中国パブできること!ルールや楽しみ方(遊び方)…お触り(おさわり)はどこまで?何ができる?枕など


 

中国パブには日本人好みの美女も多いが・・・

ぼったくりの噂は常にあるので、店選びに気をつけよう。

 

 

中国パブの本当の楽しみ方、

夜遊びを楽しんでいる間も入り続ける

オンライン収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

外国人パブといえば

フィリピンパブがイメージされるだろうが、

中国パブも日本には多い。

 

中国パブに馴染みがあまり

ない人もいるだろう。

 

 

今回は

 

・中国パブでできること

・中国パブのルールや楽しみ方(遊び方)

・おさわりはどこまでできるのか

 

などについて紹介する。

 

 

 

中国パブって?何ができる?

 

現在日本にある中国パブは、

東京の繁華街を中心に日本全国にある。

 

日本のキャバクラよりも

低価格で遊べることが

多いので、人気もある。

 

 

中国パブでは何ができるのだろうか。

 

 

中国パブで働いてる

女の子のほとんどは、

不法就労に近い。

 

 

中国パブは中国人女性と

楽しくお喋りをしながら、

お酒を楽しむ遊び方が基本。

 

しかし中国パブでの

遊び方はそれだけではない。

 

 

中国パブで働く女性は、学生ビザや観光ビザなどの

短期ビザで入国し、ビザが切れると一旦帰国し、

また再入国するパターンが多いと言われている。

 

そのため、仲良くなった日本人客と

いい関係になって、そのまま

結婚するパターンも少なくない。

 

 

日本人と結婚して在留資格を得る目的で、

中国パブで働いている人もいるくらいだ。

 

 

また、出稼ぎ目的で働いていて、

よりお金を稼ぐために、店の外で

直接お客と交渉している人もいる。

 

そういった目的の中国人女性たちは、

気に入った人やお金を持った人を

狙ってアピールをしてくる。

 

 

その中で枕営業を持ちかけ、

日本人男性に対して「貴方は特別」「貴方だけ」

と思わせることもあるという。

 

 

そういった恋愛の駆け引きのようなものを楽しんだり、

風俗よりも安く夜遊びを楽しんだりするのも、

ひとつの楽しみ方とも言える。

 

ただし一方的に熱を上げすぎて女性を困らせたり、

手のひらで転がされ逆恨みしたりと、

トラブルを起こさないよう。

 

 

 

中国パブのルールを知っておこう

 

中国パブでできることは一体何があるのだろう。

 

 

先述したとおり、基本的にパブは

女性と楽しくお喋りをしながら

お酒を楽しむ場である。

 

 

基本ルールとしておさわりは、

軽いボディタッチが許される程度。

 

どこまで許されるかは、

従業員の中国人女性との

関係性次第ともいえる。

 

 

仲良くなれば少しの

おさわりくらいなら

許されるかもしれない。

 

しかし中国パブで働く女性の中には、

永住資格獲得のための日本人との結婚や、

店外営業での収入を狙っている人もいる。

 

 

中国パブの店側としては、店外での

枕営業はやってほしくはないことだが、

中国人女性従業員の個人的な付き合いまでは制限できない。

 

店に通って中国人女性と仲良くなって、

店の外で個人的に夜の付き合いをする人も

少なくないということだ。

 

 

もちろん中国人女性との個人的な付き合いになるので、

金銭トラブルやいざこざなどの

ハプニングには注意が必要だ。

 

 

中国パブ従業員の女性とのトラブルでは、

中国人女性が妊娠してしまい、

そのまま中国に帰国。

 

そして養育費と生活費を

送り続けなければならなくなってしまった

というケースだ。

 

 

トラブルは未然に防いで、

夜遊びは楽しくスマートに遊んでほしい。

 

 

 

まとめ。中国のパブについて

 

・中国パブでできることは、基本的には

中国人女性と楽しくお喋りをしながらお酒を楽しむことだが、

仲良くなればそれ以上の付き合いも期待できる

 

 

・中国パブのルールや楽しみ方(遊び方)は、基本的には

中国人女性と楽しくお喋りをしながらお酒を楽しむ遊び方だが、

仲良くなった中国人女性と店外で個人的な付き合いを楽しむ人もいる

 

 

・おさわりは店内では基本的に軽いボディタッチまでだが、

個人的に中国人女性と仲良くなればそれ以上も期待できる

 

 

外国人パブは基本的には楽しく

お喋りをしながらお酒を楽しむ場で、

規制や取り締まりも近年は厳しくなっている。

 

しかし個人的な付き合いは対象外であるので、

中国人女性と個人的に仲良くなって

プライベートで遊ぶのを楽しむのもいいのかもしれない。

 

 

中国パブに一時期ハマっていた北尾。

自分同様、きつい天然パーマに悩む(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ