タイとの時間差、日本は?タイまで飛行機でかかる時間。時間外労働が当たり前の言い方だからか時間にルーズ…


 

タイとの時間差は2時間。

日本の方が2時間早い

 

 

長期滞在者によるタイの現地情報、

現地に住んでも入り続けるオンライン安定収入構築法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もお気軽に。

 

メールアドレス >

 

 

タイは日本人に人気の海外旅行先のひとつ。

 

日本からタイまで飛行機で行くと

どれくらいかかるのだろうか。

 

 

今回

 

 

・日本とタイとの時差

 

・日本からタイまで飛行機でどれくらいかかる?

 

・タイは時間外労働が当たり前?時間にルーズなのか?

 

 

について紹介していく。

 

 

 

タイとの時間差、日本はどのくらい?タイまで飛行機で行くと時間がかかる?プーケット、バンコクの日本時間

 

タイの時間について

時差に注目してみると、

日本との時差は2時間。

 

タイの方が2時間、日本よりも遅い。

 

 

このタイの時間帯は

インドシナ時間帯と

言われることもある。

 

 

日本人が日本から

飛行機でタイへ行くとなると、

どれくらい時間がかかるのだろうか。

 

 

タイの人気リゾート地プーケットへは、

日本から飛行機で10~11時間かかる。

 

日本からプーケットへの直行便はないので、

タイのドムアン空港経由、または

シンガポール経由のルートをとることになる。

 

 

日本からタイの首都バンコクへ飛行機で行くと、

スワンナプーム空港・ドムアン空港利用で6~7時間かかる。

 

日本からどちらの空港も直行便がでている。

 

 

ドムアン空港はタイの国内線が

たくさん出ている。

 

バンコク以外の都市にも行きたい人は、

ドムアン空港が便利かもしれない。

 

 

 

タイの時間外労働が半端ない!?当たり前のような言い方で時間にルーズに働く。時間つぶしが上手なタイの人

 

タイの人は時間にルーズという

噂があるが、本当だろうか。

 

 

先述した通り、タイの時間帯は

インドシナ時間とも呼ばれている。

 

また、タイ時間は日本の標準時から

マイナス2時間なので、

jst-2とも表記できる。

 

 

結論からいうと、

タイ人の時間を守るという感覚と、

日本人の時間を守るという感覚が違う。

 

 

タイは公共交通機関の遅延が日常茶飯事で、

それによって約束の時間に遅刻するのは

当たり前のようになっている。

 

学校も同様で、

10分20分の遅刻は

遅刻と判断されない。

 

 

免許証の更新も多少遅れても問題ないのだ。

 

 

そういった環境から、時間に少し遅れても

気にしないといった風潮になっているのだろう。

 

そのため、タイ人は時間にルーズと思われてしまう。

 

 

ただし飛行機の運行は他の国同様に時間通りだし、

王室関係の時間はしっかりと守られている。

 

軍隊も時間に厳しいので、

タイ人は守ろうと思えばしっかり時間を

守れるというところは知っておいてほしい。

 

 

ちなみに、時間外労働についての考えはシビアで、

時間外労働加算や休日労働加算は

日本以上に支払うよう法律で決まっている。

 

時間にルーズだが、労働時間に関してはシビアなようだ。

 

 

 

タイには時間帯がある!タイの時間の表記の謎、渋滞、スコール、タクシー、酒、水上マーケットの時間帯は?

 

タイ語では、タイ時間という表示がある。

 

タイ語では時間は英語や日本語のように、

〇時というだけではなく様々な言い方がある。

 

 

まず、タイは時間帯によって言い方が変わってくる。

 

 

たとえとして、午前の時間の言い方を紹介する。

 

 

午前1時から午前5時までは、

夜中という感覚で

「ティー+数字」で表記される。

 

午前6時から午前11時までは

朝という感覚で

「数字+モーン+チャーオ」と表記される。

 

 

この感覚は慣れるまで難しそうだ。

 

午後についての紹介は今回省略するので、

興味がある人は検索してみてほしい。

 

 

タイでは20歳以上が飲酒できるのだが、

酒を購入する時間帯に注意してほしい。

 

 

通常は11時から14時、

17時から24時のみ

販売可能と法律で決まっている。

 

それ以外の時間は購入することが

できないので注意が必要。

 

 

次に水上マーケットはタイでも

有名な観光スポットなのだが、

ここにも時間帯が関係してくる。

 

水上マーケットは朝5時から開いていて、

朝7時から8時が最も賑わう。

 

 

水上マーケットのリアルな姿を体験したい人は、

朝の時間帯に行くことをおすすめする。

 

 

ちなみに、深夜に空港に着いたときに重宝する

タイのタクシーにも、時間帯は関係するのだろうか。

 

 

タイのタクシーは初乗り料金が安く、

深夜料金や早朝料金がないのが

日本との違いだ。

 

そのためタイのタクシーに

時間帯はあまり関係ないようだ。

 

 

しかしタイの渋滞の時間帯には注意が必要だ。

 

 

タイは渋滞が多い国として有名で、

渋滞のピークは朝7時から9時(特に月曜日)、

夕方の17時から20時(特に金、土曜日)と言われている。

 

この時間帯にタクシーや

公共交通機関を利用するのは、

かなり注意が必要だ。

 

 

観光において注意したいのは、

タイのスコールの時間帯。

 

 

タイのスコールの季節は6月~10月で、

1日に1回~数回スコールが起きる。

 

ただしスコールは1回30分~1時間程度なので、

雲行きが怪しくなったらすぐに

カフェやショッピングモールなどに避難しよう。

 

 

 

タイのプーケットから各地へ。福岡、仙台、名古屋、韓国、広島、岡山からタイへ。飛行機でかかる時間

 

最後にタイから各地へ飛行機で

行くときにかかる時間について紹介したい。

 

 

香港からタイ(バンコク)に行く時間は、

飛行機で2時間40分程度。

 

 

台湾からタイ(バンコク)に行く時間は、

飛行機で3時間30分程度。

 

 

タイのプーケットに日本から行く時間は、

飛行機で乗り換え含め10~11時間程度。

 

 

日本からプーケットへの直行便がなく、

乗り換えが必要なのでかなり時間がかかる。

 

 

日本からタイの首都バンコクへ

行く時間は、飛行機で6~7時間程度。

 

日本からタイへの直行便が出ているのは、

成田・羽田・関西国際空港・中部国際空港・

福岡・新千歳・沖縄の計7つ。

 

 

日本からの直行便はいずれも、

バンコクのスワンナプームまたは

ドムアン空港へ行く便となっている。

 

ドムアン空港からはタイ国内への飛行機がでているので、

バンコク以外にも行ってみたい人にはこちらがおすすめだ。

 

 

 

タイの日本大使館、出発前に開館時間チェック。日本航空の利用で滞在時間を増やそう。日本時間でいつ出発?

 

最後にタイへ旅行した際に

お世話になるかもしれない、

日本大使館について紹介しよう。

 

もしもタイにいる間に

パスポート紛失など困ったことが合ったら、

日本大使館へ行こう。

 

 

日本大使館は朝8時半から12時、

13時半から16時までで、土日は休み。

 

 

日本からタイへ行く際には、

海外の航空会社やLCCの利用などを

検討する人もいるだろう。

 

しかしおすすめしたいのは、日本航空。

 

 

日本人が日本からタイへ行く際には、

直行便があるバンコクでも

飛行機で6~7時間かかる。

 

プーケットなどの乗り換えが

必要な都市になると、

10~11時間もかかる。

 

 

現地の滞在時間の充実も大切だが、

フライト時間中の楽しみも、

旅においては重要だと考える。

 

出発してから到着するまで

寝ているだけなんてもったいない。

 

 

日本航空は機内食も美味しく、

座席も広く快適だ。

 

機内コンテンツも充実していて、

映画やドラマなどを楽しむこともできる。

 

 

多少航空券代は高いかもしれないが、

フライト時間の充実のためならば

必要なコストなのではないだろうか。

 

 

日本人がタイへ行くまでにかかる時間は、

直行便でも6~7時間かかるが、

時差があるので2時間分は戻ってくると考えていい。

 

到着してからのタイの時間帯の注意点は

日本で事前に確認しておき、

到着してからの時間を無駄にしないよう計画したいものだ。

 

 

 

まとめ。タイと日本の時間差について

 

・日本とタイとの時差は2時間

 

 

・日本からタイまでは

首都バンコクまで直行便で6~7時間

 

 

・タイは時間外労働に対してシビアだが、

約束の時間にルーズな文化がある

 

 

タイは東南アジアの中でも比較的フライト時間も短く、

便数も多いので行きやすい国のひとつだ。

 

人気の国ということもあり、

ツアーもたくさん企画されている。

 

 

ふらっと海外旅行に行きたいときには、

ぴったりなのではないだろうか。

 

 

バンコクでよく遊ぶ神木。

自分と同じく洋版プレイボーイで育った男(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ