イランの女性タレント!性格や女性差別、スカーフなど服装、結婚…サッカー観戦の画像、死刑や美人、名前も紹介


 

イランの女性は、宗教や社会的背景から

性にオープンではない

 

 

イラン女性のより詳しい情報、

現地に住んでも尽きない安定収入の構築法。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

イランの男性は日本でも多く見かけるが、

イランの女性となると実際に

知り合うことは少ない。

 

 

イスラム教の国であり宗教的な男女格差があるため、

表に出ることも少なく、遠く離れた

日本に来ることはまずないだろう。

 

 

ここでは、あまり知られていない

イランの女性について、

文化や性格などについて紹介する。

 

 

 

イランの女性タレント!タレントの画像…美人だけど整形?顔の特徴…イランの女の子やばい?ワンナイトのベッド

 

イラン女性は、美人で優しいというのが通説だ。

 

世界でも美人大国という評判は多くあるが、

イランもその一つで、イランの女性を1人旅させないのは、

美しすぎて危ないからということらしい。

 

 

実際、イランの女性は目鼻立ちが

くっきりしている美人系が顔の特徴で、

女優かと疑うような女性もけっこうな割合でいる。

 

 

美人というワードでは、少し前にイランの女性タレント、

正確にはインスタグラマーだが、整形を繰り返して

ゾンビのようになってしまった女の子がヤバいということで評判になった。

 

もとの写真をみると、

せっかくの美人が

とんでもなく怖い顔になっている。

 

 

そんなイラン女性だが、

想像通り貞操観念はかなり強い。

 

イラン国内では、男性と親密に話すことも難しい文化で、

欧米女性のようにワンナイトを楽しんだり、

婚前にベッドを共にするのは重い刑罰の対象になってしまう。

 

 

 

イランの女性の性格!結婚や名前など…わがまま?しつこい?イラン女性の本音、イラン人女性の脈あり(好意)のサイン、メールやキス

 

イラン女性の性格を見てみよう。

 

 

彼女たちの性格は、

ひと言でいえばとにかく優しい。

 

男性優位の社会で育つせいか、

日本人と同様、控えめな女性が多く

わがままとは無縁だ。

 

 

イランでは、自由な恋愛はできないため、

本音を探りあう、好意のサインを見定めるなどの

駆け引きは意味が無い。

 

普通の恋愛のように脈あり、脈なしを考えるより、

その女性と結婚するかしないかの

問題に発展してしまう。

 

 

当然ながら、婚前交渉は完全にタブー。

 

キスも難しいし、頻繁なメールも

イラン国内にいれば監視の対象なので

控えた方がいいだろう。

 

 

あまりにしつこいと、女性が捕まってしまう。

 

 

ちなみに基本的に同じ宗教同士しか結婚できないので、

結婚するなら改宗の可能性が高いが、

女性の名前は変わらないのはある意味先進的だ。

 

 

 

イランの女性差別!サッカーでの差別(サッカー観戦)と死刑について

 

イランでは女性の社会での

進出が比較的進んでいる。

 

 

意外かもしれないが、イランでは

女性が運転の免許を持っているのは

めずらしくない。

 

 

また、イランでは長年、

女性がスポーツを観戦することは

認められていなかった。

 

だが、約40年ぶりにイランで女性が

サッカーを観戦することが許可され、

チケットが販売された。

 

 

ただ、これには、イランの女性が

差別された例があったから。

 

イランで女性が男装をして観戦しようとして

捕まり、有罪となった差別に対し、政府が

国際的な非難を避けるためにサッカーの観戦を開放したものだ。

 

 

他にもイランでは女性が差別される事例は多い。

 

例えば国外に行くには夫や父親の許可が必要、

水泳などのスポーツでは服装の問題で国際大会に参加できないなど、

現実にはイランの女性には多くの制約がある。

 

 

理解できないのは、性的な被害者である

女性の方が死刑になり、加害者男性が

鞭打ちで済んでいるような例があることだ。

 

 

話は少しそれるが、日本でもイラン大使館で

外務所の女性に官僚がセクハラをする

という事件があった。

 

刑事事件として訴えられたが、

訴えなければ見逃されていたと思うと、

日本も女性の立場が弱いことに変わりはない。

 

 

 

イランの女性の服装!スカーフやベール…旅行する女性の服装は?

 

イランの女性の服装というとチャドルという

全身黒づくめの衣装を思い浮かべるが、

最近では様子が異なる。

 

 

もちろん、敬虔な人や古い考えの人は

チャドルに身を包むが、最近の若い女性は頭にはヒジャブ、

ジーンズを着て、上からお尻まで隠れるコートを羽織る人が多い。

 

なので、女性のイランへの旅行の際には

チャドルのような民族衣装に身を包む必要はない。

 

 

現地では、ベールである

ヒジャブが一般的だが、

頭が隠れるなら普通のスカーフで良い。

 

頭に被るスカーフと、

体のラインが出ない服装なら問題ないのだが、

スカートやワイドパンツは避けたほうが無難。

 

 

スカートは丈に関係なくセクシャルなイメージがあるので、

ワイドパンツと併せて現地では履かないことが注意点になる。

 

 

 

まとめ。イランの女性について

 

イランの女性について紹介した。

 

 

最近のイランは中東の国の中では、

女性の権利が認められてきつつあり、

服装なども思ったよりも自由な印象だ。

 

 

ただ、女性の権利は強くなく、

社会での地位もまだまだ低いし、

何より刑罰も重い。

 

欧米の文化と比較すること自体が

間違っているかもしれないが、せっかく美人の多い国なので、

お近づきの機会が増えるとうれしい。

 

 

イラン女性に詳しい奥島。

自分と同じく元ネガティブ思考(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ