ノルウェー人はイケメン?顔立ち(ノルウェーイケメンの顔)、美人(ノルウェー美女)の性格…ノルウェー人男性のアプローチは?


 

ノルウェー人にはイケメンや美女が多いが・・・

 

理由の一つに、ノルウェー人の歴史上

混血が多かったことがある。

 

そういう環境下におかれた種族に

イケメンや美人が多くなるのは、ご想像の通り。

 

 

長期滞在者によるノルウェー人のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ノルウェー人は日本に多くはないので、

知らないことが多い。

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

ノルウェー人の顔!イケメンや美人?ノルウェーイケメンやノルウェー美女の顔立ち…美女の有名人、日本人や海外の反応

 

黄色人の日本人からすると

白人に対する憧れが強い

 

そんな美男美女の国であれば、

当然興味が沸くし知り合いになり、

結婚できれば尚嬉しいと、当然自分なら思う。

 

ただ、「美人は3日で飽きる」という諺があるように、

結婚まで考えたいのであれば、性格などの中身が重要だ。

 

 

日本から遠く離れたノルウェーという国は、

日本から見ると、高福祉で男女平等。

 

ただし税金が非常に高い国としては知られている。

 

 

だが、ノルウェー人の性格や行動様式などは、

そんなに知られていないのではないかと思う。

 

 

 

ノルウェー人の顔で日本人が

良く知る有名人は「山本モナ」だろう。

 

父親がノルウェー人、母親が日本人のハーフだ。

 

 

同じハーフでも欧米人と日本人と違い、

より日本人の中にいても、

違和感が少ない顔立ちで美人だ。

 

 

海外の反応としても、ノルウェー人は、

イケメン、美人が多いと評判。

 

特に日本人からすると、憧れの気持ちも

多分に入っていると感じる。

 

 

身長も男女ともに高い。

 

スラリとした体型。

 

 

女性は特に、

自立心の強い考えを持っているため、

その自信に満ちた表情が高貴に感じる。

 

 

男女平等が根付いた国で、

男性の家事育児が当たり前。

 

イクメンという言葉すらなく、

ごく普通に女性と同じように

家事育児を担当する。

 

 

ジェントルマンなイケメン男性に、

惚れない日本女性はいないだろうと思う。

 

 

 

ノルウェー人の性格の特徴!しつこい?嘘つき?キスなどのスキンシップや愛情表現、ノルウェー人男性の夜の本気度

 

ノルウェー人の性格としては、

「家族が一番、仕事は2番」

がわかりやすい。

 

 

もちろん、男性だけでなく女性もだが、

より他国は男性が仕事に重きをおくのに対して、

男女平等の国らしさが現れている。

 

 

他の特徴としては

 

・他国侵略の歴史が長いこともあり「愛国心が強い」

 

・日照時間の変化が激しいため「天気に敏感」

 

・自然が豊かな土地と健康志向のため「散歩好き」

 

なところだろうか。

 

 

また、キリスト教が国教で、真面目で慎重。

 

 

シャイなノルウェー人男性のアプローチは、

ラテン系のしつこいスキンシップなどはなく、

愛情表現やキスも控えめだ。

 

 

日本人同様にパーソナルスペースが広めで、

肉食系女子には、夜の本気度が

希薄に感じるかもしれない。

 

でも、それはより貴女を

大切にしてくれている、と思って欲しい。

 

 

ノルウェー人は、相手を気遣い、

適度な距離を保つ人々なのだ。

 

 

時間管理もきちんとし、

適当な接客での嘘つき店員などもおらず、

真面目で慎重な人々がノルウェー人である。

 

 

自分は海外生活が長いが、ノルウェー人ほど、

日本人に近い価値観をもっている国は少ないと感じる。

 

もちろん、個人差があるのは言うまでもないが。

 

 

 

まとめ。ノルウェー人のイケメンについて…手をつなぐ?メールは無視?

 

日本人と共通点が多い

性格をもつノルウェー人だが、

親しくなるには時間が必要だ。

 

相手をしっかり理解し、自分のことも

わかってもらう努力をしなければいけない。

 

 

そして、友好を築く1歩になる

「散歩に行こう」とノルウェー人に

誘われたら、気を付けよう。

 

それは、日本人の感覚には程遠い散歩だ。

 

ハイキングぐらい歩くことを覚悟しよう。

 

 

しっかり準備をして散歩に臨めば、

素晴らしい自然を満喫でき、慎重なノルウェー人とも

距離を縮めることができる。

 

また、散歩コースにノルウェーの森があれば、

そこに自生するベリーやキノコは、自由に採取できる。

 

 

採取した収穫物で、お菓子を作り

コーヒータイムを楽しむのも、

ノルウェー人の休日の過ごし方だ。

 

よりノルウェー人と親しくなることができるし、

充実した時を過ごせることに幸せを感じるだろう。

 

 

ノルウェーの文化に詳しい三橋。

自分と同じ元神経質だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ