すれ違いで髪を触る心理とは?女性が髪を触る、パーマとすれ違いの心理、髪を切るなど髪型と心理


 

女性がすれ違いの際に髪を触る・・・

これには、多くの場合アピールと言う心理がある。

 

 

女性のしぐさの様々な意味、

恋愛を楽しめる経済的自由を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

街中を歩いていたり食事中、

休憩中などに誰か1人の人を観察していると、

その人は髪を何回触るだろうか。

 

 

髪を触るという癖を持っている人は

男性、女性に限らず多い。

 

逆に1回も髪の毛を触らない人を探す方が

難しいかもしれないというくらい、

髪を触っている人は多いだろう。

 

 

特に無意識に触っている人は多いが、

髪を触る心理とは一体

どういったものなのだろうか。

 

意味があるのだろうか?

 

 

この記事で紹介しよう。

 

 

 

「すれ違い」が髪を触る心理?女性が髪を触るのとすれ違いについて

 

人とすれ違うときに髪を触る心理は、

気になる人やかっこいい・かわいいと

自分の好みの人への好意の表れといえる。

 

 

また、女性の髪をかき上げるしぐさが

好きだという男性は多い。

 

 

女性の髪は性的な大人を連想させるもの。

 

その髪の下に隠れている肌が見えることによって、

秘密の領域に触れたような気がしてさらに興奮する。

 

 

女性にとれば髪をかきあげる行為は、

自分を女性っぽく見せたい、アピールしたいという

心理の表れであるともいわれている。

 

 

無意識に髪を触る女性も実は多い。

 

だが、髪を触ることに敏感だと感じる男性の心理を

わかった上で、すれ違いに髪を触っているのであれば、

かなり自分に自信がある女性だろう。

 

 

他には毛先や髪をまじまじと見ているのは

退屈でつまらないという意味がある。

 

 

そして髪を触るという行為自体は、

緊張していたりソワソワと落ち着かなかったり。

 

何か気を紛らわせるためにしているといわれている。

 

 

心理的に人間は不安や心配などの感情が

あるときには頭を守るために頭に手がいく。

 

 

すれ違いに髪を触るときに

こういった気持ちがある場合は、

恥ずかしいや照れを隠したいときなど。

 

自分に消極的な人の可能性もある。

 

 

恥ずかしいや照れを隠したいという気持ちのときは、

髪をかき上げるというよりも前髪を触ることが多い。

 

 

 

女性のパーマなど髪型、髪を切る心理は?

 

女性が髪を切る、パーマをかける、

髪の色を染めるなどの髪型を変えるときは、

一体どういった心理なのだろうか。

 

 

日本の少女漫画などでよく見られた光景が

「失恋をしたら髪の毛を切る」ことだ。

 

少なくとも1990、2000年代の漫画はそうだった。

 

 

この○○をしたら髪の毛を切るという心理は、

心機一転という意味が込められているように

自分は考える。

 

 

失恋というと悪いことが起こったら

髪の毛を切ると連想する人は多いかもしれない。

 

だが、そうではなく、女性は恋愛が終わったから次へ進もうと、

良い方向へ自分の気持ちを向けるために

髪の毛を切ったり髪型を変えることが多い。

 

 

これは、何かを区切りにしたいという

心理の表れではないだろうか。

 

 

そして学校や職場の環境や毛先が傷んでいる、

年齢相応の髪型にしたい、季節が変わった。

 

出産に備えて

(赤ちゃんのお世話で自分に時間をかけられなくなる)

など。

 

 

物理的な理由で髪を切ったり、

髪型を変えることが多い点も女性特有だ。

 

なんと気分転換のためになんとなく、

という女性も実に多いのだ。

 

 

また、気になる人がいて

雰囲気を変えて振り向かせたいなど、

好きな人の好みに合わせて髪型を変える女性も多い。

 

 

 

まとめ。すれ違いと髪を触る心理について

 

すれ違いに髪を触る行為は、

無意識な場合を除いて相手を

意識しているしぐさだといえる。

 

 

すれ違うときになんとしても

相手に振り向いてもらえるように。

 

振り向いてもらえなくても髪を触ることによって、

相手に自分の香りを残すこともできるだろう。

 

 

特に女性の髪に敏感な男性に対しては、

すれ違いのときに髪を触ることは

有効なのかもしれない。

 

相手を意識していないと、

なかなかできない行動ともいえる。

 

 

すれ違いに髪を触ることは、

自分に自信がある表れだともいえる。

 

しかし、ピンポイントで前髪を触るのであれば、

恥ずかしいや照れを隠したいという気持ちの方が

上回っているといえるのだろう。

 

 

髪は女の命ともいわれているため、

髪を触る行為に心理状態が表れやすいのは、

男性よりも女性の方が多いのかもしれない。

 

 

女性の髪へのこだわりが強い仁科。

自分と同じく元神経質(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ