ハイチ人とは…特徴やムラートの有名人、英語や人種について。ハイチ人男性のアプローチやキスなどのスキンシップ、性格など


 

ハイチは

中央アメリカの西インド諸島の

中にある島国だ。

 

カリブ海に浮かぶ小さな島国なので、

あまり知らないという人もいるだろう。

 

 

テニスの大阪なおみ選手の父親の出身が

ハイチということで一時期話題になったが・・・

やはり知らないことばかり。

 

 

そこで今回は

 

・ハイチ人の特徴

 

・ハイチ人は英語話せるのか

 

・ムラートの有名人

 

・ハイチ人男性のアプローチなどのスキンシップ

 

について調べてみた。

 

 

 

ハイチ人とは?特徴は嘘つきでしつこいこと?イケメンのハイチ人男性の本気度と夜の愛情表現

 

ハイチ人とは約95%がアフリカ系であり、

残りのほとんどはムラート

(白人とアフリカ人の混血)である。

 

 

ハイチ人の特徴について調べてみた。

 

 

ハイチ人の性格は、

周囲のラテン諸国とは少し異なる。

 

 

ハイチ人は

照れ屋でシャイな人が多い。

 

ハイチ人が嘘つきという

情報は見つからなかった。

 

 

ハイチ男性のアプローチは

どんな感じだろうか。

 

ハイチ男性の特徴については

情報がほとんど見つからなかったので、

南米の男性の特徴を調べてみた。

 

 

南米の男性は、

キスやハグなどのスキンシップは

大切な愛情表現と考えている。

 

公共の場所でも、

ところかまわずキスをしている

カップルをよくみかける。

 

 

日本人からすると

しつこいと感じるくらいだ。

 

 

またスキンシップ以外にも、

言葉や行動で

ストレートに愛情表現する。

 

どれだけ好きかの本気度を表すために、

愛情表現を惜しまないというのが

南米の男性の考えなのかもしれない。

 

 

お互いにストレートに

思いを伝え合う。

 

喧嘩をしても不満をぶつけあって、

すっきりとしてまたラブラブに戻る

ということもしばしば。

 

 

夜のスキンシップも

愛情表現として積極的に行う。

 

特に南米は

性に関してオープンだ。

 

 

友人たちとそういう話題で

盛り上がることも多いので

日本人からすると抵抗感があるかもしれない。

 

 

ちなみにハイチに

イケメンは多いかという

情報は得られなかった。

 

アフリカ系が多いので、

精悍な顔立ちをしたイケメンは

いるのではないかと予測される。

 

 

 

ハイチ人、ムラートの有名人…日本人と海外の反応

 

ハイチ人はアフリカ系が

人口の95%を占めていて、残りは

ムラートという白人と黒人の混血がいる。

 

 

ムラートは

ハイチだけではなく

南米に多くいる。

 

ムラートの有名人といえば、

第44代アメリカ合衆国大統領の

バラクオバマ氏が最も有名だろう。

 

 

ちなみにハイチ人のムラートで有名なのは、

初代ハイチ共和国大統領の

アレクサンドル・ペション氏だ。

 

 

混血というと日本人は

ハーフやクオーターの芸能人や有名人も多く、

どことどこの国の混血かをテレビで話題にする。

 

ハーフやクオーターの芸能人や有名人に

美男美女が多いせいか、ハーフやクオーターは

容姿が美しいというイメージを持っている人が多い。

 

 

海外の反応はどうだろうか。

 

 

混血が進んでいると

言われている欧米でも、

宗教の垣根を超えた混血は少ない。

 

 

中国にルーツを持つ

華僑や華人と呼ばれる人たちは、

自分たちのルーツにこだわる。

 

 

南米は古くから

白人、黒人、先住民族との

混血が進んでいて美女が多い。

 

 

日本は戦後から国際結婚が増加し、

混血に対する意識を持ち始めて日が浅い。

 

混血に対しての概念が

ハーフやクオーターなど

くらいなのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

ハイチ人の人種は?英語は話す?

 

ハイチの人種は95%がアフリカ系で、

残りはムラートという白人と黒人の混血だ。

 

 

ハイチ人の公用語は

クレオール語とフランス語。

 

日常生活ではクレオール語を用いて、

教育や公的機関では

フランス語が用いられる。

 

 

フランスの植民地

だったことが影響している。

 

 

首都の名前も「ポルトープランス」と

フランスを意識したような名前が特徴的。

 

フランス語で、

「王子の港」という意味だ。

 

 

ハイチの観光地では

英語は多少通じるが、

それ以外ではあまり通じない。

 

日本人より英語力はあるかもしれないが、

ハイチを訪れる際はフランス語を

少し勉強しておいた方がよさそうだ。

 

 

実はハイチは15歳以上の識字率が

62.1%(2013年)で

アメリカ大陸の中でもっとも低い。

 

 

国民の4割は

字を読み書きできない

というのは衝撃的だ。

 

 

ハイチ人の識字率が低いのは、

十分な教育を受けられないからだ。

 

 

ハイチの就学率は

初等教育が50%程度。

 

つまり2人に1人しか

小学校へ行けないという状態なのだ。

 

 

十分な教育を受けられない

ハイチの子供たちへ、

世界中から支援活動が行われている。

 

 

ちなみにハイチ人を

英語でいうと

「Haitian(ヘイシャン)」という。

 

 

 

まとめ。ハイチ人の特徴について

 

・ハイチ人の特徴は他の南米よりもシャイな性格

 

 

・人種はアフリカ系が95%以上

 

 

・ハイチ人は英語を話せる人が少ない

 

 

・ムラートの有名人は

第44代アメリカ合衆国大統領のバラクオバマ氏

 

 

・ハイチ人男性のアプローチやスキンシップは

他の南米の人同様に積極的で

ストレートなアプローチと推測される

 

 

現在ハイチは、2010年の大地震の復興が

十分に進まないこともあり、

治安が悪化している。

 

世界初の黒人による共和制国家である

ハイチに興味を持った人は

ぜひ調べてみてほしい。

 

 

ハイチに住んでみたいと話す佐知。

自分と同じく太った日本猫が大好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ