親を尊敬できない心理!父親を尊敬できない…尊敬できない父親など尊敬できない親、親が尊敬できない(人として尊敬できない)理由


 

日本にはなぜか、親を尊敬できない人が多いが・・・

その理由がイマイチよく見えてこない。

 

そこで、俺なりに

親を尊敬できない理由を考察してみた。

 

 

 

父親など親を尊敬できない心理!親が尊敬できない、父親を尊敬できない…父を人として尊敬できないのは

 

アダルトチルドレンという言葉が、

ちまたで広がって久しい。

 

 

よく使われる意味合いとしては、

幼少期に両親の愛情を

ちゃんと受けてこなかった。

 

だから、どこか自分は

欠けているというもの。

 

 

学校の先生もそうだが、

昔のほうが親も子供に

尊敬されていたのでは・・・

 

少なくとも

怖い存在だったことは確か。

 

 

今みたいに

親に手をあげるなんて

考えられなかった。

 

でも、最近は親子の関係が

おかしくなりつつある。

 

 

俺は独身だから子供はいないが、

自分が子供だった頃を思い返してみると、

やはり父親のことは尊敬していなかった。

 

 

子供は親が思うより

よく見ている。

 

 

親の行動だったり、

発言だったり。

 

不倫していたら、

まず気づかれていると

思ったほうがいい。

 

 

親を尊敬できない心理として感じるのは、

まず肉親という以前に、

人として尊敬できない点が大きい。

 

 

例えば、子供には厳しい癖に

自分には凄く甘いとか。

 

自分の劣等感を

子供に押し付けようと

しているなど。

 

 

毒親とよく言われている親の代表は

子育てがちゃんとできていないこと。

 

 

まぁ、親も人間。

 

神様じゃないから

不完全な生き物。

 

 

子供がただ年齢を重ねて

年を取っただけ。

 

そんな見方もできる。

 

 

しかし、親が子供が自立できないことを知っていて

暴力を振るったり、暴言を吐いたり、

そんなのは毒親以前に鬼畜だろう。

 

だんだんと先生も

頼れない時代になっている。

 

 

子供はどこにSOSを

発信すればいいのか。

 

 

特に力の強い父親は、

暴力で解決しようとする傾向がある。

 

負のスパイラルというやつだ。

 

 

また、一見、まともな親でも

価値観の違いを

押し付けてくる場合がある。

 

この場合の問題点は、

その考えがあくまでも

親の狭い主観でしかない点。

 

 

新しい考えや生き方を

受け入れることができない父親は、

自分を正当化するため力で子供を押さえつける。

 

要するに、

接し方そのものが

間違っていることがほとんど。

 

 

 

尊敬できない親…尊敬できない父親を持ってしまったら?

 

もしも尊敬できない父親を

持ってしまったらどうするのか。

 

 

対処法としては、

1日も早く自立すること。

 

状況によっては

連絡を一切絶つこともあり。

 

 

同居している限り、

負の連鎖から

抜け出すことはできない。

 

人間として成長して、自分の親を

1人の人間として見ることができたとき、

対応を変えていくという方法もあり。

 

 

親として育ててもらった恩を

感じることができれば、

また父親に対する感じ方も変わる可能性がある。

 

父親も年を取ることで

少しはマシになることもある。

 

 

そこは、ケースバイケースだろう。

 

 

 

 

 

 

両親、母親を尊敬できない理由は?

 

父親のことを話してみたが、

両親のうち母親と仲良しの人は

多いのではないか。

 

しかし父親同様、

尊敬できないということは

あるかもしれない。

 

 

その理由としては子離れできず、

ずっと自分のそばに置こうとする点。

 

母親が過干渉という見方もできる。

 

 

父親と違い母親は自分がお腹の中で10か月育てたのち、

命がけで子供を産むこともあり

自分の分身という認識が強い。

 

それは悪いことではないのだが、

エスカレートすると、自分の考え通りに

人生を送らせようとする。

 

 

一番、多いのが、

恋愛をして結婚という

段階になったとき。

 

 

交際相手が自分のイメージと

かけ離れていた場合、

それだけで反対する。

 

他にも自分が幼少期、

ピアノを習うことができなかったから、

子供の意思に関わらずに習わすなど。

 

 

そういう積み重ねで

母親と対立を繰り返し、

嫌いになっていく。

 

 

本来ならば

子供の価値観や人生があるのに、

それを否定するような教育や接し方。

 

家事放棄をして

父親以外の男性と恋愛にふけるような母親も

子供から見たら尊敬できない親だ。

 

 

子供は親の背中を見て育つというが、

それはあくまで

親が子供から見て尊敬できた場合。

 

自分の親だからといって

どんな人間でも

尊敬できるということはない。

 

 

 

まとめ。親を尊敬できないこととは

 

日本では子供に

親の老後の面倒をみる義務は

発生しない。

 

 

だから、毒親で嫌だと思ったら、

一生疎遠でいるのもアリ。

 

無理に仲良くしようと

思わないこと。

 

 

家族だから仲良しなんて、

そんなの迷信。

 

両親とほどよい距離を保つことも

必要なことだったりする。

 

 

やはり親を尊敬できないと話していた朝雄。

自分と同じくゴキブリに弱すぎる(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ