南北戦争をわかりやすく!韓国…わかりやすく朝鮮とアメリカなど。奴隷制度と南北戦争をわかりやすく(wakariyasuku)紹介


 

南国戦争はアメリカの戦争の固有名詞。

韓国と北朝鮮の朝鮮戦争と混同しないように

 

 

移住者による海外の歴史の詳細、

どこに住んでも入り続けるオンライン収入のつくり方。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

アメリカの歴史上で、

最も悲惨な戦争と言われている南北戦争。

 

奴隷制度や産業における

対立などが原因で起きた、

アメリカ内部での争い。

 

 

ネット上には南北戦争の情報が

たくさん載っているが、

難しい内容が多く分かりづらい。

 

 

そこで今回は、

アメリカの南北戦争をわかりやすく、

韓国や朝鮮についても紹介していく。

 

 

 

南北戦争をわかりやすく!韓国、わかりやすく朝鮮について説明

 

南北戦争とは、アメリカ国内で起きた争いのことで、

わかりやすく(wakariyasuku)言うと、

アメリカ史上最も悲惨な内戦のこと。

 

 

アメリカの北部と南部が争い合い、

その死者数は過去最大と言われている。

 

アメリカの南北戦争は、

奴隷制度や産業における対立が

主な原因と言われている。

 

 

アメリカと同様に、南北で

戦争を引き起こした国がある。

 

 

韓国と北朝鮮の間で土地を争った戦争が朝鮮戦争だ。

 

 

現在の韓国と北朝鮮は、もともとは

朝鮮半島と呼ばれる一つの国だった。

 

1945年の第二次世界大戦で日本が敗戦する前までは、

日本が朝鮮半島を植民地として所有していた。

 

 

日本の敗戦後、朝鮮半島は北緯38度を境として、

北側がソ連、南側をアメリカが占領することになった。

 

一つの国であった朝鮮半島は、

日本が敗戦した後、南北に分断された。

 

 

朝鮮戦争が始まったのは、1950年6月25日。

 

南北に分断された朝鮮半島を取り戻すため、

北朝鮮の指導者であるキム・イルソンらが

南下して攻撃を開始した。

 

 

1953年になってようやく休戦状態となったが、

戦争の終わりを意味する平和条約は

いまだに結ばれてはいない。

 

 

 

南北戦争をわかりやすく!アメリカの南北戦争をわかりやすく紹介

 

アメリカで南北戦争が起きた原因は、

南北での奴隷制度における対立や、

産業の仕組みの違いなどが挙げられる。

 

 

当時のアメリカは奴隷の在り方が問われており、

奴隷を解放するべきだと主張する人と、

奴隷を擁護するべきだと主張する人がいた。

 

奴隷制度について詳しく知ることで、

南北戦争が起きた原因をわかりやすく

理解することができる。

 

 

アメリカの北部では奴隷を

解放するべきだと主張する人が中心。

 

逆にアメリカの南部においては

奴隷を擁護するべきだと主張する人が多かった。

 

 

なぜアメリカの北部と南部で奴隷の扱いが異なるのかというと、

それぞれの地域における貿易に大きく影響することが挙げられる。

 

 

アメリカの北部では自国での工業が中心となってきており、

奴隷を雇っての農作業を必要としなくなってきた。

 

この背景にはアメリカとイギリスにおける戦争が関わっていて、

今までイギリスから輸入していたものができなくなってしまったから。

 

 

輸入には頼らず、自分の国で工業を発展させて、

アメリカ経済を活性化させていこうとした。

 

結果的に都市部には人口が集まり、

安い賃金で人を雇って物を大量生産させるという

仕組みが生まれていった。

 

 

一方、アメリカの南部では農業が活発で、

生産すればするほど利益を得られるという

自由貿易を主張していた。

 

 

そのためには、奴隷による大量生産が必要不可欠。

 

奴隷を家に住まわせて擁護する代わりに、

農作業に取り組んでもらうという仕組みだ。

 

 

当時のアメリカの大統領リンカーンやキング牧師など、

奴隷の解放を訴える人物がいたが、

いずれも暗殺されてしまった。

 

 

アメリカの南北戦争の結末は、

北部が勝利する形となり、

奴隷は解放されることとなった。

 

ただ、現在でも南北による意見の違いや

黒人奴隷への差別の問題は後を絶たない。

 

 

 

まとめ。南北戦争をわかりやすく

 

アメリカの南北戦争について

紹介してきたが、いかがだっただろうか。

 

 

南北戦争はアメリカの歴史上、

最も悲惨な戦争として有名だ。

 

多数の死者が出た南北戦争の裏側には、

奴隷の在り方の問題や産業における対立など、

様々な問題を抱えていることが分かっただろう。

 

 

また、朝鮮半島の南北分断についても紹介した。

 

 

いずれにせよ、一刻も早く平和条約が結ばれ、

お互いが安心して暮らせるような世界になることを、

自分は心から強く願っている。

 

 

アメリカや朝鮮の歴史に詳しい森田。

自分と同じくソフトサラダが大好物(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ