ミッチェル・スラガート(海外の子役)…イケメンの子役は海外なら?


 

ミッチェル・スラガートの

あまりのイケメンさに一目ぼれして、

彼のことを知りたいと思う人は多い。

 

 

ミッチェル・スラガートなど

海外セレブのより詳しい情報、

 

どこに住んでもオンラインの安定収入を得る手段。

 

これらは以下の無料ニュースレターで

学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

そんなミッチェル・スラガートだが・・・

 

日本ではあまり有名ではないのか、

日本語での彼の情報は意外に少ない。

 

 

そこでこの記事では、海外で人気の高い

ミッチェル・スラガートという人物について

いろいろまとめてみた。

 

また、イケメンにちなんで

海外の子役についても紹介する。

 

 

 

ミッチェル・スラガートってどんな人?その魅力

 

ミッチェル・スラガートは

ニューヨークを拠点に活動している

アメリカの俳優兼モデルだ。

 

 

ミッチェル・スラガートの魅力は

そのイケメンな顔、

そして鍛えられた肉体にある。

 

特にミッチェル・スラガートの

体は素晴らしい。

 

 

というのも、ミッチェル・スラガートは

カルバンクラインという

アンダーウェアのモデルを務めているからだ。

 

より下着を魅力的にみせる為に

体の鍛え上げに余念のない彼の体は

とても魅力的で引き締まっている。

 

 

彼はモデルだけでなく

俳優としても活躍している。

 

出演作は2017年に公開された

映画「7 wish(原題 Wish Upon)」だ。

 

 

この映画はホラーで彼は

ヒロインの相手役として出演している。

 

役どころとしてはちょっとわがままな彼氏という事で

そこまで良い役ではないが、

かなりのイケメンなのでヒロイン同様映画に華を添えている。

 

 

 

海外の子役でイケメンは?子役(海外)について

 

自分がイケメンだなと思う

海外の子役は、以下の3人だ。

 

 

「ターミネーター2」で

ジョン・コナー役を演じた

「エドワード・ファーロング」。

 

 

「シックスセンス」で

コール・シアー役を演じた

「ハーレイ・ジョエル・オスメント」。

 

 

「スタンド・バイ・ミー」で

クリストファー・チェンバーズを演じた

「リバー・フェニックス」。

 

 

エドワード・ファーロングについては

多くの人が知っている。

 

筋肉モリモリマンの

シュワちゃんの隣にいたからこそ、より一層

彼の儚げなイケメン具合が引き立った。

 

 

ハーレイ・ジョエル・オスメントは

イケメンだが気弱でいじめられがちな役を演じていたが、

かわいらしい彼が震える姿にキュンと来た人も多い。

 

 

最後がリバー・フェニックスだが、

自分は今でも彼が海外の子役の中で

一番のイケメンだと確信している。

 

そして特に彼は、

役どころも良かった。

 

 

特に良かったのが

スタンド・バイ・ミーの

クリストファー・チェンバーズ。

 

彼は男子グループ4人を束ねるガキ大将でありながら

ガキ大将でよくある乱暴者ではなく、

心が優しくて3人の良きリーダーを務めていた。

 

 

映画のラストでは彼は悲劇的な最期を迎え、

そのせいで彼の姿はより一層心に残ってしまう。

 

 

現実世界のリバー・フェニックスは

将来を期待された子役だったが、世間のプレッシャーからか

薬物の過剰摂取によりわずか23才で死亡してしまう。

 

 

自分はとても悲しかったが、

それでさらに

忘れられない俳優となってしまった。

 

 

さて、ところで子役なら日本にもいるが、

海外の子役と日本の子役を見比べてみると

少し違う事に気づく。

 

では日本との違いは

なんだろうか。

 

 

少し偏見も入るが、

日本の子役の特徴は

「子供らしいマスコット的なかわいさ」。

 

海外の子役の特徴は

「大人と同じような演技力のあるしっかりした一人の俳優」

だ。

 

 

個人的な印象だと、日本の子役は

大人のいう事を聞いて「よろしくお願いします!」と

健気に頭を下げているイメージ。

 

海外の子役は

「ちょっと役作りしたいんで静かにしてもらえますか?」と

堂々とテーブルに足をのっけて瞑想しているイメージだ。

 

 

ひとくくりには言えないが、

だから海外の子役は日本の子役より生々しく、

1人の人間としての描写がしっかりできている。

 

 

 

まとめ。ミッチェル・スラガートについて

 

ミッチェル・スラガートは

俳優・モデルとして

活躍するイケメンだ。

 

 

彼を求める女性は

引く手あまただろう。

 

正直羨ましい。

 

 

このような容姿に生まれたら

良かったのにと思う事もある。

 

が、もし自分がイケメンに生まれていて

華やかな芸能界で活躍していたとしたら、

嫉妬心が邪魔してしまいそうだ。

 

 

きっと今のように純粋に映画を楽しんだり、

イケメンを素直に褒める事も

できなかったと思う。

 

だから自分はこれでよかったのだ、

と思う事にしよう。

 

 

やはりミッチェルファンの一人アキコ。

 

彼女の息子も、自分と同じく洋版プレイボーイで

育っている(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ