教育移住で失敗!マレーシアやオランダへの教育移住の失敗、海外移住と教育について移住者が語る


 

教育移住の失敗でよくあるのは、学校選びの間違い

 

下手な学校を選んでしまうことで、

バイリンガルになるどころか

日本語すら中途半端になってしまうのは怖い。

 

 

教育移住の失敗を避ける秘訣、

海外に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

自分の子どもを世界で活躍できる

大人に育てたいと願う親が増えている。

 

日本で小さいころから英語を

勉強させたりする家庭も多い。

 

 

が、現地でネイティブな刺激を受けることが

一番手っ取り早いのは周知の事実であろう。

 

そんな傾向があり、「教育移住」という

言葉が取り上げられることが増えている。

 

 

今回は、教育移住で

失敗しないための注意点を紹介したい。

 

 

 

教育移住で失敗する理由は?海外への移住と教育

 

グローバルな子どもに育って欲しいと、

海外で教育を受けさせたいと思う親が増えている。

 

海外留学なんで金持ちしかできない事、

という考えも最近では古いらしい。

 

 

短期間の留学が可能な学校も増え、

富裕層だけでなく、サラリーマン層でも

海外留学が可能になってきている。

 

 

母子留学をする家庭も増加傾向にある。

 

 

父は日本で仕事をしながら、

海外で勉強する子をサポート。

 

母は子どもと一緒に

海外移住をして子をサポートする。

 

 

しかし、失敗する例も少なくない。

 

 

教育移住で失敗する大きな理由の一つは、

現地のことを知らずに移住をするパターンだ。

 

これはほぼ失敗すると言っても良い。

 

 

ネット社会で情報は山のようにある。

 

しかし、移住先の雰囲気や様子を、

実際に自分の肌で感じることは

どんな情報よりも重要である。

 

 

移住先が自分に合っているか、

子どもに適しているかは、実際に

自分の感覚を頼りにするのが一番である。

 

 

 

マレーシアに教育移住…マレーシアで失敗?

 

欧米に比べて割安であり、

治安も良いという理由でマレーシアへの

教育移住が注目されている。

 

 

割安と言っても、一年にかかる費用が

小学校で約150万円、中学校で約200万円。

 

母子留学となると日本とマレーシアで

生活を維持するための費用もそこに上乗せされる。

 

 

教育移住を成功させるために必要な資金があっても、

夫婦間でしっかりと子育て、教育について

考えをまとめておくことが最も重要になる。

 

 

・現地の気候は子どもに合っているか

 

・食文化や雰囲気は馴染みやすいものか

 

・マレーシアの学校で子どもに

受けさせたい教育をしている学校があるか

 

 

下調べも十分すぎるほどにしておかなければ、

行ってから馴染めなかったと後悔しても遅い。

 

 

自分の知り合いの家族が旅行でマレーシアに行って、

子どもの食事が口に合わず大変だったという話を聞いた。

 

食べたいのに食べれるものがない状況は辛い。

 

 

先にも書いたが、やはり最重的な判断は

自分の感覚を信じるしかないのである。

 

 

それには現地の事を知るために、

留学前にマレーシアに短期間でも

滞在してみることをおすすめする。

 

 

自分の大切な子どもの将来を

左右する決断である。

 

失敗で終わらせないためには、

十分すぎる準備が必要不可欠である。

 

 

 

オランダに教育移住!注意点は?

 

教育移住先として、

オランダも人気の一つである。

 

オランダは子どもの幸福度の

高い国としても有名である。

 

 

オランダへの教育移住のメリットとして、

子どもの遊び場が多いところ。

 

企業ビザ組の日本人は大学まで

学校が無料なところが挙げられる。

 

 

しかし注意点もある。

 

 

まずは、オランダ語についてである。

 

オランダで暮らすと子どもは自然と

オランダ語を覚えるであろう。

 

 

が、オランダ語はとてもマイナーな言語であり、

日本語を使える人口よりも少ない。

 

 

オランダで起業した個人事業主の子どもは

大学まで無料で教育を受けられるが、

事業が上手くいかなくなるリスクもある。

 

帰国をせざるを得ない状況が

訪れることも考えなければならない。

 

 

そのために、日本語の勉強も必要になってくる。

 

 

さらに、事業が上手くいき、

長期間滞在できた場合でも注意点はある。

 

それは子どもが大学進学の時期になった時である。

 

 

オランダの大学進学率は

わずか10%と言われている。

 

日本以上に大学進学へ向けての勉強は

厳しいものになるだろう。

 

 

事業で生き残ることも大変。

 

大学進学も大変。

 

 

こういった条件が付きまとうのが、

オランダへの教育移住であることを

知っておいて欲しい。

 

 

 

まとめ。教育移住に失敗する理由

 

自分の子どもには将来

あんなふうに育って欲しい。

 

そんな理想を思い描き、そこに家族で

協力し進んでいくことはとても素晴らしい。

 

 

失敗を恐れず家族で色んな事に

挑戦していこうとする親の姿は、子どもにとって

何事にも変えることのできない財産になる。

 

 

もし失敗してもまた家族で

やり直せばいいのである。

 

 

まあ、お金に余裕があればの話だが。

 

 

マレーシアの教育移住で後悔する星田。

自分と同様、かつて自分に自信がなかった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ