ラトビアの永住権!ラトビア移住の後悔と仕事(看護師)、子連れについて紹介


 

ラトビアという国は

あまり日本人には馴染みがない。

 

バルト三国といえば

少しイメージがわくが・・・

永住権のことなどは情報が少ない。

 

 

そこでこの記事では

ラトビアへの移住、永住権について

文化や情勢を含めて、いくつかの情報を紹介する。

 

 

 

ラトビアの永住権は?条件について

 

ラトビアは旧ソ連の国だ。

 

EU圏でもあまり裕福な国ではないものの、

永住権が比較的取りやすく、

治安も良い方である。

 

 

ヨーロッパに移住してみたい

という人にとっては魅力的。

 

だが、旧ソ連とかヨーロッパの国であることくらいで、

具体的な文化や国民性など、

未知であることに変わりはない。

 

 

東ヨーロッパの北の方に位置する国。

 

町並みも美しく、

首都のリガは、旧市街が

ユネスコの世界遺産に登録されている。

 

 

そんな歴史的な町並みのあるラトビアは、

ヨーロッパの中でも

永住権が取りやすいことでも有名だ。

 

永住のメリットは、

なんといってもEU圏なので、

周辺国を自由に行き来できることだろう。

 

 

他の大陸ではいちいちビザの申請が必要でも、

ヨーロッパなら気軽に国を跨いだ旅が楽しめる。

 

それと、ヨーロッパの国の中では

不動産も含めて物価が安いので、

生活しやすい国でもある。

 

 

日本では考えられないくらいの広い土地や

大きな家が手に入りやすく、

これも魅力の一つといえる。

 

 

個人の永住権の条件は

 

・ラトビアの不動産を購入すること

 

・保障費用として約4,000万円を

5年間ラトビアの銀行に預けること

 

 

比較的不動産が

手に入りやすいとは紹介した。

 

だが、金額だけを見ると

結構な資産が必要だ。

 

 

就労ビザや、ラトビア人のパートナーを作るなど、

長期滞在ビザを取得して、

5年を経て永住権を申請する方が身近な方法。

 

 

もう一つ、長期滞在や

永住権取得で注意点がある。

 

 

ラトビアでの生活に

支障があると永住権取得は

難しいことだ。

 

 

永住権取得には、

ラトビア語の検定試験で

一定のレベルが求められる。

 

最低でも日常生活で、

現地の言葉に困らない程度の

勉強は必要だ。

 

 

長期滞在でなら資格は必要ないが、

やはり外国に住むには

言葉の問題は避けられない。

 

 

 

 

 

 

ラトビアに移住、デメリットは?

 

ラトビア移住で後悔しないためにも、

ラトビアに住むことになった場合の

デメリットも確認しておこう。

 

 

最初にハードルになるのは言葉の壁だ。

 

 

ヨーロッパをはじめ、

世界で通用するはずの英語は、

ラトビアではあまり通じない。

 

どうしてもラトビア語、ロシア語は必須で、

移住するなら言葉は必ず習得する必要がある。

 

 

次のデメリットは仕事について。

 

現地で生活となると、

どうしても就労する必要があるが、

当然ながら日系企業などはない。

 

 

元々就労状況が良くないので、

よほどのスキルでもないと

安定した仕事に就くのは難しい。

 

 

また、収入面も基本的に高額ではないので、

生活にかかる費用が安いとはいえ、

裕福な暮らしはできないと思ったほうがいい。

 

 

看護師などの専門職についても、

現地での資格取得が前提なので、

決してハードルは低くない。

 

 

また、ラトビアは地理的にかなり北で、

日本の北国の寒さとは桁違いだ。

 

生活する上での気候への対応も

十分に準備と覚悟をする必要があり、

寒いのが苦手な人はまず永住は難しい。

 

 

いずれにしても、

それほどお金を持っていない個人が、

ラトビアで永住権を取るのは難しい。

 

 

最も現実的な方法は、

ラトビアに永住している人の

パートナーになること。

 

長期滞在も永住権も

パートナーとその家族にも与えられる。

 

パートナーがラトビア人なら

ラトビア移住を子連れでも十分に可能だ。

 

 

 

まとめ。ラトビアの永住権について

 

ラトビアへの移住、

永住権について紹介した。

 

 

もともと日本では馴染みは薄いが、

町並みの美しさ、物価が安いなどの

メリットもあり、魅力的な国。

 

 

資産を多く持っているなら、

かなり良い条件を備えていて、

永住権取得も現実的だ。

 

しかし、一般の人には

中々手が出ない。

 

 

もし、本気でラトビアへの移住を考えるなら、

ラトビアの人をパートナーにして、

自然な形でその国で暮らすのがベターと言える。

 

 

ラトビアに住む方法を一生懸命調べていたケンゴ。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った変わり者(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ