フィリピンの開業資金、ラーメンで開業なら?カフェで開業などフィリピンで起業…フィリピン起業の知られざる実態


 

フィリピンで起業する人が増えている。

 

 

理由として大きいのは、

市場としての将来性が

とても魅力的だから。

 

それに、日本で起業しようと

思ったときよりも開業資金が低く抑えられ、

利益が見込まれるから。

 

 

この二つが人気の理由だが・・・

知らずに勢いで動くと後悔するデメリットも。

 

 

そこで今回は、フィリピンで開業する時に必要な

お金や知っておきたい注意点について。

 

そして人気のラーメン屋や

カフェの開業はありかなしか

現地在住者が紹介していこう。

 

 

 

フィリピンの開業資金は?フィリピンで起業するなら…フィリピン起業に必要なお金

 

フィリピンで起業するための

開業資金の相場は極端な話、

いくらでも大丈夫である。

 

 

「フィリピンの街中でマッサージをします」と

看板を掲げて、それでお金を

得ることができれば、立派な商売になる。

 

2000万円くらい用意し、

しっかりと準備して、いざ開業と

張り切って出発しても良いだろう。

 

 

開業資金の最低金額は

自分の自信と勢いとプランによって、

人それぞれ決定されるものだと思う。

 

 

と、多少乱暴な意見を

述べてしまったことを詫びる。

 

 

一般的に必要とされる

資金の相場は500万円〜1000万円とされる。

 

それに加え、しっかりとした

起業プランも必要である。

 

 

誰をターゲットとするのか、

どんなコンセプトの店にするのか。

 

市場と店舗を展開する

商圏の決定は重要である。

 

 

失敗を少なくするために、

綿密なプランと資金を

準備しても良いだろう。

 

確固たる自信を持っていざフィリピンで勝負という

男気溢れるパワフルな人間も自分は応援したい。

 

 

 

 

 

 

フィリピンでラーメンやカフェで開業できる?

 

さて、フィリピンで

「ラーメン屋を始めよう」「カフェを始めよう」

と夢は膨らむ。

 

が、その前に知っておきたい

フィリピンで開業する際の

注意点を紹介する。

 

 

まず最初に注意したいのは、

外国人がフィリピンで土地を購入することは、

法律で厳格に制限されているということだ。

 

フィリピン人の名義を借りて

土地を所有することも違法である。

 

 

土地を購入したい場合は、

現地法人を設立し、

法人名義で取得するのが一般的である。

 

が、現地法人は

フィリピン人所有の株の比率が

60%以上と決められている。

 

 

会社の代表は、

フィリピン人でなければならない。

 

 

土地を購入し、

大きなビジネスを展開しようと考えている場合、

こういった注意が必要だ。

 

フィリピンで協力してくれそうな

パートナーを見つけることが必要である。

 

 

続いて、詐欺への注意点である。

 

 

先に述べたように、

外国人が土地を所有するのは

ハードルが高い。

 

そこを狙った

甘い話を持ちかける

詐欺が横行している。

 

 

法人を設立して、

そのまま法人ごと

騙し取られるといった事件も起こっている。

 

 

まずは賃貸から

始めることが一般的である。

 

日本に比べ、賃貸料は

驚くほど安価である。

 

 

フィリピンでラーメン屋やカフェは

流行の兆しが見られている。

 

 

ラーメンの原価は日本の半分以下で、

人件費も10分の1で

儲からないわけはない。

 

立地と、味が気に入られれば、

流行ること間違いなしだ。

 

 

フィリピン人は、あっさり醤油味より、

こってりとした濃厚なとんこつ味が

好まれる傾向にある。

 

 

一方、カフェでは、

日本でもおなじみの

スターバックスカフェが人気だ。

 

 

しかし、経済的に

貧しい人たちが多いフィリピンでは、

スタバでカフェをすることは贅沢な事である。

 

スタバに及ばずとも劣らない質のドリンクと、

ペストリー系を安価に提供できる

カフェを作れるのであれば、人気が出るであろう。

 

 

 

まとめ。フィリピンでの開業資金について

 

市場の将来性があるフィリピン。

 

海外といえども、

日本よりも開業しやすい条件が

揃っていることが何より魅力的である。

 

 

経済的に貧しい人たちにも贅沢をさせてあげたい、

そんな夢を持って開業するのも

やりがいがあって面白いと感じる。

 

 

注意点に気をつけながら、

フィリピンで流行るものを

見つけ出す楽しさがある。

 

日本で諦めたことも、

海外では出来る環境、

可能性がある。

 

 

セブからコタキナバルに移った保正。

自分同様、下見なしで日本脱出した行動派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ