ネパール語の下ネタ!フレーズや翻訳を移住者が紹介


 

ネパール人自身がマイナーと言うネパール語。

 

まして、下ネタに至っては

知っている日本人がほとんどいないが・・・

 

現地人と深く絡みたいなら

知っていて役立つ時があるだろう。

 

 

ネパール語の下ネタの学び方、

現地に住んでも尽きない安定収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ネパール語の下ネタは、

どういうものがあるだろうか?

 

現地で恥をかかないために、

知っておいた方が良い情報も含めて

伝えていきたい。

 

 

 

ネパール語の下ネタ!使える場面は?

 

ネパールは多民族国家のため、

ネパール語を母語としていない人達もいる。

 

 

宗教についても、

元はヒンドゥー教が国教だったが、

仏教なども含めて複数の宗教がある。

 

多民族だと文化的な違いも

細かい点では沢山あるため、

より下ネタなどは注意をしないといけない。

 

 

自分も男性で海外生活が長いが、

やはり男子たるものは下ネタが好きだ。

 

より面白い内容であれば、

すぐに心の距離が縮まり仲良くなれる。

 

 

皆が下ネタで盛り上がっている中で、

一人だけわからないのは寂しい。

 

 

また、普通の日本語がネパール語に翻訳すると

下ネタになるというフレーズもある。

 

女性でも知っておいた方が、

現地でのコミュニケーションが

スムーズに進むだろう。

 

 

ネパール語の下ネタで有名な日本語は

「CHIKUWA(ちくわ)」だ。

 

ネパール語だと

「エッチなことが好き」という

内容の意味の放送禁止用語である。

 

 

特に女性は人前で言ってはいけない言葉だ。

 

 

英語だと「Fuck」と同じような使い方もするらしく、

使える場面としてはネパール人男性が喧嘩をしている時に、

相手を馬鹿にして使うこともあるようだ。

 

 

後は、日本を知っているネパール人男性が、

下ネタとして観光客日本人に

話してくることもある。

 

どちらにせよ、

良い意味でない「ちくわ」は

人前では話さない方が良いだろう。

 

 

また、下ネタが大好きなネパール人男性達も、

女性の前では下ネタは口にしない。

 

その点は、外国人である我々日本人も

注意点として気を付けておかなければいけない。

 

 

 

ネパール語の下ネタ、フレーズと翻訳を紹介

 

ネパール語を翻訳すると下ネタになる日本語の例としては、

日本人にお馴染みの「GU(ジーユー)」「MUJI(無印良品)」のロゴも、

ネパール人に見せると立派な下ネタになるフレーズだ。

 

 

お土産として、日本の洋服は

仕立てがしっかりしているので喜ばれることも多い。

 

だが、このロゴの袋に入れて渡すと、

ネパール人達は笑いだす。

 

 

「GU(グ)」と読むと「うんち」。

 

「MUJI(ムジ)」と読むと、

「肛門あたりの毛」のような意味になるからだ。

 

 

両方とも世界に進出している企業なので、

グローバルなイメージが日本でもあるが、

ところ変われば下ネタになってしまうのが可笑しい。

 

 

海外においては、こういう日本では普通のことが、

下ネタなどになってしまうものも

あるので注意が必要だ。

 

 

グローバルに活躍する企業は、自社製品の

ブランドや名称が、相手国にとってどういう

意味合いにとらえられるのかも気を付けないといけない。

 

大変だなと感じる。

 

 

一般人の我々は、それをネタに現地の方々と

コミュニケーションを深めやすいので、

有り難い点でもある。

 

 

 

まとめ。ネパール語の下ネタについて

 

ネパール人は日本と同じ遠慮深い点もあるが、

基本的には親切で、少し仲良くなると

すぐに親友や家族のように親しく接してくれる。

 

 

一方で、現地のネパール人男性は

女性旅行者と関係を持ちたいと

狙っているらしいので、気を付けた方が良い。

 

日本でも同様で知らない男性には注意が必要だが、

日本人以上に海外の男性は肉食も多い。

 

 

自分が住んでいる国でもそうだが、

日本人女性は自分で思う以上に人気があるので、

用心に越したことはない。

 

 

ただ、ネパール人達と仲良くなりたいなら、

先方の誘いを上手く見極めて

利用していかないといけない。

 

 

日本とは違い、ネパールはコネ社会であり、

仲良くなれないと受けられないサービスなども出てくるし、

不当な扱いを受けることも増えてしまう。

 

 

何より楽しくないし滞在する意味も薄れる。

 

 

旅行客に集る人々とは違い、本来のネパール人は

シャイで遠慮があるけど、友人達には

熱くもてなす純粋で人懐っこい人々だ。

 

男同士なら、下ネタで盛り上がることも

親友になる近道と言えるだろう。

 

 

よく一緒にバーベキューを楽しんだ

ネパール人ネド。

 

自分と同じく、女性を喜ばせることを

生きるモチベーションとする男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ