ヨーロッパ移住の現実に後悔?老後の海外移住とヨーロッパ、仕事の資格(看護師)とおすすめの仕事探し…子連れと移住手続きなど


 

ヨーロッパ移住の現実として多くの人が思い知るのが、

その生活費の高さ

 

もといた日本がいかに安かったか、

身をもって知ることになる(笑)。

 

 

ヨーロッパ移住の詳細情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご質問もいつでもどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

海外移住に興味や憧れを持つ人の中には、

ヨーロッパに住みたいと望む人も多いだろう。

 

実際に移住している人もいるのだろうが、

日本人がヨーロッパに移住をした時、

生活はしやすいのだろうか。

 

 

移住をするためには、もちろん

仕事を探す必要が出てくる。

 

日本人でも雇ってもらえる

求人はあるのだろうか。

 

 

また子供を連れて

家族で移住となった場合は、

教育環境は整っているのだろうか。

 

 

ヨーロッパ移住の現実を見てみよう。

 

 

 

ヨーロッパ移住の現実…後悔とデメリット

 

ヨーロッパ旅行に行くと聞くと、

どんなイメージがあるだろうか。

 

自分はちょっと優雅で

リッチな旅のイメージをする。

 

 

やはりアジア圏とは

違いを感じる人は多いだろう。

 

街並みの違いや人々の雰囲気も違う。

食文化も違うのだから、新鮮さがある。

 

 

ヨーロッパ移住を考えたとき、

当たり前ではあるが、

移住手続きが必要になってくる。

 

 

その手続きは移住先だけではない。

 

日本での手続きが必要になってくる。

 

 

年金や税金、健康保険や

携帯や銀行関係はもちろんの事、

海外転出届などを行う事も必要だ。

 

 

また海外に行く際に

ビザの手続きも行う。

 

 

移住をするまでに

数々の手続きを行う必要があり、

後悔する人もいるとか。

 

 

いざ移住が始まっても、

言葉の壁や価値観の違い。

 

友人がいない寂しさなど現実を突きつけられ、

デメリットばかり目につき、

日本に帰りたいと後悔する人もいる。

 

 

また仕事や家を決める中でも、

日本との大きな違いを感じ、

辛さが倍増するようだ。

 

 

出発前のワクワク感、

憧れのヨーロッパ移住を夢見てたのが

ウソのように感じる人は多いのだ。

 

 

 

老後の海外移住、ヨーロッパはどう?移住におすすめの場所は

 

老後海外移住をしようと考えている人が多い。

 

だが、老後の移住先として

ヨーロッパを選ぶのは、

あまりおすすめされていなかった。

 

 

その理由の一つにビザの問題があるようだ。

 

 

ヨーロッパの中で

一番移住しやすい国は、

ドイツと言われている。

 

しかし、やはり老後の移住より、

若い世代での移住がおすすめされている。

 

 

移住するためのビザで、

ワーキングホリデーや就労ビザ。

 

現地の人との結婚で

永住権を得ることが、

比較的ビザがとりやすい。

 

 

だが、老後となると、

どれにも属せない。

 

 

退職者向けビザがある国もあるが、

行っている国は限られているのが現実だ。

 

 

ではヨーロッパ移住を

子連れでしようとした場合は、

ビザは取りやすいのだろうか。

 

子どもの年齢にもよるのだろうが、

移住する場合親が就労ビザになれば、

子どももビザを取るのは簡単だろう。

 

 

では子育てしやすい環境はどこの国か。

 

それはアイルランドと言われている。

 

 

アイルランドは出生率がヨーロッパで1番で、

国からの支援も子供への対応も良いのだそう。

 

自分だけの海外移住でも大変だが、

子連れとなるとさらに大変。

 

 

安心な情報のある国への

海外移住がしたいものだ。

 

 

 

ヨーロッパ移住、仕事の資格は?仕事探しについて

 

ヨーロッパへ移住を行う際に

仕事探しをする必要がある。

 

ヨーロッパで日本人が

仕事を探すのは、

簡単なことではない。

 

 

現地の言葉が不慣れだと仕事をするのは

難しいという事も1つの理由。

 

 

だが、ヨーロッパの会社が日本人を

どう働かせればよいか分からない

という部分のあるだろう。

 

 

日本企業がヨーロッパ進出していて、

そこに転勤という事なら問題はないが、

全ての人がそうとは言えない。

 

 

看護師など資格を持っている職業の場合は、

ヨーロッパでもそのまま

仕事をすることができるだろうか。

 

ほぼ使えることが多いのだが、

医療関係の用語が難しい。

 

 

日本とは違う言葉のニュアンスも読み取るとなると、

語学をしっかり習得することが

先になるのではないだろうか。

 

 

人の生死にかかわる職業だからこそ、

ちょっとの言葉の違いで

大きな影響があると言える。

 

 

ヨーロッパに強い転職サポート「リクルートキャリア

 

 

 

まとめ。ヨーロッパ移住の現実について

 

ヨーロッパと聞くと、

憧れを抱く国なのだが、

移住先にするとなるとイメージはわきずらい。

 

 

アジア圏のように多少の

日本語も通じるという事はない。

 

現地の言葉も日本人にとって

聞きなれないので、習得するのも

簡単なことではないのだ。

 

 

国の雰囲気や環境だけを考えると、

老後の移住先にしたいと思う気持ちはわかる。

 

だが、老後の移住先というよりも、

若いうちから移住する方が

スムーズにビザを得ることができるだろう。

 

 

年齢関係なく、海外移住をし、

仕事を見つけ環境に慣れるには、

時間がかかるだろう。

 

 

クロアチアに住みたいと話す白川。

自分と同じく金髪美女に弱い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ