カンボジアの不動産投資で失敗?購入のリスクと物件への投資、コンドミニアムなどカンボジア不動産投資


 

カンボジアの不動産投資で失敗することが多いのは、

他の東南アジアの物件に比べて高額なことが多いため。

 

物件の十分な下見は必須だ。

 

 

カンボジアなど東南アジアの不動産投資の詳細情報、

長期滞在者によるオンラインの安定収入構築法・・・

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

ご相談もお待ちしている。

 

メールアドレス >

 

 

今回は、実際に自分が海外移住の生活費を

工面すべくして行っている、

カンボジアでの不動産投資事情を公開する。

 

 

 

カンボジアの不動産投資で失敗!不動産(マンションや土地)リスク…海外の不動産投資で失敗?

 

不動産投資というのは土地や建物、

お店なと資産になり得るものを所有。

 

それらを他人に貸す事で収入を得る事で、

「大家」「オーナー」というと

思い浮かべやすいかと思う。

 

 

また物件購入と同様に

不動産投資もローンを組むことが可能。

 

収入の何倍ものお金を借りて

ローンを組むことが出来るのだ。

 

 

そこで自分は高齢化が進む

日本ではなく、世界に目を向けた。

 

日本人観光客も多く発展途上国でありながら、

近年目覚ましい経済成長をうかがえる

カンボジアで不動産投資を始めることにしたのだ。

 

 

カンボジア不動産投資失敗!? マンションや土地購入のリスクを確認

 

カンボジアでは外国人が所有出来る土地に規制があり、

アパートやコンドミニアムなどの

2階以上になる集合住宅になってしまう。

 

そのため、金額は最低でも

1,500万以上の物件が対象になってしまい、

東南アジアの中でも高額な価格設定だ。

 

 

にもかかわらず投資できる物件と言うと

未完成のプレビルド物件が多い。

 

 

問題なく完成すればよいのだが、売主や施工会社が

建設予定、もしくは途中で倒産してしまった場合、

支払った代金が返金されない場合がある。

 

 

投資で不労所得を得る以前に

投資対象の物件さえも手に入らないばかりか、

代金も戻らないという最悪のケース。

 

これには自分も一度経験したことがあり、

大きな損害を受けた最悪の

不動産投資失敗談である。

 

 

事前に売主や施工会社の実績に財務の状況などを調べ、

リスクを避けるように細心の注意を払わなければならない。

 

 

 

プノンペンの不動産(コンドミニアムや土地)投資の実情

 

では自分の失敗談を踏まえ、

カンボジアでの不動産投資の実情をお話しよう。

 

 

まずは不動産を購入するにあたり、

大切なのがエリアである。

 

投資先のエリアになる人口の多さや観光地、

交通の利便性なと重要視する点は様々だ。

 

 

しかし、それらを含め、

お勧めしたいのが「プノンペン」である。

 

 

カンボジアの首都でだけあり不動産も多く、

コンドミニアムに土地の需要もある。

 

そのため、投資先のエリアとしては

候補から外せない。

 

 

ありがたいことにブノンペンへの

不動産投資は知名度が低い模様だ。

 

現在のところ競合率も低いが、

今後注目されると予想されるため、

今のうちに、というのが不動産投資の実情である。

 

 

 

カンボジアで不動産(マンション・コンドミニアム)購入!物件への投資、カンボジア不動産投資のコツ

 

興味が湧いてきた読者のために、

カンボジアで不動産の中でも人気があるコンドミニアムを

購入するにあたり物件の投資のコツを紹介したい。

 

 

カンボジアで不動産投資を成功させるためには、

現地に詳しい人または、親しい現地の人が

重要なポイントになる。

 

 

カンボジアの不動産投資は

日本の不動産会社でも取り扱いがある。

 

インターネットで探せばザクザクと

紹介案内がピックアップされる。

 

 

しかし、郷に入れば郷に従え。

 

 

日本でも物件や土地の購入時には

現地まで足を運び、色々と話を

することで契約を交わすのだ。

 

 

海外の不動産だからと言って、

手を抜いて購入すると失敗する可能性が

ぐんと上がってしまう。

 

出来ることなら、

きちんと現地まで足を運びたい。

 

 

そして信用出来る不動産会社を見つけたり、

現地の人に確認することこそ、

投資を成功させるためのこつではないだろうか。

 

実際に足を運び、自分の目で見て確認することで、

失敗することを避けることが出来るのである。

 

 

 

カンボジア不動産ブログ!現地の不動産をブログで紹介

 

自分の経験をここで語って見たものの、

簡単な流れと失敗談だけでは

リアルな体験談には乏しいかと思われる。

 

 

そこで、初心者にもやさしい、

カンボジアの不動産情報を

投稿しているブログを紹介したい。

 

 

「カンボジア不動産ブログ」は、

日本人の投資家に興味があるなら必見だ。

 

 

2014年からブログをスタートさせ、

2020年の現在に至るまで長期に渡り

ブログで報告しているこちらのサイト。

 

2013年からカンボジアと日本を行き来している。

 

 

コンドミニアムの物件だけではなく、

太陽光発電や分譲販売など、

数多くの不動産事業に挑戦されている。

 

 

残念なことに只今

復旧作業している最中とのこと。

 

内容を確認出来ないが、

ぜひ確認してもらいたいブログである。

 

 

 

まとめ。カンボジアの不動産投資で失敗する理由とは

 

今のご時世、いつ仕事がなくなるか

わからない状況に陥っている。

 

 

昨年の冬より全世界へと

その猛威を振るった新型コロナの影響により、

多くの人々が職を失うことになった。

 

また職を失うまではいかずとも、

現場からテレワークへの移行の推奨により、

給与がガクッと下がってしまった人も数多くいる。

 

 

このような状況下において、

安定した給与を得られるという

不労所得が魅力的で注目されている。

 

 

だが本当に安定したお金を

得ることが出来るのだろうか。

 

 

その中でも、比較的誰でも

始めることの出来る不動産投資である。

 

しかし、ローンを組んで住まいを購入し、

果たして利益が出るのか、となると

不安も大きくなかなか手が出しづらいと考える人もいる。

 

 

海外不動産投資は国によれば、

手頃な価格で収益を得ることの出来る

不労所得の1つである。

 

 

しかし、メリットがあれば、

勿論デメリットもある。

 

 

リスクを回避するには、

現地に足を運ぶことで現状を知り、

不動産投資の知識を身に付けること。

 

それにより、失敗するリスクを

軽減させることが出来るのだ。

 

 

自分のような過ちを犯さないためにも

今一度確認して始めてもらいたい。

 

 

プノンペンで投資をしている安本。

自分と同じく焼き鳥、特につくねが大好物(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ