ソ連崩壊の年号!崩壊と独立国をわかりやすく…いつ?ソ連崩壊の理由と北方領土、チェルノブイリとソ連崩壊の原因など


 

ソ連崩壊は1990年。年号よりも、

その歴史的に重大な意味をしっかり押さえておきたい。

 

 

海外移住者による海外のお役立ち情報、

どこに住んでも尽きない安定収入を得る具体的な方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ソ連崩壊の年号や独立国に関する情報は

ネットで簡単に調べられるが、難しい内容の

記事が多いため、少し分かりにくい場合がある。

 

 

今回は、ソ連崩壊の年号や

崩壊した理由などを分かりやすく解説する。

 

 

また、ソ連崩壊や年号などが

分かりやすく書かれている記事も紹介したい。

 

 

 

ソ連崩壊と独立国…崩壊をわかりやすく解説

 

ソ連崩壊とは、1991年12月に起きた出来事で、

社会主義国家を構成していた15の共和国が

独立国家として生まれ変わった。

 

 

さらに、当時のソ連最高指導者であった

ミハイル・ゴルバチョフ書記長が辞任、ソ連は解体された後、

CIS(独立国家共同体)の成立により、ロシア連邦が誕生する。

 

 

ソ連からの独立国は

 

 

ロシア連邦

 

ウクライナ

 

ベラルーシ共和国

 

モルドバ共和国

 

エストニア共和国

 

ラトビア共和国

 

リトアニア共和国

 

ジョージア

 

アルメニア共和国

 

アゼルバイジャン共和国

 

カザフスタン共和国

 

キルギス共和国

 

タジキスタン共和国

 

トルクメニスタン

 

ウズベキスタン共和国

 

計15の国々。

 

 

ソ連崩壊の真実に関しては様々な意見があり、

数多くの説があるのだが、例えば、ゴルバチョフの

登場こそがソ連崩壊を招いたなどという意見もある。

 

自分が思うには、ソ連が抱えていた

経済的問題が要因なのではないかと考えている。

 

 

ソ連崩壊の前、ゴルバチョフは国内で

ペレストロイカを進めていたが、結局改革は上手くはいかず、

ベルリンの壁崩壊の要因になったとも言われている。

 

ベルリンの壁崩壊はソ連崩壊へと繋がっていき、

アメリカとの冷戦にも幕を閉じた。

 

 

ソ連崩壊は日本の経済に様々な

マイナスの影響を与えることとなる。

 

 

ソ連崩壊をわかりやすく解説している

池上彰の文章がとても役立つ。

 

ジャーナリストからの視点で

綴られる文章がとても読みやすい。

 

 

You Tubeの動画内でも、

ソ連崩壊をわかりやすく紹介しているので、

興味がある人は池上彰の動画を一度視聴してみよう。

 

 

 

ソ連崩壊の年号!崩壊の年はいつ?ソ連崩壊の日、年表と年号

 

ソ連の崩壊の日について、

年号や年表で簡単に紹介していこう。

 

 

・1917年11月7日

ロシア革命が起こり、ロシアで内戦が始まる

 

・1922年12月30日

内戦を経てソビエト社会主義共和国連邦が成立

 

・1991年12月25日

ソ連が崩壊、同日にロシア連邦が成立

 

 

ソ連が崩壊したのは1991年12月25日だが、

ソ連が崩壊するまでに様々な出来事が起こっている。

 

 

当時、ソ連の最高指導者として

活躍したのがスターリンという人物。

 

スターリンが行っていた政治は

非常に恐ろしいものだった。

 

 

外国人や右翼団体、罪のない人たちが

処刑される暴力的社会が存在した。

 

政治に対しての発言や自由な思想が

許されない社会が形成されていた。

 

 

ソ連が崩壊する前にスターリンは亡くなり、

彼が築いた政治や規制は若干緩和されたものの、

いつまでたっても厳しい統制は続いていく。

 

 

ソ連が崩壊した原因は何なのか、

解体された要因はいつから存在したのか。

 

 

ソ連崩壊の原因として考えられるのが、

ミハイル・ゴルバチョフが行った政治や取り組み。

 

ゴルバチョフは、それまでソ連が

行ってきた政治を撤廃して

改革していこうとする。

 

 

「グラスノスチ」と

「ペレストロイカ」の取り組みで、

ソ連は崩壊したと言われている。

 

 

 

ソ連崩壊の理由は?ソ連崩壊の原因

 

ソ連崩壊の原因となったのは、

ゴルバチョフが行った政治問題。

 

わかりやすく説明すると、

国内での経済見直しに

失敗したということ。

 

 

ゴルバチョフという人物は、1985年にソ連の最高指導者となり、

ソ連の政治体制や経済見直しを進めていこうと取り組みを行った。

 

グラスノスチとペレストロイカの取り組みは、

ソ連崩壊の原因であり、社会主義の国としての経済を

大きく狂わせることとなってしまう。

 

 

ソ連が崩壊したことで、

北方領土問題の原因解決や日本への返還など、

未だに解決されていない数多くの問題が残っている。

 

 

最近の中学受験の試験では、

国際社会やその背景に関する

問題が多く出題される。

 

ソ連崩壊の理由は、

中学受験の試験において

問われることの多い問題だ。

 

 

ネットで「ソ連崩壊の理由 中学受験」

などと検索してみよう。

 

ソ連が崩壊した原因が

わかりやすく紹介されている。

 

 

 

ソ連崩壊と北方領土、チェルノブイリと崩壊後の暮らし

 

ソ連崩壊後のロシアでは、

経済状況の悪化や犯罪率の上昇など、

暮らしに関わる様々な問題を引き起こした。

 

 

ロシアンマフィアによる犯罪、

それに伴う警察の汚職など。

 

ソ連崩壊後のロシアでは

マフィアが権力を握るようになる。

 

 

ソ連崩壊に伴う北方領土の問題や

チェルノブイリの原子力事故。

 

これらの残された問題は、

ソ連崩壊と共に消えていってしまう。

 

 

ソ連崩壊したから責任は

負わなくてもよいという

考え方は間違っている。

 

本来、責任を負うべきはずの

ソ連政府に対しては憤りを感じる。

 

 

ソ連崩壊について

色々な人の意見が聞きたいなら、

なんjを見てみるのもおすすめだ。

 

 

ソ連が崩壊した後、ロシアは

国際電気通信連合(itu)の規制に同意。

 

ituでは、無線通信規制を

3つの地域に分けている。

 

 

ソ連が崩壊した後、ロシア、

カザフスタン、ベラルーシ、キルギスにおいて、

英語と親戚関係にあるロシア語を公用語として定めている。

 

 

 

まとめ。ソ連崩壊の年号について

 

ソ連崩壊について紹介すると共に、

自分なりに考察をしてきた。

 

 

ソ連崩壊の原因として、

ゴルバチョフの

ペレストロイカが挙げられる。

 

 

当時のソ連は経済状況が悪く、

ゴルバチョフが指導者になってから、

状況はさらに悪化していくこととなる。

 

ゴルバチョフが行った改革では、

ソ連を立ちなおすことはできす、

結局ソ連は崩壊してしまった。

 

 

ソ連が崩壊したことで、

世界中の国々に様々な影響を及ぼした。

 

 

これから先ロシアがどうなっていくのか。

 

北方領土やチェルノブイリは。

 

 

今回の記事で、ソ連崩壊後の

ロシア連邦について

もっと学びたいと思った。

 

 

ロシア情勢に詳しい浅田。

自分と同様、かつて自分に自信がなかった男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ