ミャンマー語で下ネタ!フレーズと翻訳を紹介…どんな時に使える?


 

ミャンマー語はマイナーな言語だが、

現地の夜遊びでお目当ての女性がいたら

下ネタが役に立ったりする。

 

ただし、惹かれることがあるので

当然相手を見て使う内容を決めよう(笑)。

 

 

ミャンマー語の下ネタのより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ミャンマー語の表記を見てみると、

まるくて、かわいい文字が

たくさん並んでいる。

 

読みたくても、読めないし、

発音も日本人にとっては難しい。

 

 

ミャンマーに訪れる機会があるなら、

ぜひミャンマー語を少しでも覚えていくとよい。

 

相手の国の言葉を覚えておくと、

色んな場面で役に立つ。

 

 

その時のために、ミャンマー語の下ネタや、

それらのおもしろいフレーズなども紹介しよう。

 

 

 

ミャンマー語で下ネタ!使える場面は?

 

ミャンマーといえば、首都はヤンゴン。

 

ベトナムやタイより

馴染みがうすい印象であるが、

日本人の旅行客は年々増えている。

 

 

落ちそうで落ちない巨大な岩が、

寸でのところで止まっている

ゴールデンロックは有名な巡礼地だ。

 

 

東南アジアの国の中では、

有数の多民族国家で、

およそ90%が仏教徒である。

 

 

下ネタは、世界各国にあって、

その場を盛り上げることが

出来る便利なネタだ。

 

ミャンマー語にももちろん、

下ネタは存在する。

 

 

下ネタを上手に使えば、気に入っている

女性との距離を縮めることができる。

 

 

下ネタを使えるのは、恋人同士や友人の間で、

お酒が入るようなくだけた場面だけに

しておくのがよい。

 

なぜなら、ミャンマーでは、

目上の人に対しては、

敬意を払う必要があるからだ。

 

 

また、お坊さんに対しては、

年下であっても失礼な言葉は

禁止なので、注意したい。

 

 

いくらミャンマーの人たちが心優しくて、

寛大な心をもっていても初対面の女性や、

職場での下ネタは厳禁である。

 

 

 

ミャンマー語で下ネタ…フレーズと翻訳

 

1つ、ミャンマー語の

下ネタフレーズの例を紹介しよう。

 

 

日本語で「ありがとう」我々日本人が発音すると、

ミャンマー語にとっては下ネタになってしまう。

 

 

ミャンマー語を翻訳すると

 

・ンガザー(俺)

・リー(男性器のこと)

・アトー(短い)

 

という意味なので「ありがとう」が

「おれの男性器は小さい」と聞こえるらしい。

 

 

日本人女性がミャンマーで普通に

「ありがとう」とお礼を言ったら、

多分笑われるだろう。

 

観光客を笑わせようとする現地の人に、

わざと言わされて、からかわれる

かもしれないので注意。

 

 

逆に覚えておいて、

「その下ネタ知ってるよ!」と笑い飛ばして、

ついでに値切るくらいしてあげよう。

 

 

また、下ネタではないが、

おもしろいミャンマー語も紹介しよう。

 

 

ミャンマー語で発音「ヤダナー」は

「宝石」の意味がある。

 

我々には、「嫌だなー」と聞こえる。

 

 

もし、現地で仲良くなった美人の女の子が、

「ヤダナー(嫌だなー)」と言っても怒らず、

ジュエリー屋さんに連れていってあげよう。

 

 

田舎のジュエリーショップには、

お値打ちな宝石や真珠が

たくさん売っている。

 

 

そして、ミャンマー語で名前を

意味するのが「ナーメー」

 

名前と似ているので覚えやすい。

 

 

気に入った女性の名前を聞きたいと思った時に

「ナーメー」と発音すれば、名前を教えてくれる。

 

 

ミャンマー人は親切なので、

笑顔で答えてくれるはずだ。

 

 

 

まとめ。ミャンマー語の下ネタについて

 

このように、

ミャンマー語の下ネタや、

言葉をいくつか紹介した。

 

 

ミャンマー語を覚えるなら、

ミャンマーの国の人たちと仲良くなってお酒を飲み、

色々と会話をするのがいい。

 

その中でも、下ネタが飛び出すことがあるが、

少しでも下ネタ知識があると驚くことはない。

 

 

気にせずに、笑い飛ばせる

順応性があるとなおさら心強い。

 

 

物怖じすることなく、

明るく過ごすのが

語学を習得する秘訣だ。

 

 

また、下ネタを使う側としての注意点。

 

ノリのいい女の子であっても心の中では

不快に思っている場合があるので、

度がすぎないように注意したい。

 

 

下ネタは、さらっと短く簡潔に。

 

素敵なミャンマーライフを楽しんでほしい。

 

 

ミャンマー語を流暢に話す研吾。

自分と同じく、実は人よりも自然が好き(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ