台湾で起業!会社設立と日本企業…投資、海外で起業するなら?


 

台湾で起業するメリットは、日本よりも節税できること。

これだけでもチャレンジする価値はある。

 

 

台湾起業のより詳しい情報、

現地でリスクを抑えながら安定収入を得る具体的な方法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

日本以外で働きたいと考えた時、

親日的で距離も近く、文化的にも理解しやすい

台湾で起業することを考える人もいるだろう。

 

 

ただ、海外で起業となると、

日本とは法令も違うし、

かかる費用も違ってくるはず。

 

簡単でないことは容易に想像できる。

 

 

実際、起業に関する

国際的なルールはない。

 

あくまでその国のルールに

したがって手続きをする必要がある。

 

 

国が違えばまったく違った

手順になることは理解しておきたい。

 

 

ここでは、海外の中でも

台湾にスポットを当てて、

起業する際の注意点などを紹介する。

 

 

 

台湾で起業!投資するなら注意点は?

 

台湾で起業する場合、

メリットとしては、

物価が安いことが挙げられる。

 

 

自分が台湾を訪れた際には、

思ったよりも物価の安さは

体感できなかった。

 

だが、今にして思うと

外国人観光客用のホテルでの話で、

ローカルでの食事などはずいぶん安い。

 

 

一般の人には関係ないので

あまり知られていないが、台湾は

法人税が安いことが世界中で知られている。

 

起業家にとってはこれも魅力的だ。

 

 

更に親日的な国であることも

現地で人との交渉では助かるだろう。

 

 

一方でデメリットもある。

 

 

外国人経営者に対して、年間の売り上げが

300万元(約1,200万円)以上ないと

ビザの更新ができないルールがある。

 

 

起業したのはいいけれど、

売り上げが立たずにビザが

更新できないのでは意味が無い。

 

したがって、投資するなら

それなりに売り上げの立つ

商売であることが条件。

 

 

最初の段階で十分に

準備しておくことが注意点だ。

 

 

 

台湾で会社設立!日本企業には何がある?

 

台湾に進出している日本企業というと、

有名どころではコンビニチェーンだ。

 

大手はこぞって台湾に進出していて、

日本以上に勢いがある。

 

 

小売業だけでなく製造業や卸売り業でも、

多くの日本企業が台湾にあるが、

最近ではEC事業もかなり活発だ。

 

毎年2桁の高い水準で成長していて、

台湾は日本よりも購入力が高く、

市場として魅力的だ。

 

 

ただ、日本と同様少子高齢化の傾向が強く、

今後同じ経済成長を続けられるかは

未知数となっている。

 

 

日本企業が多く進出して、成功例の多い台湾だが、

会社設立する場合でも、わりあい

ハードルが低いという特徴がある。

 

例として、一般に外国人が会社を設立する場合、

現地人を取締役に入れる必要があるが、

台湾では不問だ。

 

 

また、取締役が現地に

居住する必要もなく、

設立の条件は高くない。

 

 

法人税の安さと共に

外国人起業家にとっては

メリットの多い国といえる。

 

 

 

海外で起業するなら知っておきたいのは?

 

海外で起業する場合、日本とは違って

市場に勢いがあれば、成功する可能性も高くなる。

 

 

ただ、日本で起業するのと違い、

いろんな制約や手続き、

ハードルあることを忘れてはならない。

 

 

国が違うということは、日本とは

文化も習慣も価値観も違うということで、

言葉の壁や宗教上のタブーなどがある場合もある。

 

 

また人脈という点でも、

よほどその国に精通していなければ、

ほぼゼロからの出発。

 

これから作るとしても、

コミュニケーションを

取るのは簡単でない。

 

 

時間的にも労力的にも日本で

起業するよりはるかに苦労するだろう。

 

 

また、起業する業種も、

たいがいのものはすでに

他の人が手がけている可能性が高い。

 

工夫やオリジナリティーがなければ

成功はおぼつかない。

 

 

どこでビジネスをするにしても、

簡単に儲かるほど

世の中は甘くないということだ。

 

 

 

まとめ。台湾の起業について

 

台湾での起業についてまとめてみた。

 

 

お互いに好意的な感情を

抱く人も多い日本と台湾だが、

ビジネスとしてもなかなか魅力的な国だ。

 

文化や国民の生活なども日本に近いところがあり、

手続きのハードルもわりと低いので、

起業のしやすさもある。

 

 

ただ、言葉の面では中国語で難しい。

 

 

高齢化社会へのスピードも

日本よりも速いといわれている。

 

将来的に楽観できる国では

ないことを十分に理解しておこう。

 

 

台北でスモールビジネスを続ける小西。

自分と同じく、お酒よりもソフトクリームが好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ