タイの風俗で性病?病気…タイ人とバンコクの性病の現状を東南アジア在住者が語る


 

タイは風俗天国だが、性病の蔓延はあなたの想像以上。

コロナ同様、実はかなり身近にある。

 

中には、しっかり対策をしていたのに

なぜかうつされてしまったなんて声も。

 

 

タイの性病のリアルな実情、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本人男女共に人気の観光地であるタイ。

 

首都バンコクの発展もめざましく、

プーケットなどのリゾート地も人気だ。

 

 

そんなタイの風俗での

性病について考察してみる。

 

 

 

タイの風俗で性病に?病気の現状

 

タイは東南アジアの国で、

自然豊かで昔ながらの宗教色の濃い寺院や、

都市部はめまぐるしい発展を遂げている。

 

首都のバンコクや、リゾート地など

観光地としても人気の場所である。

 

 

バンコクでは観光客の

夜遊びも大変人気である。

 

元々ニューハーフバーなども人気で、

男女関係なく楽しめる

ナイトスポットが多く存在する。

 

 

日本で行くより

安く楽しめるということで、

風俗も人気である。

 

 

安い上に、日本人以外の

女性と楽しめるということは、

旅行先でのひとつの楽しみとなってる場合もある。

 

 

しかし、タイは1990年代、

国がなくなってしまうのではないかと

危惧されるほどHIVが猛威をふるっていた。

 

HIVの感染の理由として、

母子感染や性交渉での

感染が挙げられている。

 

 

今でこそ持ち直したが、

当時はとても恐れられるような

状態であった。

 

 

持ち直してはいるが、それでも現状として

タイは東南アジアのなかでも

HIV患者が多い国となっている。

 

風俗を利用する観光客は

このHIVと性病などの

リスクも考え慎重に行動したい。

 

 

このような、性病などが

市中にはびこる理由も

いくつか挙げられる。

 

まず観光客向けの

風俗産業が盛んであることだ。

 

 

店舗であっても、

安さを売りにしている店舗であれば

衛生環境は期待出来ない。

 

きっちりと対策されている

高級店などは日本と価格も変わらない。

 

 

それなら、と安い方を選びがちだが、

それ相応のリスクがあることは

理解しておくべきである。

 

 

そして、立ちんぼと呼ばれる

売春婦も多く存在する。

 

店舗に属さず個人で

道ゆく男性に声をかけ

客を取る女性たちである。

 

 

個人のことなので、その衛生管理などは

個人に委ねられているので

当たりもはずれもあるだろう。

 

安心安全に楽しみたいなら

それ相応の金額を出して

店舗で楽しむのが1番である。

 

 

そして、市中に性病が蔓延しがちな理由として、

風俗嬢や立ちんぼのなかに

一般人も多くいるということである。

 

一般的に仕事についていて、

副業的に風俗をしているという女性も

知られていないだけで数多く存在する。

 

 

そう言った副業風俗嬢から

市中への感染が広がるのではないかと

懸念されている。

 

 

 

タイ人と性病…バンコクで性病にならないために

 

昔のようなHIVの大流行こそないが、

東南アジアの中でタイは

1.2位になるほどエイズ患者が多い。

 

そして、性病を患っている人数も

やはり多くなっている。

 

 

一度は大規模な性教育や

衛生環境を整えたり、

啓蒙活動をしてはいた。

 

 

だが、昨今ではタイ人の性病や

HIVといった病気への意識の低さから、

また流行を生みかねない状況となっている。

 

 

首都のバンコクのナイトスポットでは

観光客向けの風俗街や、

観光客を狙った売春婦など多くいる。

 

バンコクの歓楽街は有名だし、

タイはLGBTにも寛容な国であるので

LGBT向けの風俗や出会いの場などもある。

 

 

同性同士の性行為からも

病気はうつりやすいという

報告があがっている。

 

 

タイで性病をもらわないために、

1番いい方法は歓楽街に

行かないことである。

 

しかし、それでは楽しみも半減なので、

ほどほどにするという予防策もある。

 

 

今では、国に認められた風俗店は

定期的な性病検査などを

行なっているところが多い。

 

そのような優良店を探して、

そこにだけ行くということもできる。

 

 

金額は高いところもあるが、

安心と安全を買うので

高くはないだろう。

 

そういう店は衛生管理も

しっかりしているので安心だろう。

 

 

道端にいるような

立ちんぼなどの売春婦は

要注意である。

 

ナンパ感覚で刺激もあるし、

誘惑されやすい。

 

 

しかし、安心も安全も

彼女たち一個人の裁量である。

 

性病の検査を受けていないかもしれないし、

基本的な性教育も受けてないかもしれない。

 

 

タイでは性病検査は少し高額で、

あまり一般的に個人で

受けようとする人はいない。

 

 

そして、タイでは

避妊具を使うという習慣が

あまりない。

 

3〜4割の使用率なので、

やはり性病やHIVなどの感染リスクは

かなり高いと言えるだろう。

 

 

観光客は、自分の身は自分で守るべきなので、

優良店に行ったり、少しでも

不安があれば性行為を行わない。

 

避妊具は必ずつけ、

オーラルセックスは避けるなどの

自衛手段を考えておくべきである。

 

 

 

まとめ。タイの風俗と性病について

 

どの国に行っても、

自分の身は自分で守るしかない。

 

特に東南アジアはインフラ整備が進んできたとはいえ、

日本と比べると衛生管理は甘く、

水道水が飲めなかったりということもある。

 

 

性病などもしっかりと理解し、

自衛することが旅を楽しむ

極意ではないかと思う。

 

 

バンコクで風俗にハマっていた治一。

自分と同じくロボコンファンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ