピン人に

お願いすることになる。

 

 

つまり資金を提供して現地の人に

名義を貸すということで、実質的なオーナーには

なれないということだ。

 

 

日本で生活していて、現地に信頼できる

フィリピン人の協力者を作るのは難しい。

 

やはり前もって現地で

人脈を作るなどの活動は欠かせない。

 

 

注意点は、オーナーではないため、

運が悪ければ事業の乗っ取りや、

営業途中での代表辞退などの可能性もあるということ。

 

ビジネスの成功には商売の

やり方だけでなく人との信頼も重要だ。

 

 

 

まとめ。フィリピンの屋台ビジネスについて

 

フィリピンでの屋台ビジネスについて紹介した。

 

 

食に対する関心は高く、日本と違って

若年層の多い人口構成である。

 

将来的にも活発な経済活動が見込め、

とても魅力的な市場といえるフィリピン。

 

 

ただ、良くも悪くも日本人とは

考え方が大きく異なるので、

現地のニーズは正確に調査しておきたい。

 

 

パサイで時々遊ぶ神代。

自分と同じフェミニストだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ