ペナン島はつまらない?旅行と観光のツアーなどおすすめのペナン旅行…マレーシアのペナンに移住するなら


 

マレーシアのペナン島。

 

綺麗なビーチがあるわけでもないので、

世界遺産のジョージタウンが楽しめなければ

「つまらない」という評価になるだろう。

 

 

長期滞在者によるペナン島のより詳しい情報、

マレーシアに住んでも尽きない安定収入を得る手段。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

ペナン島はつまらない、という噂がある。

 

実際はどうなのだろう?

 

 

今回はペナン島について紹介する。

 

 

 

ペナン島はつまらない?一人旅がつまらなかった…つまらない理由

 

ペナン島は、マレーシアの有名なリゾート地。

 

しかし、ペナン島に旅行したが、

つまらない、つまらなかった、

という感想もよく見かける。

 

 

ペナン島は、リゾート地で

ゆっくりしたい人には最適な場所。

 

だが、色々な場所を見て回りたい、

旅行先ならではの刺激的な体験がしたい、という人には

物足りない場所と感じてしまうのが理由だ。

 

 

特に、一人旅の場合は、

リゾート地でやることが無くなると、

急につまらなくなるものだ。

 

恋人や気の合う友達、家族と一緒なら楽しい

リゾート地の旅行も、一人だと時間を持て余してしまう。

 

 

自分は、一人でリゾート地に旅行に行く時は、

読みたい本を持っていったり、一人でも参加できる

スポーツ体験プログラムに参加する。

 

時間を持て余さないように工夫している。

 

 

 

マレーシア、ペナン島を旅行!観光の現地ツアー、格安ツアー、ペナン旅行のおすすめ…海外旅行のオプショナルツアー、日数は?

 

マレーシアのペナン観光のおすすめは現地ツアー。

 

 

現地のオプショナルのツアーは格安でおすすめ。

 

ツアーの日数は数時間から3~4日などさまざまだ。

 

 

オプショナルツアーの内容は、

シュノーケリングツアー、寺院や建物探訪ツアー、

世界遺産巡りツアーなど種類が豊富。

 

参加費は、日帰りのツアーで

5,000円~10,000円が多い。

 

 

ツアーを選ぶ基準は、自分がペナン島で

どんな経験をしたいか、日程の都合が

合うかなどをもとに決めると良い。

 

 

確かにツアーは、自分で

すべて用意するよりも割高だ。

 

しかし、効率的に

楽しい経験ができるのが、

現地ツアーのメリット。

 

 

道に迷ったり、道具を

用意したりする手間から解放される。

 

また、現地の人だからこそ知っている

情報を教えてもらえるのも、

現地ツアーの良い所。

 

 

ツアーのガイドさんに、お勧めの

レストランを聞いてみてもいいだろう。

 

 

 

マレーシアのペナン島に移住!移住手続きは…マレーシアペナン島移住

 

マレーシアのペナンで

生活していきたいと思うほど、

気に入って移住を考える人もいる。

 

 

ビザがなくても90日間は滞在できる。

 

90日を超えて滞在しようと思うと、

移住手続きにビザが必要になる。

 

 

ビザには、雇用ビザと

MM2Hビザの2種類がある。

 

 

雇用ビザは、マレーシアの企業に

雇用されることが条件だ。

 

 

一方、MM2Hビザの申請条件は

 

・マレーシアと国交のある国籍がある

・財産と収入を証明する

・一定額をマレーシアの定期預金に預ける

・マレーシア人と結婚する

 

といったものだ。

 

 

年齢制限がないので、

会社をリタイアした人も

条件さえ満たせば申請できる。

 

MM2Hビザの申請条件は、

そこまで厳しい条件ではない。

 

 

90日の滞在期間を気にしながら過ごすくらいなら、

思い切って移住手続きをするのも1つだ。

 

 

 

ペナンのホテルでおすすめは?ホテルクチコミ(口コミ)や人気のホテルレビュー

 

ペナンのホテルの中で、

おすすめのホテルを紹介する。

 

 

ホテルの口コミや

人気のポイントを確認して、

参考にして欲しい。

 

 

まずは、

イースタン・アンド・オリエンタルホテルだ。

 

真っ白な外観に驚きつつも中に入ると、

高級感あふれる、伝統的なイギリスの雰囲気。

 

本格的なアフタヌーンティーが楽しめる。

 

 

また、ユネスコの世界遺産まで

徒歩15分と観光のアクセスも良好。

 

古き良き時代のリゾート気分を

味わえるホテルだ。

 

 

次は、

シャングリラズ・ラサ・サイヤン・リゾート・アンド・スパ・ペナン。

 

 

スパやゴルフなど、

アクティビティが豊富で、

ホテルの中で1日を満喫できるほど。

 

プールの周りにも、大きな木が植えられていて、

自然を感じながら、リゾート旅行を楽しめるホテルだ。

 

 

 

ペナンへの航空券は?格安のペナン航空券、飛行機チケット、格安航空券の航空券予約

 

ペナンへの格安航空券の見つけ方は、

LCCを利用することだ。

 

また、12月のお正月休み前が最安値となるので、

旅行がいつでもいい人は、その付近がおすすめ。

 

 

ペナンへの直行便はないので、

クアラルンプール、バンコク、香港、

シンガポールなどの乗り継ぎが必要だ。

 

 

航空券の予約の際は、

経由の都市を色々変えて、

チケットを探してみてほしい。

 

経由地を変えるだけで、

値段が安くなることがある。

 

 

直行便がないと言うと、

行くのが大変だと感じるが、

実際、経由地の空港でも十分楽しめる。

 

 

自分は、経由地の空港で食事をしたり、

マッサージをしてもらったり買い物を

したりしていると、あっという間に時間が経つ。

 

むしろ自分は、経由地と行先と

2か所の旅行が楽しめるので、

お得だと思っている。

 

 

 

ペナン島のペナンブログ!お土産やベストシーズン、ジョージタウンの天気、SIMのオススメや治安、観光の送迎をペナンロングステイブログで

 

ペナン島についての情報がまとめてあるブログから、

旅行に行く際、気になる点をまとめて説明する。

 

 

ペナン島のお土産のおすすめは、

コーヒー、チョコレート、

トロピカルスパイスガーデンのスパイス製品だ。

 

 

ペナン島のベストシーズンは、12月~2月。

 

ペナン島のジョージタウンの天気が

12月~2月は、晴れの日が多いからだ。

 

 

ペナン島でのSIMのおすすめは、

事前に日本から

SIMカードを用意して行くこと。

 

現地で買うSIMカードは

容量が少ないため不便だからだ。

 

 

ペナン島の治安は基本的には安心だ。

 

ただ、日本ではないので、

あまりに不用心な行動は慎んだ方が良い。

 

 

滞在するホテルによっては、

観光の送迎のため、

シャトルバスが出ている場合もある。

 

初めての土地で交通機関を利用するのは、

乗り場に迷うなど手間がかかる。

 

 

シャトルバスがあるかどうかで、

ホテルを決めてもよい。

 

 

ペナンロングステイブログには、

ペナン島に関する色々な情報がのっている。

 

ぜひ、旅行前に見て欲しい。

 

 

 

まとめ。ペナン島はつまらないのか

 

・ペナン島はリゾート地でゆっくりしたい人には最適な場所だが、

色々な場所を見て回りたい、旅行先ならではの刺激的な体験がしたい、

という人にとっては物足りない場所

 

 

・現地のオプショナルのツアーは、格安でおすすめ

 

 

・90日を超えて滞在しようと思うと、移住手続きにビザが必要

 

 

・ペナンへの格安航空券の見つけ方は、LCCを利用する、

12月付近を探す、経由地を変えてみることだ

 

 

・ペナン島についての情報は、

ペナンロングステイブログが参考になる

 

 

ペナン島でお世話になったマレー人のリン。

自分同様、洋版プレイボーイで育った兄を持つ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ