ルドウィグ ゴランソンが手がけるspace explorationの世界とは?


 

ルドウィグゴランソンのspace explorationは

好みが分かれますが、自分は好きです。

 

映画「ヴェノム」のテーマ曲ですね。

 

 

海外の音楽の魅力、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

ルドウィグゴランソンを

聞いたことがある人は

少ないかもしれません。

 

ルドウィグゴランソンとは

様々な映画の音楽を

手掛ける作曲家です。

 

 

ルドウィグゴランソンが手掛ける

space explorationの世界を紹介します。

 

 

 

ルドウィグ ゴランソンがspace explorationの制作に。rainy night in tallinnやtenetも

 

ルドウィグゴランソンは

スウェーデン出身の音楽家です。

 

 

映画作曲家や、

音楽プロデューサーとして有名です。

 

数々のハリウッド映画の

音楽を手掛けています。

 

 

幼少期から音楽の教育を受け、大学を卒業したのちに

「プラダを着た悪魔」「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」などの

映画音楽を作曲したセオドア・シャピロのアシスタントとして働き始めます。

 

フルートベール駅でという映画で

初めての長編映画の音楽を手がけました。

 

 

その後、音楽を手掛けたハリウッド映画の

「クリードチャンプを継ぐ男」や

「ブラックパンサー」が大ヒットとなります。

 

 

ブラックパンサーでは、

アメリカアカデミー賞最優秀作曲賞と、

グラミー賞最優秀サウンドトラック賞を受賞しています。

 

 

活動をはじめ、わずか10年ほどで

その才能を存分に発揮しています。

 

 

昨今ではルドウィクゴランソンが

手掛けたものとして、

「tenet」が挙げられます。

 

 

映画「tenet」は時間の逆行がテーマです。

 

ストーリーが時間軸通りに進まないため、

普通の時間軸の映画に比べると

やや難解なストーリーとなっています。

 

 

公開してから、とても人気で

インターネット上では難解な

ストーリーの考察などで盛り上がっています。

 

 

tenetのサウンドトラックの中でも人気なのが、

ルドウィグゴランソンが作曲した

「rainy naight in tallinn 」です。

 

 

 

ルドウィグ ゴランソンが描くテネットの世界観を味わおう!

 

ルドウィグゴランソンが音楽を手掛けた

映画「テネット」は2020年に公開され

大ヒットとなりました。

 

大ヒットの理由として、今までにないスケールで

時間が逆行するというテーマを扱っていたからです。

 

 

超大作と口コミされ、

たくさんの映画館で上映されました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で

公開日が延期されるなどトラブルもありましたが、

世界各国で上映され大ヒットとなりました。

 

 

監督のクリストファーノーランは

今までにも新鮮な設定の超大作を撮っては

大ヒットを生み出している映画監督です。

 

そのため鬼才の映画監督と

紹介されることがたびたびあります。

 

 

映画の中で特殊効果を使用しているのはテネットだけではなく、

クリストファーノーランが手掛けた中では

インセプションなど様々な映画で使用されています。

 

 

映画テネットで、鬼才クリストファーノーランと

映画音楽家のルドウィグゴランソンは

初めてタッグを組んでいます。

 

この二人が初めて組んだと思えないほど

音楽と映画がマッチしています。

 

 

撮影を開始する半年も前から二人で音作りをはじめ、

テネットの世界観をより引き立てる音楽を

こだわりにぬいて仕上げています。

 

映画テネットのサウンドトラックも発売され、

映画同様にそちらも人気となっています。

 

 

そしてサウンドトラックは、

仕掛けもあります。

 

 

映画テネットは時間を

逆行するというテーマを扱っています。

 

サウンドトラックも、

曲の逆再生バージョンなるものがあり、

とても楽しめるものとなっています。

 

 

 

まとめ。ルドウィグゴランソンについて

 

映画を見る際、

一番気になるのはストーリーです。

 

音楽は、最後のエンドロール以外

あまり気にならないという人が

多いのではないでしょうか。

 

 

音楽に注目してみると、

映画の中でセリフ以外の音がない、

無音のシーンはほとんどありません。

 

音楽を流すことで、より緊張感を高めたり、

ホラー映画などだと怖さを増強させたり、

映画にとってシーンごとに合う音楽は貴重なものです。

 

 

そこがちぐはぐだと、

どちらか一方が素敵な作品でも

全体での成功は成しえません。

 

映画の中のサウンドにも

これから注目して楽しみたいと思いました。

 

 

洋楽に詳しい羽田。

自分と同じく、洋版プレイボーイで育ちました(笑)。

 

 

 

最後に、

 

楽観的に生きれないあなたへ。

 

コンサルを受けて心の扉を少しづづオープンにしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授