会話の返しが思いつかない!返し方がわからない時、返し上手になるには?面白い返し方とは


 

会話の返しを思いつかないとしても、悩むことはありません。

 

相手の行ったことを繰り返すオウム返し、

あとは相手への質問が自然にできれば、十分会話は成り立ちます。

 

 

素敵な会話の仕方を味方にして
自由なライフスタイルを手にするには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

せっかくの会話も返しが思いつかないと、

気まずい雰囲気になってしまったり

残念なことになりかねません。

 

 

会話が弾む上手い返し方とは何か紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

会話の返しが思いつかない時、返し方がわからない時、返し上手、上手い返し方

 

会話の返しが思いつかないで話が

途切れてしまったり、気まずくなる事を

経験したことのある人は多いと思います。

 

自分も以前はその中の一人でした。

 

 

会話が思わぬ方向に進んで

返す言葉が思いつかないことは

誰しも経験したことがあるはずです。

 

流れを止めてはいけないというプレッシャーから

よけいに会話の返し方がわからない状況に

追い込まれてしまうこともあります。

 

 

考え過ぎたあげくに

会話に苦手意識を持ってしまっている人も

多いのが現状だったりします。

 

できれば会話を弾ませる

返し上手になりたいと

誰もが思うものです。

 

 

相手の言葉に上手く返せなくて

気まずい雰囲気になってしまうのは、

気の知れた友人相手ならば許されるかもしれません。

 

しかし、仕事上の顧客や

職場での人間関係においては

気まずい会話は避けたいのではないでしょうか?

 

 

それはどうしたらいいのか、

具体的に考察してみます。

 

 

会話の返しが上手な人の特徴を見てみると、

まず頭の回転が早く、話の引き出しが多くて

知識や情報が豊富。

 

また、思考がポジティブで

厭味が無い人が多いのが特徴です。

 

 

頭の回転などトレーニングしても

簡単にどうにかなるものではありません。

 

ですが、実は上手い会話の返し方に必要なのは

頭の回転や知識の多さだけではありません。

 

 

まず必要なのは、

相手の話をしっかり聞く事です。

 

相手が何を言っているかを

理解してなければ返す言葉はでてきません。

 

 

相手の言葉を理解するために

質問することも返し方の一つになります。

 

質問をする立場に回れば、

頭の回転が速くなくとも知識が多くなくとも、

聞き役に徹することで会話が弾むのです。

 

 

この場合、相手の事をもっと知りたいと

出来るかぎり興味を持ち、会話の相手にできるだけ

気分良く話してもらえる状況を作ることが大事です。

 

 

 

会話の返しを面白いものにするには?返しが遅い…下手な返し、上手に返すパターンは?

 

会話の返しが面白い人と話すと

会話がとても弾むと思います。

 

予期せぬ言葉や

表現で返事が返ってくると

ワクワクするものですよね。

 

 

逆に会話の返しが下手だと、

話の腰を折ってしまうのでは、

と不安になる事も。

 

更に、会話にはテンポがありますので

返しのテンポが悪かったり遅いのも

会話を止めてしまいかねません。

 

 

会話を止めてしまう会話の返しが下手な人は

返す言葉が見つかるまで沈黙してしまいがちです。

 

長い時間でなくても返しの言葉をみつけるまで

会話を止めてしまっていては

会話は弾む事はないのです。

 

 

返しが思いつかない時に

無理に続けようとして失敗するよりも、

考えてから話を続けたほうが良いです。

 

とはいえ、黙って考えが

まとまるまで沈黙してしまうのは

良くありません。

 

 

考えて返すのは悪いことではないのですが、

考えていることを相手に伝えなければ

悪印象を与えかねません。

 

考えていますという事を

わかりやすくするための

言葉や行動で表すことも大事です。

 

 

相手が聞きたいと思う情報や知識を話すよりも、

テンポ良くリズムにのった会話を心掛けるほうが、

会話を弾ませることができるでしょう。

 

無理やり言葉を返すより、

相手の言葉にテンポ良く相槌を打ったり、

オウム返しで答えるほうが会話は弾むでしょう。

 

 

また、会話を弾ませることができない

返しのパターンは、相手に一言で答えられる

質問をしてしまうことです。

 

質問されたほうは色々考えて答えたのに、

その答えを拡げずに次の質問をされたりすると

相手の気持ちも盛り上がらず会話を続きません。

 

 

話が上手い人は

質問に対する相手の答えを拡げて共感したり、

さらに質問したりして会話できる人です。

 

つまり自分がどんな内容をしゃべるかより、

相手が気持ち良く話せる相槌や態度が

会話の上手な返し方といえます。

 

 

ですから、相手の言葉を

よく聞くことができない人は

会話の返しが上手になることはできません。

 

 

 

まとめ。会話の返しを思いつかないときは?

 

まずは聞き上手になることを目指すほうが

返し上手になる近道だと言えるでしょう。

 

話し相手の言葉をよく聞き、

相槌を打って共感するところから

気を付けて会話し始めると良いです。

 

 

会話の仕方を改善したいと悩む有川。

自分と同じく、ゴキブリ大嫌いです(笑)。

 

 

最後に、

 

興奮する出来事に出会えないあなたへ。

 

この乱世を乗り切る冒険を成功させるためのノウハウを学びませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授