朝鮮紀行…韓国の反応は?イザベラバード、韓国版、青空文庫など。英国婦人の見た李朝末期…改竄、内容も


 

朝鮮紀行とは、イギリス人女性旅行家

イザベラバードの紀行のこと。

 

1894年から3年間にわたり、

4度も朝鮮を訪れているが・・・

これに関する韓国の反応は様々だ。

 

 

朝鮮紀行など海外の情報、

韓国など海外に住んでも尽きない安定収入を得る

具体的なノウハウは、以下の無料ニュースレターに登録頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

その朝鮮紀行について今回は

 

 

・朝鮮紀行に対する韓国の反応

 

・韓国版の内容や改竄について

 

・英国婦人の見た李朝末期はどのように描かれているのか

 

・朝鮮紀行はどこで読めるのか

 

 

について紹介したい。

 

 

 

朝鮮紀行〜英国婦人の見た李朝末期〜イザベラバードや、紀行の内容を要約!韓国の反応は?火病についても

 

朝鮮紀行の内容は、

英国人女性旅行家イザベラバードの

4度に渡る朝鮮への旅行記である。

 

 

朝鮮紀行の中でイザベラバードが書いていること要約すると、

朝鮮を訪れて朝鮮国王ななどの高位の人と出会ったり、

自分が見聞きしたりした事実をありのまま描写している。

 

そして、政治や経済についても解説している。

 

そのため、当時の朝鮮の姿を記録した

貴重な歴史的資料として評価されているのだ。

 

 

イザベラバードの性格か、

または英国夫人らしさか、

時折混じる皮肉が特徴的だ。

 

 

イザベラバードが訪れたころの

朝鮮は李朝末期であった。

 

そのころの歴史を今に伝える、

貴重な資料と言われている。

 

 

イザベラバードの観察眼は鋭い。

 

一般人である女性旅行家の旅行記としては

異例の評価となったのも、観察眼のゆえんだろう。

 

 

朝鮮紀行の中でイザベラバードは

朝鮮の男尊女卑についても触れている。

 

そこで書かれている朝鮮の男尊女卑が、

現在でも韓国特有の精神病である「火病」が

女性に多い原因とされている。

 

 

ちなみに、朝鮮紀行に対する

韓国の反応はどのようなものなのだろうか。

 

韓国での反応はあまりいいものではない。

 

 

それは朝鮮紀行の中で、イザベラバードは

朝鮮の社会、文化、政治に対して

批判的に記述していることが多いからだ。

 

英国人のイザベラバードの記述は

うそだという人もいるくらいである。

 

 

自分の国のことが批判的に書かれていたら、

確かに気分が悪くなることもあるだろう。

 

 

 

朝鮮紀行の韓国版は改竄されている…?噂の出どころは?青空文庫やユーチューブ、ブログはある?

 

韓国国内で、イザベラバードの朝鮮紀行は、

あまりいい評価をされていない面もある。

 

 

先述したとおり、イザベラバードが

当時の朝鮮に対して批判的な記述を

しているところが多いからだ。

 

 

イザベラバードの朝鮮紀行の韓国版が

出版されているという事実は

確認できなかった。

 

 

しかし、朝鮮紀行の韓国版は

改竄されているという噂がある。

 

その噂は本当なのだろうか。

 

 

インターネット上では、当時のソウルについての記述で、

原著とは正反対のことが書かれているという噂がある。

 

実際は、根も葉もないデモだということが分かっている。

 

 

おそらくデマ元が、ソウルへの記述を

捏造したのではないかと言われている。

 

噂の元は不明であるが、インターネット上では

反日の人や、嫌韓の人がそういった噂を

SNSやブログに流したのではないかと推測されている。

 

 

朝鮮紀行やイザベラバードについて

ユーチューブで紹介している動画もあるようなので、

興味がある人はそちらをチェックしてみてほしい。

 

 

青空文庫では、まだイザベラバードの

朝鮮紀行は読めないので、書店または

電子書籍などで原著を読んでみてほしい。

 

 

 

まとめ。朝鮮紀行の韓国の反応についてい

 

・朝鮮紀行に対する韓国の反応は

あまりよくないものの、改竄の噂はデマ

 

 

・英国婦人の見た李朝末期は

批判的に記述されている点も多い

 

 

・朝鮮紀行は青空文庫にはないので、

アマゾンや書店などで購入

 

 

イザベラバードの朝鮮紀行は、

歴史的な資料として高く評価されている。

 

 

実はイザベラバードは日本にも訪れていて、

日本に関する旅行記も書いている。

 

かなり批判的な内容もあるようなので、

気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

 

 

朝鮮紀行に詳しい会田。

自分と同じく下見なしの海外移住経験者(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ