ベトナムビール、持ち帰り(度数と種類、値段)氷も。おすすめお土産タイガーと333が安い!会社、市場の価格


 

人気のベトナムビールは、地元のレストランなら

100円程度と安いので、持ち帰りもよくされている。

 

 

長期滞在者によるベトナム情報詳細、

現地に住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

安価で美味しいベトナムビールは

日本に持ち帰りができる。

 

 

ベトナムビールを

日本に持ち帰りする場合、

いくつか注意点がある。

 

 

今回は、ベトナムビールの特徴や魅力、

持ち帰りの注意点を紹介する。

 

 

 

ベトナムビールの持ち帰りが安い理由、度数と種類が豊富!値段もいい!氷を入れても美味しいの?

 

ベトナムには色々な種類の

ビールが豊富に揃っている。

 

そして魅力的なのが、

ベトナムのビールは値段が安いこと。

 

 

ベトナムビールは、

すっきりとした

軽い飲み心地が特徴。

 

 

現地のレストランなどでは、

水で薄めたビールや氷入りビールなどといった

少し変わったビールも楽しめる。

 

フルーティーな味わいのビールや

キレのあるビールなど。

 

 

様々なビールが味わえるので、

お気に入りのビールが

きっと見つかる。

 

 

では、なぜベトナムの

ビールは安いのだろうか。

 

 

ベトナムのビールが安い理由は、

ベトナムの物価が関係している。

 

ベトナムでは、生活必需品に

関するものは物価が安くなる。

 

 

ベトナム人にとってビールは

生活必需品なので、値段が安いのだ。

 

 

ベトナムのビールの値段は、

それぞれのレストランによって

多少異なる。

 

 

例えば、ベトナムビールの値段は

高級レストランの場合だと、

日本円で420円程度する。

 

一般的なローカルレストランの場合は、

日本円で100円程度と安い。

 

 

いずれにせよ、ベトナムビールの値段は

とても安いので、レストランでは

気兼ねなく飲むことができる。

 

 

 

ベトナムビールのおすすめは?お土産にも。タイガーと333が安い!会社はどこ?消費量はどのくらい?

 

ベトナムのビールの消費量は

世界の中でも多い方。

 

ベトナムのビールの消費量は

データ化されているので、

どのくらい飲んでいるのか数値を紹介しよう。

 

 

ベトナムのビールの消費量で

2017年度は、435.6万キロリットル。

 

2017年度のベトナムの

ビール消費量は、

世界で9位となっている。

 

 

ベトナムのビールの消費量で

2018年度は、466.7万キロリットル。

 

この年のビール消費量においても、

ベトナムは世界9位を維持している。

 

 

ベトナムのビール消費量は

世界の中でも多い方だが、

日本のビール消費量も極めて高いと言える。

 

 

ちなみに2017年度における

日本のビール消費量は、

511.6万キロリットル。

 

日本はこの年において

世界7位のビール消費量だ。

 

 

ベトナムのビールは安くて

美味しいのでお土産に最適。

 

ベトナムから日本へビールを持ち帰る場合、

決められた範囲の量であれば

持ち帰りの制限などはない。

 

 

ベトナムのビールで人気の高い

333(バーバーバー)は、

価格も安いのでお土産としても最適だ。

 

他にも、タイガービールや

ハイネケンなどといった

人気の高いベトナムビールが存在する。

 

 

 

ベトナムビールの市場の価格は?通販でのシェアや、今後の業界の成長は?

 

ベトナムのビール業界は

右肩上がりに成長している。

 

ベトナムのビール市場において、

様々な会社から注目を集めている。

 

 

ベトナムのビール市場では、

サベコ、ハイネケン、ハベコの3社が

約8割以上のシェアを誇っている。

 

ベトナムにおけるビールのシェア争いは

激しくなっており、中には、

利益の上がらない会社も存在するのが事実だ。

 

 

ベトナムビールの市場価格はおよそ50円。

 

ベトナムのスーパーなどでは、

数多くの種類のベトナムビールを取り扱っているので、

色々と買って飲み比べてみるとよいだろう。

 

 

ベトナムビールの中には日本で

売られているものもある。

 

通販などを利用して

ベトナムビールを買うこともできる。

 

 

今後のベトナムビール業界は、

様々な動きを見せることが予想される。

 

ネット通販によるビールの販売促進や、

既存市場による売り上げの上昇など。

 

 

ベトナムでは数多くの人がビールを飲むため、

飲酒運転などの事故も頻繁に

起きてしまっているのが事実。

 

自分が思うには、ノンアルコールの

美味しいベトナムビールを流行らせるのも

一つのいい手だと思っている。

 

 

 

まとめ。ベトナムビールのお持ち帰りについて

 

ベトナムビールの特徴について

紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

ベトナムビールには様々な種類があり、

味や度数が豊富で値段も安い。

 

 

ベトナムを訪れる機会があれば、

是非ベトナムビールを味わってほしい。

 

 

また、ベトナムビールは

持ち帰りが可能なので

お土産にも最適。

 

日本に帰国した後で、

仲間たちとベトナムビールを

味わうのもよいだろう。

 

 

そして、ベトナムビールの魅力を

色々な人に発信してもらいたい。

 

 

ベトナムビールに詳しい花井。

 

自分と同じく、霊感もないのに

生まれ変わりだけは信じる(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ