海外逃亡のグラドル!捕まらない国は?芸能人や時効、方法…海外逃亡俳優(海外に逃亡した俳優など日本人)、ゴーンはどうなった?


 

海外逃亡したグラドルと言えば、小向美奈子

自分もフィリピン在住なので、かなりニアミスだった(笑)。

 

 

海外逃亡に関する詳細、

日本を出てもオンラインで安定収入を得る方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

海外逃亡は、映画の世界だけではない。

 

実際にグラドルが逃亡したり、

最近では、ゴーン氏が逃亡したのを

覚えている人も多いだろう。

 

 

今回は、海外逃亡について紹介する。

 

 

 

海外に逃亡?海外逃亡したグラドルなど芸能人!海外逃亡俳優(日本人)、ゴーンなど

 

海外に逃亡した日本人は意外と多い。

 

 

海外に逃亡した俳優は誰かというと、

野村周平さんにその疑惑がある。

野村さんは、大麻で逮捕された元KAT-TUNの

田口淳之介さんと交流があり、田口さんが

逮捕されたタイミングでの海外留学発表だったからだ。

 

 

沢尻エリカさんが逮捕された時、

沢尻さんに薬物地獄に引きずり込んだとして、

俳優Xの海外逃亡が話題になった。

 

その海外逃亡の俳優の実名は

週刊誌などで色々推測されている。

 

 

日本アカデミー賞を受賞したことがある、

と記事が書かれたり、沢尻さんと

一緒にいる写真が掲載されたりしている。

 

 

グラドルや芸能人の中には、自分や自分の周りに

犯罪捜査の手が伸びそうになると、表向きは

海外留学と言って海外逃亡する人が後を絶たない。

 

 

昨年末には、ゴーン氏が

仮釈放中にレバノンに海外逃亡し、

結局そのまま日本に帰ってきていない。

 

 

 

海外逃亡で捕まらない国は?海外に逃亡すると時効は?捕まらない?逮捕…おすすめできない理由

 

海外に逃亡している間も

時効の期間は停止しない。

 

ゴーン氏もそのことが分かっていて、

海外逃亡中に時効になることが

目当てで逃亡したのだ。

 

 

借金をして海外逃亡したら、

借金を最後に返済した日から、

5年か10年返済しなければ時効が成立する。

 

 

税金を支払わず海外逃亡したら、

5年経てば時効が成立する。

 

 

横領をして海外逃亡した場合、

民事では時効は20年だ。

 

 

日本人の犯罪者が海外逃亡した時、

大きな事件でもない限りは、日本の警察が

わざわざ海外まで追ってきて逮捕することは少ない。

 

ただし、海外逃亡したいなら、

英語は話せないと苦労する。

 

 

時効が成立するまで数年から10年以上に及ぶ。

 

その間、海外で生活するには、

旅行とは異なり、ある程度の

語学力が必要になるのだ。

 

 

ゴーン氏が逃亡したレバノンのように、

海外逃亡すれば日本の警察が追ってこないし、

引き渡す義務もなく、捕まらない国もある。

 

しかし、海外逃亡がおすすめできない理由は、

出国の時に捕まるリスクがあまりに高いからだ。

 

 

実際、ゴーン氏は、プライベートジェットで

荷物の中に身を隠して出国しており、

正規の手続きで出国していない。

 

 

 

海外逃亡の方法…海外に逃亡したいが方法はある?

 

海外逃亡は保釈制度の利用中に起きることが多い。

 

保釈とは、起訴された被告を、

証拠を隠すなどの危険性がない限り

認めなければいけないものだ。

 

 

海外逃亡はお勧めできないが、

どうしても海外に逃亡したい場合の方法は、

保釈されることが第一段階だ。

 

警察に囚われていては、

海外逃亡など絶対に無理だからだ。

 

 

海外では保釈中に逃亡して逃げ得にならないように、

保釈する被告にGPSを持たせて行動を監視し、

法の抜け道をふさいでいる国もある。

 

しかし日本では、個人の

プライバシー侵害の危険があることから、

行動監視は見送られている。

 

 

ゴーン氏が保釈中に海外逃亡したことで、

日本の保釈制度の問題点が明らかになり、

今後、改善する議論が起こっている。

 

 

 

借金を踏み倒したいから海外に逃亡?借金はどうなる?

 

負債があり、支払えないから踏み倒したいと、

海外逃亡を考える場合もあるだろう。

 

その時、借金はどうなるかというと、

最後に借金返済した日から

5年か10年経てば時効が成立する。

 

 

しかし、借金のために海外逃亡する際、

注意して欲しいことが2つある。

 

 

1つ目は、借金をした本人が

海外逃亡している間に貸した側が裁判を起こすと、

時効が延長されることだ。

 

借金した本人が日本にいなくても、

裁判を起こすことはできる。

 

 

海外逃亡した本人は、自分に対して

裁判が起こされたかどうか、

確かめようがない。

 

時効が成立したと思って帰国してみたら、

時効が延長されていて延滞金を請求されるので

注意する必要がある。

 

 

2つ目は、連帯保証人に

返済を求められる点だ。

 

 

借金をする場合、本人が支払えない場合、

連帯保証人に支払う義務が生じる。

 

本人が海外逃亡している間、

連帯保証人が本人の代わりに

支払っている場合もある。

 

 

自分のために連帯保証人に

なってくれた人に苦労を掛けてしまうのだ。

 

 

 

まとめ。海外逃亡のグラドルについて

 

・野村周平さんに海外逃亡の疑惑がある

 

 

・国によっては、自国に逃げ込んだ犯罪者を

引き渡す義務のない国もある

 

 

・どうしても海外に逃亡したい場合の方法は、

保釈されることが第一段階

 

 

・借金が支払えず海外逃亡する場合、

逃亡中に裁判を起こされれば時効は停止する、

連帯保証人が支払うことになる、の2点に注意する

 

 

日本脱出を考えている橋田。

自分と同じく女性の男言葉がダメ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ