インドネシアで夜遊び!ジャカルタの夜遊びとナンパ、観光の夜…カラオケやキャバクラなどナイトライフ、インドネシア夜遊び(女遊び)


 

インドネシアは世界最大のイスラム国なので

夜遊びはあまりできないのでは・・・なんて

とんでもない勘違いをしている人も。

 

ここが東南アジアの夜遊びの穴場なのは、

少し調べれば分かる事実。

 

 

インドネシアのディープな夜遊び情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご質問もいつでもお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

新型コロナ感染拡大により

気軽に海外へ旅行することができなくなった。

 

自粛生活であれこれと行動や生活に制限がかかり、

ステイホームが推奨され、

外に出るのも躊躇ってしまう。

 

 

このような時だからこそ、

少し先の楽しみを考えてみてはどうだろう。

 

 

次に向かう予定地インドネシアだが、

数年前に訪れて以来になってしまっている。

 

そのため事前にリサーチし、

その時が来たときに活用できる情報で、

参考になるようなものと体験談とともに紹介したい。

 

 

 

インドネシアで夜遊び!ナンパなどインドネシア夜遊びとナイトライフ。一人旅と女遊び

 

自分は出入国できなかった海外へ行き、

仕事も去ることながら、

仕事後の夜の街の遊びを楽しみにしている。

 

むしろこれがあるからこそ、

仕事が頑張れると言っても過言ではない。

 

 

アジア圏にて夜遊びと言えば、

タイやフィリピンがある「東南アジア」の

人気が高く、日本でも有名である。

 

実際、自分も渡航した際の夜は、

密かにそれを楽しみにしているのだ。

 

 

インドネシアでの夜遊びには

ジャンルが分けられており、ナンパからカラオケ、

クラブにバーとそれぞれにナイトスポットがある。

 

 

例えばナンパでの夜遊びだが、

実際に体験してみて実は

タイやマレーシアと比べて、かなりの成功率だった。

 

 

インドネシアではほぼ、

ほとんどの人がイスラム教に属している。

 

色々な厳しいルールが設けられ、

一番の障害が婚前交渉。

 

 

しかし、インドネシアはイスラム教の中でも

ゆるい信仰心なのか、

時にはルールを破る女の子もいる。

 

さらに有り難いことに、

インドネシアの首都ジャカルタには

ほとんど外国人を見かけることはない。

 

 

他の国の外国人と火花を散らしながら

お目当ての女の子の争奪戦に、

なんてこともならない。

 

 

しかも外国人と言うステータスだけで、

かなりの確率でナンパが成功する。

 

お目当ての女の子を

滞在先にお持ち帰りも不可能ではない。

 

 

そうとわかればインドネシアでは

ライバルをさらに蹴落とすため、

一人旅でのナイトライフがベストだ。

 

 

一人旅でのナイトライフ攻略法を検証しよう。

 

 

インドネシアの移動手段は限りられており、

ほとんどがタクシーや

バイクでの移動が主体になる。

 

しかし、交通規制も日本とは雲泥の差で、

慣れない外国人にとって

かなりひやひやする運転だ。

 

 

そのため出来るだけピンポイントで

色々と楽しみたいところである。

 

そうなるとやはり首都ジャカルタがベスト。

 

 

ジャカルタにはクラブ、カラオケ、風俗が

他の東南アジア諸国に比べて安く、

女の子のグレードが高い。

 

コスパ抜群のスポットが点在している。

 

 

しかし、残念なことに

どの情報も最新のものは少なく、

確かな情報とは言いがたい。

 

 

そこでおすすめは

「ジャカルタ夜遊びマップ マニュアル2020」

 

ネットサーフィンではたどり着けない

リアルなジャカルタの夜遊び事情に加えて、

痒いところまで手が届く至れり尽くせりの一冊だ。

 

 

値段は少し張るものの、

安心して夜遊びできるマニュアルが完備されており、

まさに男のバイブル本になっている。

 

 

 

インドネシアでカラオケやキャバクラを楽しむ!よろずインドネシアって?

 

早速インドネシアで、自分の知る

夜遊びの楽しみ方に進もう。

 

 

まずはジャカルタの夜遊びの

代名詞とも言えるのが「ブロックM」だ。

 

 

昼はいたって普通の

ショッピングモールになっており、

買い物を楽しむ場として賑わっている。

 

だが、夜になるとその姿は一転し、

夜遊びのスポットに様変わりするのである。

 

 

しかしカラオケと言っても、

日本のようなみんなでわいわいと盛り上がるような

雰囲気の場ではなく、むしろキャバクラに近い。

 

通されたカラオケボックス席には

横に自分が選んだ女の子がつくが、

さすが美人大国と呼ばれるインドネシアだ。

 

 

どの子もレベルが高くかなり迷ってしまう。

 

 

始めは女の子と

カラオケを楽しむのだが、

 

日本と違うのがここから。

基本的におさわりOKで、カラオケを楽しんだ後、

もし女の子を気に入れば「テイクアウト」出来るのだ。

 

 

ブロックMにはおよそ

十数個のカラオケ店が軒を連ねている。

 

 

そこで活用してもらいたいのが

「よろずインドネシア」である。

 

 

Googleには判らなかったコアな情報や、

実際にインドネシアに住んでいる日本人から、

有益な情報が得られる可能性の高い外国人向けの掲示板だ。

 

インドネシアで気になることが何かあれば、

Googleよりもむしろこちらの方が

答えが見つかるかもしれない。

 

 

 

ジャカルタの夜遊びや観光!夜に女をナンパして遊びに…ナイトライフと女性

 

ジャカルタの夜遊びは女遊びだけではない。

 

観光名所としても、とても

楽しめるスポットになっている。

 

 

例えば建造物で是非とも

一度は訪れておくべきなのが

イスティクラル・モスクだ。

 

 

東南アジアで最大級の規模を誇る聖地で、

毎日多くのイスラム教徒が訪れる。

 

 

他にも民族の文化や宗教について学べるテーマパークに、

ラグナン動物園、博物館などの観光スポットが

首都ジャカルタに集まっている。

 

 

昼はベーシックな旅行プラン。

 

夜は一転、

大人のディープな時間を楽しむ

スポットに様変わりする。

 

 

次は夜遊びに最適な

観光スポットを紹介しよう。

 

 

夜遊びにはやはり

女の子がつきものであり、

これがなくては始まらない。

 

風俗関係なしで、女の子と知り合うには

やはりナンパするのが手っ取り早い。

 

 

そんな時はやはり

どこの国でも訪れるであろう

「クラブ」がベスト。

 

人口のほとんどがイスラム教徒なので、

基本的に女性の肌の露出はNG。

 

 

ほとんどの女の子はヒジャブといった

布の巻物で顔を隠しており、

その素顔を見ることは難しい。

 

それが夜のクラブではヒジャブを脱ぎ捨て

地味目の服装から様変わりし、

音楽にあわせて踊っているのだ。

 

 

ジャカルダのクラブは

大きくわけて北と南に分けられている。

 

 

南はSCBエリアにあるFABLA。

 

北はコタエリアにあるコロッセウムが、

それぞれ人気のクラブになっている。

 

 

しかし

「人気のクラブ=お持ち帰り成功率高」

という方式は当てはまらない。

 

 

人気のクラブはコンパニオンの派遣や

フリーランサーが多く、

お持ち帰り成功率が低い店もある。

 

 

オススメしたいのは

ドラゴンフライである。

 

高級ナイトクラブだけあって

ドレスコードは厳しいものの、

アジア系の外国人が少ないためお持ち帰り率も高い。

 

 

また女の子の年齢層も20代後半あたり。

 

 

海外の高所得であろう駐在員や

ジャカルタの富裕層を狙いに来ているらしく、

程よい遊び方を知っている感じにも受け取れる。

 

 

 

まとめ。インドネシアの夜遊びについて

 

コロナの影響で

世界での渡航は制限がかかり、

気晴らしさえも難しい状況下の中。

 

特に夜遊び街の影響は凄まじく、

いくつもの店舗が閉店や

廃業をしている状態である。

 

 

早く終息を願うとともに、

調べあげた東南アジア夜遊び情報を参考に、

街に繰り出したいものである。

 

 

ジャカルタの夜遊びにハマった直之。

自分と同じくムカデに鳥肌を立てる男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ