アラブ人の顔の特徴!ペルシャ人の顔立ちやアラブの女性、アラブ系の顔、アラブ女性(アラビア人の女性)…ペルシャ人の女の顔の特徴など


アラブ人の顔には、男性だと

彫が深くてひげを生やすなどの特徴がある。

 

女性は意外に判別しづらい。

 

 

アラブ人に関するより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

見ればひと目でわかりそうだが、

実際には服装が特徴的なので、

顔だけ見ると意外に判断できない。

 

 

さらに女性は、ひげもないので

ヒジャブを外すと欧米人とは

区別できるかもしれないが、日本人には見慣れない。

 

ペルシャ人やアラブ人を

判断するのは難しいだろう。

 

 

ここでは、

アラブ人の顔に焦点を当てて、

その特徴について紹介。

 

ちなみにアラブ人とペルシャ人は

厳密には起源も言語も違うので、

その違いについても触れる。

 

 

 

アラブ系…アラブ人、ペルシャ人の顔の特徴!顔立ちはイケメン?手をつなぐ?メールは無視?

 

ペルシャ人というのは、

地域的には主にイランの人たちで、

言語的にはペルシャ語が主流だ。

 

 

一方のアラブ人は、北アフリカから

西アジアといった広い範囲に住み、

言語もアラビア語が主流になる。

 

 

もちろん、イラン=ペルシャではない。

 

 

だが、ペルシャ人が

比較的限定的なのに対して、

アラブ人は広い範囲に住んでいる。

 

アラブ人というよりアラブ系

というほうが適当かもしれない。

 

 

そもそも人種的にも違いがあるので、

日本人にはわかりにくいが、

顔立ちも違っている。

 

ひとくちにイケメンといっても、

アラブ系は広い範囲で肌の色や髪の毛の色など、

いろんなタイプがいるのが特徴だ。

 

 

ペルシャ人はヨーロッパとアジアの中間地点で

それぞれの特徴を持った、彫りの深いイケメンや

美女が多いことが世界中で知られている。

 

 

 

アラブの女性!アラブ人(アラビア人)女性、アラブ女性、アラブ人女性、アラブ女は美人?アラビア人女性、アラビアの女性

 

アラブの女性は、イスラムの教義のために

顔をよく見る機会は少ないが、美人も多い。

 

 

アラビア人は、アラブ首長国連合や

サウジアラビアやクウェートなど、

たくさんの国にいるので国を限定するが難しい。

 

そのため、それぞれ少しずつ特徴も違っている。

 

 

例えば北アフリカに近い地域と

ヨーロッパ近隣の国では、

肌の色も違っているし、髪の毛の特徴も違う。

 

つまり、美人の系統も

かなり多岐にわたっているのだ。

 

 

女性はヒジャブで顔を隠してしまっているので、

一般の女性は観察できないが、

逆に顔を見られない分魅力が増している。

 

というのも、アラブの女性は

そうやって日頃から顔や肌を隠す。

 

 

内面の大切さを知っていて、

見た目の魅力以外を

重視する考えを持っている。

 

 

なので、日本人と違って、外見だけを武器に

男性を誘惑するような人はおらず、

内面的に魅力的な女性が多い。

 

 

 

アラブ系の顔!アラビア人のイラストも紹介

 

アラブ系というと男性なら

口ひげと特徴的な服装。

 

 

女性ならこちらも独特の服装と

ヒジャブという特徴が一般的だ。

 

 

アラビア人の顔は

彫りの深い顔の輪郭も特徴。

 

だが、日本人にとっては

服装の方にインパクトがあるので

イラストにするとわかりやすい。

 

 

特に男性が身に付けている丈の長い服装や、

頭に被る小道具はアラブ人を表すなら

欠かせないだろう。

 

 

ちなみに

男性の着る服はカンドゥーラ、

頭の小道具はクゥトラという。

 

現地で既製品を買うなら

2~3千円で手に入る。

 

 

女性が身に付けるのは服がチャドル、

頭に被るのをヒジャブという。

 

これも現地で既製品なら

数千円から買うことができる。

 

 

服装のパーツさえ押さえておけば、

イラスト的にはアラビア人が表現できるので、

男性女性の一例を貼っておく。

 

 

 

 

 

アラブ人はしつこい?嘘つき?アラブ人男性のアプローチの本気度やキスなどのスキンシップと夜の愛情表現、性格…有名人や日本人と海外の反応

 

アラブ人男性にしつこくされたという

経験のある女性は多いかもしれない。

 

 

こんな経験をするとアラブ人男性から

モテたと勘違いしてしまうが、

これには訳がある。

 

しつこいのは、あくまで外国人に向けてで、

実は本気のアプローチではないのだ。

 

 

というのも、アラブの国では

男性も女性もお付き合いをするのは

結婚することが前提。

 

戒律的に婚前に行為をすることはない。

 

 

ただ、これは

結婚相手に対してであり、

外国人となれば話は別だ。

 

日本人は、彼らにとっては外国人。

 

 

性格もおとなしく、女性については

日頃から愛情表現に慣れていない。

 

言い方は悪いがかなり

チョロイと思われている。

 

 

キスをはじめとして、

スキンシップをしても

あまり拒絶もしない。

 

優しくしていれば、たとえ嘘つきでも

女性の方が恋愛にのめりこんでくれる。

 

 

なので、アラブ人男性に優しくされても、

本気度は低いので、間違っても

結婚できると思わないほうがいい。

 

むしろ結婚前に落ちるような女性は、

結婚後も浮気するに決まっていると、

尻軽女と判断されているのがオチだ。

 

 

ちなみに日本でアラブの有名人というと、

タレントのフィフィくらいだろうか。

 

 

アラブ人の姿かたちのイメージは湧くのだが、

日本では意外に活躍している人は少ない。

 

逆にアラブで有名な

日本人タレントなどはほとんどいない。

 

 

若い世代ではアニメ、

上の世代では車や電子機器という

日本という国に対するイメージが先行している。

 

アラブに限らず、海外の反応はどこも同じだ。

 

 

 

番外編:「顔が濃い」は英語で?

 

アラブ人の特徴として、日本人と比べて

顔の濃い人が多いというものがある。

 

 

ところで、顔が濃いを

英語でなんと言うのだろうか。

 

 

日本語の表現もかなり

独特な言い回しが多い。

 

直訳していると

とんでもないことになるので

注意したいところだ。

 

 

薄いという言葉も、日本語的には、

味も色も同じ単語で間に合うが、

英語ではまったく違う単語になる。

 

英語力を身に付けたいなら、

発音だけでなく語彙力も勉強しよう。

 

 

話を戻して顔が濃いという英語だが、

「Strong Taste」という直訳では

まったく意味が通じない。

 

そもそも顔の堀の深さを

味に置き換えるセンスは英語的でない。

 

 

英語圏ではいろんな人種がいるので、

顔の特徴を濃い薄いだけでは見ていない。

 

 

英語では顔が濃いなら

strongとかsculpted。

 

逆に顔が薄いならasianとか

softにfacial featureをつけて

表現するのが一般的だ。

 

 

ただ、相手の顔の特徴を表現するのは、

ある意味デリケートな行為でもあるので、

使うときには十分注意したい。

 

 

 

まとめ。アラブ人の顔の特徴について

 

アラブ人やペルシャ人の

外見の特徴について紹介してきた。

 

 

日本では欧米やアジアは

慣れ親しんで、情報も多い。

 

よく知っているし、ある程度

正しく理解できてもいるが、

アラブやペルシャは未知の文化だ。

 

 

宗教上の理由から服装なども個性的で、

なんとなく近づきがたいイメージはある。

 

だが、アラブやペルシャの国々は

基本的には親日的な考えが強い。

 

 

機会があれば仲良くしたいところだ。

 

 

アラブ人の文化に詳しい双葉。

自分と同じフェミニスト(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ